FC2ブログ

存在感

明るい日差しのあった先週末から一転、また鬱陶しいお天気です。
昨夜降り始めた雨は、今朝になってもまだ降っていて、その上、風も強くて...
昨日と今日、最高気温は11℃ほどあったようですが、実際はもっと寒く感じました。
同じ気温だった週末は、暖かく感じたんですけどね~。 

土曜日には、晴れ間が出そうな予報になっていますが、冷え込みは厳しくなりそうです。

雨+気温が高め、それとも晴天+気温が低め
どちらがいいかと訊かれたら、迷わず晴天! 晴れて~!

前置きが長くなりましたが、今日もまた森の写真です。
先週金曜日(22日)、最盛期の勢いはありませんが、元気なキノコの姿を見ることができました

11月の森
グレーの空...最高気温6℃ 

1週間前に比べ、さらに落ち葉が積もっていましたが、
そんな中で、圧倒的な存在感を見せていたのがこのキノコです。
キノコ Nebelgrauer Trichterling(ハイイロシメジ) キノコ Nebelgrauer Trichterling(ハイイロシメジ)
Nebelgrauer Trichterling(ハイイロシメジ)
毒キノコなので、もちろん持ち帰りませんが、このキノコの発生する場所には、
美味しいキノコも発生するので要チェック。

その美味しいキノコは、こちら、
キノコ Violetter Rötelritterling(ムラサキシメジ) キノコ Violetter Rötelritterling(ムラサキシメジ)
Violetter Rötelritterling(ムラサキシメジ)
フェアリーリングではなく、一直線を描いておりました。(笑)

どちらのキノコも、林道の脇や倒木の側など、落ち葉が溜まりやすい環境を好むようです。

11月の森
落ち葉の下のぬかるみに足を取られたり、木の枝を踏みつけて、くじいたりしないよう、
林道から外れて歩く時は、慎重を心がけて進みます。

キノコ カワラタケ属キノコ カワラタケ属
カワラタケの仲間は、年中目にしますが、秋~冬にかけての姿が一番美しい
色が鮮やかなんですよね。

キノコ Glimmertintling(キララタケ) キノコ ホウキタケの一種
㊧Glimmertintling(キララタケ)アルコールと共に摂取は 真冬を除いて姿を見ることができます。
㊨ホウキタケの一種

キノコ キノコ Violetter Lacktrichterling(ウラムラサキ)
㊧これは...Grünblättriger Schwefelkopf(ニガクリタケ)
㊨Violetter Lacktrichterling(ウラムラサキ) お味見したことはありませんが。

キノコ
このキノコはなんだろ?

キノコ Butterpilz(ヌメリイグチ)
Butterpilz(ヌメリイグチ) はじめまして~
落ち葉と同じ色だから、もうちょっとでスルーしちゃうとこでしたが、
もちろんお持ち帰り。(嬉)

チチタケ属のキノコも、数か所で見つけました。
キノコ チチタケ属
同じ種類かどうかは定かではありませんが、どれも少し緑がかった色合いで、
調べるとよく似たのが5種以上あり、同定は諦めました。
わかったのは、どれも苦くて食不適だという事。
ただ、北欧では一度発酵させてから調理し、食されているのだとか。
お国変われば、食文化にも大きな違いがあるものですね。
珍味なのかしら?


関連記事

11月の森 キノコ Nebelgrauer-Trichterling(ハイイロシメジ) Violetter-Rötelritterling(ムラサキシメジ) Glimmertintling(キララタケ) ホウキタケ カワラタケ Butterpilz(ヌメリイグチ) Violetter-Lacktrichterling(ウラムラサキ) チチタケ属

Comment

ピオの父ちゃん  

キノコを発酵させるのですか! う~む、やってみたいような・・・v-390

2019/11/29 (Fri) 01:28 | REPLY |   

ロッド  

こちらではありふれたヌメリイグチですが、そちらでは珍しいのですね。
裏がカステラのような美しい黄色。ツバの痕跡があるしまさしくヌメリイグチです。
こちらでは夏のキノコですが、今頃出るとは!
そのまま煮ると茶色い水が出て納豆のような匂いが気になるので、一度茹でこぼしてから利用すると味噌汁やうどんに美味しいです。
ドイツの人には好まれないキノコだと思います。

チチタケ属のキノコ、前回もアカハツに似た不明菌がありましたが、たぶん猛烈に苦いと思います。
北欧の人は発酵させて食べるのですか?
ジャグマアミガサタケを毒抜きして食べるのも北欧でしたね。
ゲテモノ好きの人が多いですねぇ(笑)

2019/11/29 (Fri) 02:17 | EDIT | REPLY |   

てかと  

わかる。気温寒くてもいいから晴れてほしいですよね。
洗濯ものが乾かないし。
写真の毒キノコが生えているあたりにシメジがでているという経験則が生きてますね。おいしそう。
これは森の住人(笑)とかでないとわからんテーマだろうしな。

2019/11/29 (Fri) 05:57 | REPLY |   

野付ウシ  

こんにちわ。国も変われば食べ方も変わりますね。食べ方なんてことより毒キノコのはずが、食べられるとしている地域があったりもします。
あの「ベニテング」ですら「美味しいよ」と言う人がいるくらいですから。(そのまま食べるとヤバイとか)
図鑑でも違いがありますし、本当にキノコは難しい!! 濃い紫色のキノコは数種食べたことありますが、どれも「美味い」とは言えなかったです。(ムラサキフウセンタケとか)ムラサキシメジもたくさん採れますが食べるとイマイチでしたね。個人の好みのありますが・・・

2019/11/29 (Fri) 09:02 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/11/29 (Fri) 11:43 | REPLY |   

pil  

ピオの父ちゃんさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

私もネットで読んだのですが、発酵させるのだそうです。
気になりますよね(*´艸`*)

2019/11/29 (Fri) 22:15 | REPLY |   

pil  

ロッドさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

いつもの森では、ハナイグチは見かけるんですけど、
ヌメリイグチは初めてでした。
そちらでは、夏に発生するキノコなんですね。 
私も一度茹でこぼして、うどんに入れ、
つるりとした食感を楽しみました(*´▽`*)

チチタケ属のキノコ、そんなに苦いのですか!
北欧やロシアでは、それを8~10日間かけて発酵させてから食べるんだそうです。
ネットからの情報ですが(^_^;)
そうそう、ジャグマアミガサタケを食べるのも北欧ですね。
ゲテモノ...相当おいしいのでしょうね。(笑)

2019/11/29 (Fri) 22:33 | REPLY |   

pil  

てかとさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

空が暗いと、気分まで暗くなっちゃうんですよね。
我が家の場合、洗濯物は、どっちにしても家の中ですが(^_^;)
同じ環境を好むキノコって、結構ありそうですよ。
それが、毒キノコと食用キノコで、見た目が似ていたりしたら...
恐ろしいことです(-_-;)

2019/11/29 (Fri) 22:46 | REPLY |   

pil  

野付ウシさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

毒キノコも、うまく毒を抜けば美味しいということなんでしょうね。
食用だと言われていたキノコが、突然毒キノコになってたり、
えええ~?と思ったことも何度か(^_^;)
ムラサキシメジ、私と夫は好んで食べてます。
あの、独特の香りが好きなんです(*^-^*)
あの香りが苦手な方も、沢山いらっしゃるでしょうね。
娘は色で拒絶反応。(笑) 怪しすぎるそうです。

2019/11/29 (Fri) 22:56 | REPLY |   

pil  

🔓コメさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

そちらも寒くなったようですね。
部屋干しの洗濯物も、冬はヒーターのおかげで乾くんですが、
大物は乾きが悪くて困ります(;´∀`)
お買い物は、お近くで?
距離があると往復だけでも負担...その上、重くなると...
お大事にしてください。

雨の音、葉っぱがよく乾いている時は、特別いい音がしますね。
リスは、寒くなってからでも、姿を見ることがあるんですよ。
写真に撮りたいんですけど、すばしっこくって~。

2019/11/29 (Fri) 23:29 | REPLY |   

Leave A Comment