FC2ブログ

すっかり秋

気温はすっかり秋。
今日の最低気温は、ついに一桁で、日中も20℃止まりでした。
明日・明後日は、お天気が崩れ、さらに気温が下がるそうです。

昨日も朝から森へ行ったんですけど、長袖シャツ1枚では震えるほどでした。
鼻水をすすりながら歩いたのに(笑)、収穫ゼロ💦 寂しいな~。

というわけで、今日は、先月31日に撮影したキノコを中心にアップしたいと思います。

キノコ Gebänderter Hainbuchenmilchling(ヒロハシデチチタケ)
Gebänderter-Hainbuchenmilchling(ヒロハシデチチタケ) 
日本のサイトには、ヒダの間隔が広いと書かれていましたが、これはそうでもなかったような...
ただ、名前にもあるように、Hainbuchen(セイヨウシデ?)の樹の下に生えていました。

Hainbuche(カバノキ科クマシデ属 セイヨウシデ)の種
これが、セイヨウシデの種。

ベニタケ科と思われるキノコも、多数発生。
キノコ ベニタケ科
紫系

キノコ ベニタケ科
こちらも紫系

キノコ ベニタケ科
このキノコは、まとまっていくつも生えていました。
サイズは、傘の開いたものでも4㎝程と小さめ。

キノコ Dickblättriger Schwarztäubling(クロハツ)?
Dickblättriger Schwarztäubling(クロハツ)だと思います。

キノコ ベニタケ科 キノコ ベニタケ科
これは...?

Eichhörnchen(キタリス)
今の季節はお食事処が沢山あって、キタリスちゃんも忙しそうです。
キノコは食べないの?

キノコ Sklerotienporling(タマチョレイタケ)
Sklerotienporling(タマチョレイタケ)
幼菌は食用になるそうです。 
私の中では『倒木などから生えるキノコ』という認識だったので、
地面から発生していたこの1本を見た時は、不思議に思ったんですけど、
実は地面の中に菌核(菌糸が集まってできる硬い塊)を作り、そこから発生するキノコなんだとか。
菌核、非常に気になる。(笑)

キノコ フウセンタケ科
Regenschleimfuß(フウセンタケ科) もしくは Bitterster Schleimkopf(キアブラシメジ)
広葉樹の林に発生していたので、Regenschleimfußの可能性が高いかもしれません。
どちらにしても、食には適さないキノコのようです。

キノコ カラカサタケ属
㊧㊥Parasol(カラカサタケ) 
㊨少し小型で、柄のだんだら模様が少なめでした。
カラカサタケは、傘の直径が30㎝になることもある大型のキノコ。
傘はフライにして食べると美味しいそうです。
胸焼けしそうだけど。(笑) 

大きなキノコもあれば、ちっちゃなキノコもあります。
キノコ ホウライタケ科
ホウライタケ科
この写真に写っている一番大きいもので、傘の直径5㎜程なんですよ。

キノコ Wurzelnder Schleimrübling( ツエタケ属)
Wurzelnder Schleimrübling( ツエタケ属)

キノコ Wurzelnder Schleimrübling( ツエタケ属)
同じくWurzelnder Schleimrübling( ツエタケ属)
このキノコが、あちらこちらに大発生していました。 
食用菌(傘のみ)だそうですが、食べたことありません。

長くなるので(笑)次回へ続きます。

・ ・ ・ 今日はコメント欄閉じてます ・ ・ ・


関連記事

Gebänderter-Hainbuchenmilchling(ヒロハシデチチタケ ベニタケ科 Dickblättriger-Schwarztäubling(クロハツ) Sklerotienporling(タマチョレイタケ) Regenschleimfuß(フウセンタケ科) Parasol(カラカサタケ) ホウライタケ科 Wurzelnder-Schleimrübling( ツエタケ属) Eichhörnchen(キタリス)