FC2ブログ

キプロス島 ニコシア(Nicosia)

またもやキプロスネタですが、お付き合いいただけたら嬉しいです。

5日目からは宿泊先が変わるということで、前の晩にスーツケースに荷物を詰め込み就寝。

旅行 キプロス島
㊤翌朝、部屋からの景色 5本指の山
㊦テラスからの景色 聖ヒラリオン城


これまでの4日間(実質3日)は、お天気に恵まれていなかったのですが、
この日は晴天🌞

スーツケースを積んだバスがまず向かったのは、首都のニコシア(Nicosia)。
なのですが、途中、宝石屋さんに寄り道...
実は前日も、カーペット屋さんに連れて行かれてたので、
「またか~」と、皆さんの心の声がバスの中に響いてました。
聞こえてなかったのは、ガイドさんと運転手さんだけだったかと。(笑)

ちなみにドイツでは、何かを販売することが目的のお土産付きや安価な日帰り旅行を、
Kaffeefahrt(コーヒードライブ)と呼ぶのだそうです。

旅行 キプロス島
途中に見えた巨大なモスク
モスクの尖塔を『ミナレット』というのだそうですか、この白い尖塔は、まるでロケットでした。


お昼頃、やっとニコシアに到着。

旅行 キプロス島
『北キプロス・トルコ共和国』側のニコシアです。

キプロス島が南北に分断されていることは前にも書きましたが、
国連が定めた緩衝地帯『グリーンライン』によって、ニコシアの街も南北に分断されています。

停戦状態とはいえ『グリーンライン』がすぐそこにあるというのに、街の様子はいたって平和でした。

旅行 キプロス島 旅行 キプロス島
㊨この緑の美しい木、ゴムの木なんです。こんなに大きくなるんですね。

旅行 キプロス島
街並みは、トルコというよりヨーロッパ風かなと思いましたけど、
『ミナレット』が、建物の間からちらちら見え隠れ。

グリーンラインの検問所方面へ向かう途中、大きな建物が見えてきました。

旅行 キプロス島

旅行 キプロス島
セリミエ・モスク(旧聖ソフィア大聖堂)
12世紀終わりから13世紀初頭に建て始められたと言われています。

旅行 キプロス島
ファマグスタで見た『ラーラ・ムスタファ・パシャ・モスク』と同様、
大聖堂からモスクになったのは、オスマン帝国がキプロスを統治するようになってから。

旅行 キプロス島
立派なミナレットが建てられたのも、1570年以降。

旅行 キプロス島
教会内の彫像やステンドグラスは(キリスト教のものであったため)すべて撤去、
壁のフレスコ画は、上塗りされたのだそうです...

モスクからしばらく歩くと、検問所に到着。
観光客とおぼしき人たちが数人並んでいましたので、私達もその列に並びました。

係員にパスポートを提出すると、ちいさな機械でスキャンして、「どうぞ」と。
『北キプロス・トルコ共和国』の検問所を無事通過。
そして、先に見えている『キプロス共和国』の検問所でも同じように、
パスポートを提出して、スキャンがすんだら、キプロス共和国に入国

以前、南北の往来には、かなり厳しい規制があったそうなんですが、
2005年以降は規制が大幅に緩和されたとか。
北側から南側へ入国するのには、特に厳しい規制があると聞いていたので、
ちょっとドキドキしていたのですが、全く問題なしでした。

旅行 キプロス島
『キプロス共和国』側のニコシアです。
㊤㊨南側で見たニコシア市内の地図には、北側の表記はナシ。
㊦㊨翌日か翌々日、ラルナカ(Larnaka)という街に行きたかったので、
その下調べにバスターミナルへも行きました。

ゆっくり昼食をとる時間がなくて、バスターミナルの近くのサブウェイでサンドイッチを買い、
時間がもったいないからと、歩きながらかぶりつきました。
南側滞在時間、たったの50分。(笑)

2つの検問所を通って、また北側へ。

「北側の別のバスターミナルも見に行こう!」と夫が言うので、後をついて歩いたんですけど、
早歩きで5分...10分...バスターミナルは見えません。
「すぐ近くだって言ったのに~」

集合の時間があるので、
あと5分歩いてバスターミナルが見えなかったら諦めようということになって...

結局、早歩きで15分、来た道を戻ることに💦
往復30分、無駄にしちゃった...もぉ―――!

汗を流しながら大急ぎで歩いた甲斐があって、集合時間には間に合いました。

ホテルまでは、約1時間の道のりだと聞いていたんですけど、
この後、バスが向かったのはレザーショップ...もぉ―――!

ホテルはまだ新しく、お部屋もとってもきれいで大満足でした。


関連記事

キプロス島 ニコシア(Nicosia) Kaffeefahrt(コーヒードライブ) セリミエ・モスク(旧聖ソフィア大聖堂) 北キプロス・トルコ共和国 キプロス共和国 グリーンライン 検問所

Comment

ピオの父ちゃん  

我が家のかみさんだったら、すでに核爆発を起こしているかもしれません・・・・・・v-12 まあ、核爆発の被害者は私だけですけど・・・(^-^*)

2020/01/13 (Mon) 00:19 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/01/13 (Mon) 01:37 | REPLY |   

pil  

ピオの父ちゃんさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

私も爆発しますよ。怖いですよ~。(笑)

2020/01/13 (Mon) 07:39 | REPLY |   

なつみ  

青空~♪

青空がとっても映える街並みですねー。
日向ぼっこしたいなぁ(最近、青空なんて拝んだことがありません;;)
やはり、ここにもコンビニってなさそう?
コンビニの便利さを知っているだけに、今は本当に不便です><
特にまだ終わらないストのために、バス一つとっても…愚痴が続くのでオシマイ!
旅行って、結構歩きますよねー。
それなのに、予定外だと
うん、もぉーもぉー牛さんに角が生えます。
我が家は生き物が多いので、お泊まりも自炊付きのアパートメントなので
どこに行っても、三食作る羽目に;;

2020/01/13 (Mon) 08:41 | EDIT | REPLY |   

ロッド  

地図でニコシアを見たら、ちょうど境界線の上に位置しています。
東西冷戦の頃のベルリンみたいです。
東西冷戦は終わっても、また別の脅威が出てくるんですね。
私たち日本人には理解不能です。

ドイツではイスラム教徒は身近なんでしょうけど、日本にいるとまったく縁がなく何もわかりません。
キプロス北部はイスラム教だから周辺のイスラム諸国とは良好な関係で、それでテロがないんでしょうね。
すると南部は危険が多いんでしょうか?
とにかく宗教のことはわかりません。
日本の場合は「八百万の神」で神様が大勢いますが、そういう点で一神教とは全然違うのでしょうね。

たくさん歩いてお疲れ様でした。
旦那様は男性にしては珍しく方向音痴だそうで、だからいつも道に迷ってたくさん歩くからお腹がすくのでしょう(笑)

2020/01/13 (Mon) 08:52 | EDIT | REPLY |   

pil  

🔓コメさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

東南アジアではコークですか!
ほんとうまいこと言いますね。
最近は、スマホアプリのおかげで迷うことが無くなったので、油断してました~。
早歩きって、倍疲れますね(;´∀`)
お部屋の写真ですね。了解!

味をしめて(*´艸`*)
美味しいものは、またいただきたくなりますよね。
昔、実家で烏骨鶏を飼っていたんですけど(前にもお話ししました?)
お肉をいただいたことはありませんでした。
はい!頑張らなくちゃですね!

2020/01/13 (Mon) 08:56 | REPLY |   

野付ウシ  

こんにちわ。意外とそちらでもお土産屋さん強制停車があるんですね。昔のヨーロッパなどの団体旅行では必ずつきものでした。
興味ある人はいいですが、ウンザリしますよね。今ではめったに見かけませんが、逆に日本にくる中国人団体などが連れ回されていますよ。
キプロスに限らず、ヨーロッパ各地を回るには歴史+宗教の知識があると、全然見方も変わりそうですね。

2020/01/13 (Mon) 09:32 | REPLY |   

pil  

なつみさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

青空の日なんて、めったにないですもんね。
日向ぼっこできる日は貴重です(*^-^*) 
スト...いったいいつまでこの状態が続くのでしょうね。
市民の間で不満が爆発しないのが、不思議で仕方がないです。
理解できないことが多すぎ―(>_<)

娘が小さい頃、台所付きの部屋に泊まったことがあるんですけど、
慣れない台所でお料理するのって大変ですよね(;´∀`)

2020/01/13 (Mon) 10:58 | REPLY |   

pil  

ロッドさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

首都が分断、かつてのベルリンと共通する部分がありますね。
キプロスの場合は、もともとギリシア系とトルコ系の諍いはあったみたいですけど、
トルコ軍が頭を突っ込んできたことで、分裂することになったようです。
せっかくイギリスから独立したというのに...
民族間の争い...特に宗教が絡むと恐ろしいですね。
南側も危険を感じるようなことは全くありませんでしたよ。
北側の方が、トルコ軍が目について気になりました。

>旦那様は男性にしては珍しく方向音痴だそうで、
>だからいつも道に迷ってたくさん歩くからお腹がすくのでしょう(笑)
はい、おっしゃる通りです。(笑) 

2020/01/13 (Mon) 11:38 | REPLY |   

pil  

野付ウシさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

こういう観光付きの旅行に参加したのは今回が初めてで、
初めにカーペット屋さんに連れていかれた時は「は?」と思いました。(笑)
ま、目の保養にはなりましたけど(^_^;)
歴史と宗教は切り離せないなと実感する旅行となりました。

2020/01/13 (Mon) 11:55 | REPLY |   

いとこいさん  

日本のバスツアーにも似たところがりますね。
絶対に お土産物を購入するところや ツアーにもよりますが 宝石、毛皮屋さんへ連れていかれます。

じっくり見て歩けない不自由さもたまにあります。

教会の内部もきれいですね。

2020/01/13 (Mon) 15:17 | REPLY |   

pil  

いとこいさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

日本のバスツアーにも、同じようなのがあるんですね。
宝石とか毛皮は買いませんが、お土産物は見たら買いたくなります(*´艸`*)
集合時間がありますから、見てまわりたいところ全てを
見てまわるのは難しいですね(^_^;)
今はモスクなんですが、まっ白で明るくて広々としていました。

2020/01/13 (Mon) 19:00 | REPLY |   

かぐや姫  

組まれたツアーの忙しさはそちらでも同じなんですね。
食事急いでと自分の興味のないところにも行く。。(たぶん宣伝のマージンのため)
でも宝石屋💎さんなら買わなくても私は興味津々です。
学生の時工芸科だったのでアルバイトにシンプル銀のアクセサリー作りなどしていたので。

よく名所旧跡いくつも回って飽きられないですね。
私は景色の一部としてや石材とか様式とか興味のあるものがある所は良いですが
ただ古いから歴史があるから(自分はあやふや 笑)と見るのは苦手です。(-"-)

2020/01/14 (Tue) 04:58 | REPLY |   

てかと  

旅先で鼻息荒くしてると何をしに行ったのか頭抱えますね。
二人仲良く楽しそうにしてればバスチーユでもいいw
それにしても土産物屋に何度も足しげく連行されるもんなんですね。

2020/01/14 (Tue) 11:05 | REPLY |   

pil  

かぐや姫さん、コメントありがとうございます(^▽^)/

ツアー観光って慌しいですね~。
遺跡や古い建物にはとても興味があるんで、全然飽きないんですけど、
自分のペースで見てまわれないので、ちょっと残念に思うことはありました。
カーペット屋さんや宝石屋さん、目の保養にはなりましたけど、
お店の人に付きまとわれ、「早く出たーい!」と思いました。(笑) 
彫金をされていたんですね。素敵~♪
宝飾品を見ても、私なんかとは全く別の視点からなんでしょうね。

2020/01/14 (Tue) 15:24 | REPLY |   

pil  

てかとさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

一緒にいると、鼻息が荒くなる場面もありますよ(*´艸`*)
この日は、鼻息よりも息が荒くなりました。
早歩き、しんどかったんです~。(笑)

2020/01/14 (Tue) 16:18 | REPLY |   

ゆう★おぉちゃん  

ワァ───ヽ(*゚∀゚*)ノ───ァ!
キレイな街並み&教会(〃艸〃)
どこの国にもバスツアーには付き物がありますな(( ̄▽ ̄;;)ア、ハハハハ…
宝石カーペットレザー(ヾノ・ω・`)イラナイイラナイデスよね(  ̄▽ ̄)その時間を街ブラにしてほしいものですね(  ̄▽ ̄)

2020/01/14 (Tue) 16:23 | REPLY |   

pil  

ゆうさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

すっごく高価なものばかりで、買う人いるの?って感じでした。
そうそう、その時間を街ブラにしてくれたら、もっと色々見てまわれたのに~。
どこのバスツアーでも、こういうのが付きものなんですね(^_^;)

2020/01/14 (Tue) 21:06 | REPLY |   

Leave A Comment