FC2ブログ

5月の森 群生地

毎年5月はワラビのシーズンで、収穫期間は3週間ほどでしょうか。 
次々に沢山生えますが、ぐんぐん伸びるので、収穫期間は短いのです。
今年は気温が高めだったため、初収穫は例年より早い4月の20日。
「5月の半ばを過ぎれば、もうシーズンも終わりかな~。」と思っていたんですけど、
気温の低い日があったのが幸いしたのか、今週も収穫できました

5月の森 ワラビ
5月15日撮影

5月の森 ワラビ
5月25日撮影

5月の森 ワラビ
中にはまだかわいらしいのも

15日には、スズランの花もまだ咲いているだろうと期待していましたが、

5月の森 Maiglöckchen(スズラン)
数ヶ所廻った群生地では、お花を見ることはできませんでした。
誰かが摘んで行っちゃったのかな?

5月の森 Maiglöckchen(スズラン) Schattenblümchen(マイヅルソウの一種)
㊧別の場所で見つけたスズラン。
㊨マイヅルソウのそっくりさんも、ちらほら咲いていました。

5月の森 Echte Ehrenpreis(クワガタソウ属)
Echte Ehrenpreis(クワガタソウ属)
古くからハーブとして、様々な疾患の民間療法に利用されているとか。
ただ、薬効についてはいまだ科学実証はされていないそうです。

5月の森 Große-Sternmiere(アワユキハコベ) Knöllchentragende Zahnwurz(アブラナ科) キンポウゲ属のお花
㊤㊧タンポポの綿毛と競うように伸びていたのはSpring-Schaumkraut(ジャニンジン)。
見た目同様、お味もタネツケバナに似ていることが、去年のお味見でわかりました。
㊨Große-Sternmiere(アワユキハコベ)
㊦㊧キンポウゲ属のお花 ㊨Knöllchentragende-Zahnwurz(アブラナ科)

5月の森 Rote Lichtnelke(レッドキャンピオン) Ruprechtskraut(ヒメフウロ)
㊤Rote-Lichtnelke(レッドキャンピオン) ㊦Ruprechtskraut(ヒメフウロ)

5月の森 5月の森
25日は午後から晴れて、暑くも寒くもなく、空気がとっても爽やかでした。

5月の森 5月の森
もうそろそろ、夏のキノコが姿を現し始めるかな~?

小川沿いを歩いて、ヨコエビの様子を見に行ったんですけどね、
一ヶ所に集まって、うじゃ~っと団子状態になっておりました。
繁殖しすぎ~~~!

ヨコエビは、魚の餌になるようですけど、この小川に魚はいないはず。
このまま増え続けたら、どんなことになってしまうのか...ちょっと怖いです💦

関連記事

5月の森 ワラビ Maiglöckchen(スズラン) マイヅルソウ Echte-Ehrenpreis(クワガタソウ属) Spring-Schaumkraut(ジャニンジン) Knöllchentragende-Zahnwurz(アブラナ科) Rote-Lichtnelke(レッドキャンピオン) Ruprechtskraut(ヒメフウロ) 小川

Comment

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/05/29 (Fri) 21:30 | REPLY |   

pil  

🔓コメさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

えええぇ~!バルタン星人www
小川でバルタン星人が、押し合いへし合いしながら行水している図が、
頭に浮かんでしまいました。(笑)

ありがとうございます。そんな風に言っていただいて嬉しいです(*´▽`*)
ワラビ粉を作るのは、葛粉以上に手間がかかるのだとか。
ワラビ粉で作ったわらび餅、食べたいな~💛 

2020/05/29 (Fri) 22:52 | REPLY |   

ピオの父ちゃん  

ヨーロッパの森はすがすがしいですね。日本の雨期の森は、それはもうカが、アブが、そしていまはヒルが・・・。ドイツはカは多いですか?v-15

2020/05/29 (Fri) 23:16 | REPLY |   

野付ウシ  

こんにちわ。いよいよ初夏ですか。花もどんどん増えて山菜もピークでしょうか?
こちらもワラビは収穫期になっています。昨日はかなりの量を採取し、半分ほど塩漬けにしました。近日中に再度出かけようかと。
フキは異常に小さい場所もあれば、大きく育っているところもあり、ばらつき多いです。これも近日中にドサッと取ろうかと。
キノコは普通に食べられるものは、早くても6月末ころかな?種類は少ないと思いますが、昨年もボリボリやラクヨウなど取りました。
あのヨコエビ増殖中ですか...そういうものって、ちゃんと食べに来るものが出てくるんですよね。(多分)

2020/05/30 (Sat) 08:35 | REPLY |   

800びくに  

今晩は

いつも思うのですけど 綺麗な森がそばにあって
いいですよねえv-291

昔は 杉並や世田谷も 綺麗な林とか竹林など 
たくさんあったのに 今は 住宅ばかりです。
それこそ 武蔵野なんて この森みたいな
感じだったのにねえ 寂しいです。

2020/05/30 (Sat) 10:49 | REPLY |   

ロッド  

ワラビのシーズン、そちらは3週間ですか。
私の所は、2ヶ月間です! まったく不思議です。7月まで食べられます。
今まさにシーズン最盛期で毎日食べていますが、今後もずっと続くので食べきれなくて飽きてしまいます。
子供の頃は親に「食べすぎると毒」と言われましたが本当でしょうか?
薬効もあるのかな?
ネットで調べればわかるのでしょうけど、気にせず食べたいだけ食べるようにしています。
いろんなお料理に使えますね。味噌汁にも良いし、パスタにも良い。

それと干しワラビ、これは絶品です! 手がかかるので、もう作りませんが。
茹でたワラビを天日干しにします。徹底的に完全に乾かすと長期保存できます。
水で戻して調理すると、これが美味しい! ワラビの良い風味が凝縮されています。

ヨコエビの住む小川、魚は本当にいないのですか?
不思議ですねぇ。外界から完全に隔離されているのでしょうか。
魚類はいなくても両生類のサンショウウオならいるかもしれませんよ。
サンショウウオならヨコエビを食べると思います。
サンショウウオは水の綺麗な山の渓流などに棲息しています。
ヌルヌルして小さいドジョウのような感じです。石の下などに隠れています。
たまに陸に上がって石の上などにいます。
なかなかお目にかかれません。

2020/05/30 (Sat) 12:07 | EDIT | REPLY |   

いとこいさん  

優しい緑色がいっぱいですね。
さわやかな風が吹くなかでの 散策気持ちよさそうです。
クワガタソウ・・・・面白い名前ですね。
スズランはかわいいですね。 群生していたら最高ですね。
ヨコエビが団子状態で・・・・・わ~気持ち悪そう・・ホントどうなるんでしょう

2020/05/30 (Sat) 13:42 | REPLY |   

pil  

ピオの父ちゃんさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

蚊、森に行くと大きいのがいるんですよ~。
でも、一番怖いのはマダニです(~_~;)
でも、アブとヒルにはお目にかかったことがないので助かってます。

2020/05/30 (Sat) 13:43 | REPLY |   

pil  

野付ウシさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

こちらではワラビももう終わりのようです。
あとは、ハーブティー用のお花や木の実、
そしてキノコが生えるのを待つばかり。(笑)
ヨコエビ、あれだけ沢山いるということは、
それを餌にしている生き物も、どこかに潜んでいるのかもしれないですね。

2020/05/30 (Sat) 13:51 | REPLY |   

pil  

800びくにさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

自然が多くて恵まれた環境だと思います。
国土の森林率は、ドイツは日本の半分以下だそうですけど、
自然がうまく散らばっているということでしょうか。
平地が多いのもありがたいです。
東京周辺の森と言うと、奥多摩ぐらいしか思い浮かばないのですが、
昔は林が点在していたんですね。

2020/05/30 (Sat) 14:17 | REPLY |   

pil  

ロッドさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

2ヶ月もの間ワラビが収穫できるなんて、いいですね~(*^-^*)
こちらでは、あっという間に胸の高さ以上に育って、ジャングル状態です。
探せばまだ食べれそうなのも見つかるとは思うんですけど、
マダニのリスクが大きすぎて(-_-;)
『食べ過ぎると毒』というのは、間違ってないと思います。
毒成分が含まれ、アク抜きしないで食べると中毒を起こすそうですから。
でも、しっかりあく抜きをして、季節の間楽しむ程度なら問題ないのではないでしょうか。
干しワラビ、ゼンマイのような感じになるんでしょうか。
また違った食感が楽しめて、美味しそうですね。
ただ、水分の多いワラビを完全に乾かすのは難しそう。

小川に魚はいないと思うんですよ。 
でも、ヨコエビにも今まで気付きませんでしたから、自信がありません(^_^;)
両生類...魚よりいそうな気がします。
去年の春、キクラゲの収穫中にいましたもんね...

2020/05/30 (Sat) 14:58 | REPLY |   

pil  

いとこいさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

今は1年で一番爽やかな季節ですね。
群生するスズランのお花を見ることができなかったのは残念でしたけど、
散策は楽しかったです(*^-^*)
団子状態のヨコエビには、さすがに気持ち悪いと思ってしまいました。(笑)

2020/05/30 (Sat) 15:17 | REPLY |   

かぐや姫  

ここは〇〇公園として管理されているのでしょうか。
遊歩道もちゃんとしてるし野草が踏んだりされずに
色々種類もあって。。良い雰囲気~( ^)o(^ )
クワガタソウってオオイヌノフグリに似た野草ですよね。
皆さんが紹介しているのを見ると数本。。
ここは群落👀植えたものなのかな?

ヨコエビが増えているって。。なんか汚染とか
これが好きなものが流れて来ていると考えられて嫌ですね。
前はなかったのに変化するのは理由があるはずだし
生態のバランスと言う事で良いはずないのでTV局に知らせるとかも良いかも。。

2020/06/01 (Mon) 01:33 | REPLY |   

pil  

かぐや姫さん、コメントありがとうございます(^▽^)/

この辺りの森は自治体か州が管理しているのだと思います。
公園ではありませんが、倒木の処理や、伐採、植樹はされていて、
林道の一部は、数年前に整備されてきれいになりました。
その時、林道脇の野草は姿を消したんですけど、今は復活して、年々勢いを増してます。
野草は自然に増えたものばかりだと思いますよ。
保護されることもなく、重機に踏みつけられ、ひどい目にも遭っていて、
『去年はこの場所に...( ;∀;)』なんてことが何度もありました。 
ヨコエビは、基本美しい水を好むようなので、汚染ではなさそうな気がするんです。
でも『何か』はあるはずですよね。
面白いのは、この『大繁殖ポイント』が、ワンちゃんに人気の『水浴び場』だということです。(笑)
これも何か関係しているのでしょうか?

2020/06/01 (Mon) 07:15 | REPLY |   

Leave A Comment