FC2ブログ

バンベルク(Bamberg) ラオホビア

バンベルクの続きの前に...

2020年2月の気温と降水量
2020年2月の気温と降水量
暖かく、雨の多い2月でした。

・   ・   ・   ・   ・

川沿いをお散歩した後は、お腹がすいたので腹ごしらえ。

バンベルク(Bamberg) バンベルク(Bamberg) ラオホビア
この街の名物ビール『ラオホビア(Rauchbier)』をいただきました
よく登場するベアラオホのラオホは『Lauchネギ』ですが、ラオホビアのラオホは『Rauch煙』。
燻製した麦芽から作られるスモークビールの一種なんです。

バンベルクは世界遺産の街、そしてビールの街としても知られていて、
いくつもの伝統的な醸造所があるようです。

バンベルク(Bamberg) バンベルク(Bamberg)
その中でも一番有名なのが、㊨シュレンケルラ(Schlenkerla) 醸造所
寒くても、店の外で立飲みする人多数。(笑)
肝心のお味ですが、口に含むといかにも燻製という味が、口いっぱいに広がります。
私は...燻製されてないビールがいいかな。
飲み慣れると、クセになるのかもしれませんが。

お腹が満ちてパワーアップしたので、尖塔のそびえる丘の上を目指しました。

バンベルク(Bamberg)
バンベルク大聖堂(Bamberger Dom)

神聖ローマ皇帝ハインリッヒ2世によって、この地に初めて大聖堂が建造されたのは1012年、
その後、1237年に再度建造されたのが、この大聖堂なのだそうです。

バンベルク(Bamberg)
高さ81mの4つの尖塔が特徴的です。

バンベルク(Bamberg) バンベルク(Bamberg)
扉の左右に3体ずつ計6体の像が彫刻されていますが、
左に写っているのがハインリッヒ2世の像。

バンベルク(Bamberg)
大聖堂内部、㊧東の祭壇のフレスコ画
㊨ハインリッヒ2世と皇后の墓
石棺には、皇帝夫妻にまつわる伝説のレリーフが彫られています。

バンベルク(Bamberg)
㊧主祭壇 ㊨㊤主祭壇の天井 ㊨㊦地下聖堂の井戸

バンベルク(Bamberg)

(大聖堂内部も現在工事中で、全てを見学できませんでした)

バンベルク(Bamberg)
大聖堂のすぐ横には、旧宮殿(Alte Hofhaltung)、そして新宮殿(Neue Residenz)が並んでいます。

バンベルク(Bamberg)
旧宮殿(Alte Hofhaltung) 16世紀に建て替えられ現在に至るそうです。

バンベルク(Bamberg)
この素晴らしい門をくぐると、

バンベルク(Bamberg) バンベルク(Bamberg)
木組みの回廊が美しい、不思議な空間が広がっています。

よろしかったら動画もどうぞ。


バンベルク(Bamberg)
こちらが新宮殿の、ごくごく一部。とにかく大きいです。
ルネッサンス様式で1602年から建造され、
一部は、1967年から1703年にかけて、バロック様式で増築されたのだとか。

バンベルク(Bamberg) バンベルク(Bamberg)
バラ庭園からの眺めが美しいと聞いていたので、そちらに向かおうとして、
㊧足元を見ると、石ではなく木!
㊨1705年に造園されたバラ庭園 
何種のバラが植えられているのか...花の季節に訪れてみたい。

バンベルク(Bamberg) バンベルク(Bamberg)
バンベルク市内を一望

バンベルク(Bamberg)
大聖堂からだと南の方角、そう離れていないところにある、オベーレ・プファレ(Obere Pfarre)。
14世紀に建てられたマリア崇敬の教会です。

翌日は、お隣の丘の上に建つ聖ミヒャエル修道院へ行きました。
まだまだ続きます。(笑)

関連記事

バンベルク(Bamberg) 旧市街 世界遺産 バンベルク大聖堂(Bamberger-Dom) 旧宮殿(Alte-Hofhaltung) 新宮殿(Neue-Residenz) バラ園 オベーレ・プファレ(Obere-Pfarre)

Comment

ピオの父ちゃん  

同じ地球とは思えません・・・。イバラッキ村はいまだに縄文時代ですv-15

2020/03/01 (Sun) 22:26 | REPLY |   

pil  

ピオの父ちゃんさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

美味しいビールと美味しい魚があれば、良いではないですか~(*^-^*)

2020/03/02 (Mon) 00:47 | REPLY |   

atsu  

こんにちは♪

美しい街並みですねー♪
写真でも素敵なのが伝わってきますが、
実際にみたらめっちゃ感動しそうです(〃 ゚Д゚〃)
昔のすごい建築物を見ると
便利な機械もない時代に、どうやってこんな建物を建てたんだろうと
そんなことを考えてしまいます( *´艸`)

2020/03/02 (Mon) 02:49 | REPLY |   

ロッド  

この前の川の写真よく見たら流れが急ですね。
大陸の大平原なので、大河で流れがゆるやかと先入観がありました。
ふくよかな女性像、私好みですが、よく見たらかなり極端ですね。相撲取りみたいだ(笑)
こういうほうがユニークで魅力的です。コロンビアの彫刻家ですか。面白い。

歴史ある古い街並みは魅力ありますね。
伝統的な渋い味のビールも慣れると旨いのでしょう。
奥が深い文化がいっぱいの街ですね!

2020/03/02 (Mon) 07:06 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/03/02 (Mon) 08:08 | REPLY |   

野付ウシ  

こんにちわ。あまりに歴史的建造物だらけで、どれがどれだかわからなくなりそうですね。撮影しても後から確認作業が大変そう。
私ならだんだん同じものに見えてくるかもしれません。さすがにビールの国と言われるだけあって、朝昼晩いつでもビールなんでしょうね。
私は近年はビールやワインなど一口なら問題ないですが、コップ二杯程度以上飲むと...酔はしませんが、寝付きが凄く悪くなるんです。
時には午前3時頃まで寝られなかったりするので、できるだけ控えています。(晩酌しませんし、夕食時も稀にしか飲みませんが)

2020/03/02 (Mon) 10:52 | REPLY |   

alpenkatze  

ビール、私も普段飲みにはやっぱり普通のビールが好きです♪
でもやっぱり滞在中はこの店のビールを飲みましたよ~^^
食事しながら、それから立ち飲みもしました(笑)。
バラ園も行きましたが、足元が木になってるのは気づきませんでした!
3月と8月に行きましたが、8月はバラが満開できれいでした。

2020/03/02 (Mon) 13:23 | EDIT | REPLY |   

いとこいさん  

ビールは普通がいいですね。燻製の香りはちょっと・・・・です。
はるか昔に こんなに背の高い立派な建物ができ 素晴らしい彫刻の数々
いつも感動します。
日本との歴史 文化の違いをまざまざと感じます。
素晴らしいですね。
ありがとうございます。

2020/03/02 (Mon) 14:19 | REPLY |   

クウーママ  

石の建物の圧迫感までも伝わって来ました^^:
つい先日、すき間だらけの昔の学舎を見てきたので
建築の意識の違いに、目を見張る思いです・・

コロナウイルスがドイツにも・・
流行出す前からの注意が大事ですね、
pilさん宅も、うーーんと気を付けて下さいね!

2020/03/02 (Mon) 16:33 | REPLY |   

pil  

atsuさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

そうですよね。大きなクレーンとかがない時代に、
どうやって?って、考えてしまいますよね。
どこを歩いても街並みが素敵で、
1日中お散歩しても全然飽きませんでした(*^-^*)

2020/03/02 (Mon) 18:30 | REPLY |   

pil  

ロッドさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

結構流れが急なんですよ。
水門で水の流れを調節している関係かもしれません。
地元の方のお話では、この川でカヤックを楽しむ人もいるそうです。
彫刻、個性的ですよね(*´艸`*)
ビールも、とっても個性的なお味でした。
慣れるとクセになるんだと思います。
このお味、地元の方にはとっても愛されているようですよ(*^-^*)

2020/03/02 (Mon) 18:46 | REPLY |   

pil  

🔓コメさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

中世の時代、町の人々はどんな生活をされていたのでしょうね。
数百年経った今でも変わらないのは、
街並みとビールを愛する心かもと思いました。(笑)
この美しい街がそのまま残ったのは奇跡ですね。 

2020/03/02 (Mon) 19:25 | REPLY |   

pil  

野付ウシさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

ツーリストインフォメーションで頂いた地図を片手に、町の中を散策したんですけど、
地図に印(見どころ)が多くて、何が何だか分からなくなりそうでした(^_^;)
週末で仕事がお休みだったりすると、お昼前から飲んでいらっしゃいますよ(*´艸`*)
野付ウシさんは、あまりお飲みにならないんですね。
ちょっと意外な感じがしました。

2020/03/02 (Mon) 19:36 | REPLY |   

pil  

アルペン猫さん、コメントありがとうございます(^▽^)/

ラオホビア、初めて飲んだんですけど、驚くほど燻製というお味でしたね。(笑)
私も、普通のビールがいかな~と思いました(*´艸`*)
アルペン猫さんは、バラが満開の時期に行かれたんですね!
すっごくキレイだったでしょうね~。
バラ園に入る手前(建物を通り抜ける部分)が、石かと思ったら木でできていました。
地面というより床と呼ぶべきなのかもしれないですね。

2020/03/02 (Mon) 19:50 | REPLY |   

pil  

いとこいさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

個性的なお味のビールでした~。
煙を吸いながらビールを飲んだら、こんなお味かな?みたいな(*´艸`*)
今のような建設機械のない時代に、凄いですよね。
彫刻の施された門は、単なる門ではなく芸術品でした。
文化の違いを感じますね。

2020/03/02 (Mon) 20:14 | REPLY |   

pil  

クゥーママさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

石造りの建物には迫力がありますよね。
どんよりとした冬の空の下では、特別な重々しさを感じます。

コロナウイルス...ここ数日で一層騒がしくなってきました。
日本ではトイレットペーパーが消えたと、ニュースで読みましたけど、
こちらでも、今日スーパーに行ったらかなりの品薄になっていて、びっくりしました。
はい!気を付けます!ありがとうございます(*^-^*)

2020/03/02 (Mon) 20:31 | REPLY |   

てかと  

宮殿など見所いっぱいあるというだけで観光客がばんばんやってくるのが、むしろ今は一番つらいですね。
うちの地元はほっとんど何もないのでw

2020/03/03 (Tue) 05:48 | REPLY |   

mee  

pilさん、こんにちは。
ヨーロッパの街並みや建築物は本当に中世の雰囲気そのままで美しいですね^^
観光する側はただただ感動ですが、その土地の方の遺産を残す努力、結構大変なのでしょうね。

燻製ビールなんてものがあるのですね~!
いかにも燻製な感じがするなら、なんとなく味の想像がつきます^^:
でもちょっと飲んでみたくなりました♪

2020/03/03 (Tue) 09:31 | REPLY |   

pil  

てかとさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

普段なら、沢山の観光客が訪れるんでしょうけど、
ツアーの団体客がほとんどいないので静かでした。
醸造所の前は、人が多かったですが(*´艸`*)

2020/03/03 (Tue) 12:39 | REPLY |   

pil  

meeさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

どこを見ても絵になるとっても素敵な街並みでした。
住人の方々の協力なしに維持するのは難しいでしょうから、
町ぐるみでいろんな努力をされているのだろうと思います(*^-^*) 

燻製ビールは、味わったことのないお味でした(*´艸`*)

2020/03/03 (Tue) 12:56 | REPLY |   

Leave A Comment