FC2ブログ

11月の森 Ⅲ 2015

最近、変に暖かい日が続いています。
温かくて湿った空気が、体にまとわり付くような感じです。
この時期に、上着なしで外に出れるなんて、15年間で初めてではないでしょうか。
夫はこの暖かさを大喜びしていますが(寒がりなので)、私は素直に喜べません。
例年だと、最低気温が0℃を下回り、最高気温も5℃以上にならないこの時期に、最低気温が13℃、最高気温が18℃って、異常ですよね?
と否定的なことを言いながら、着膨れせずに散歩に出れるのは、やっぱり嬉しいです。

そして、森のキノコ達はこんな感じです。

↓ムラサキシメジ(食用キノコ

CIMG1698.jpg

↓テングタケの一種ですね.

CIMG1701.jpg

↓倒木からキクラゲの仲間でしょうか?

CIMG1702.jpg

↓キクラゲ(食用キノコ

CIMG1703.jpg

週末、しかもこの気温なので、散歩する人、サイクリングを楽しむ家族連れ、沢山の人が森を訪れていました。
中にはTシャツ姿の人達も。
「いくら暖かいといっても、それはムリ。」なんて思いながら、森の奥へ。
ある場所を目指して歩きます。

毎年この時期になると、決まった場所に決まったキノコが群生しているはず...なのに、今年は全く見当たりません。
理由として考えられたのが、
① まとまった雨がなく、乾燥しているから。
② 暖かすぎるから。
③ 周辺の木が伐採されて、環境が変わってしまったから。

一本も生えていなかったので、写真も撮れず。
でも、どんなキノコなのかお見せしたいので、Wikipediaからお借りしました。

300px-Cantharellus_tubaeformis_1.jpg 

特別な香りはないですが、歯ごたえがいいキノコです。
探し回る必要もなく収穫できて、<効率のいいキノコ>なんて呼んでたんですけど...
採れて当然のように思ってた私に、「そうじゃないよ」って、森の神様が思い出させてくれたのかもしれません。


関連記事

キノコ狩り 食用キノコ 毒キノコ ムラサキシメジ キクラゲ

Comment

Leave A Comment