リンデンの種

16 0
今朝は青空でしたが、窓を開けるとひんやりした風が入ってきて、
薄手の長袖では寒いぐらい。
お昼が近くなると、空には雲が増えて、風がさらに強まって、
お買い物は、しっかりジャケットを着こんで出かけました。
明日から7月とは思えない気温です。
最高気温23℃、この気温じゃスイカが美味しくいただけない~。(笑) 

6月の景色
ご近所を歩いていると、相変わらずギンヨウボダイジュの良い香りが漂っています。
強い風に飛ばされて、路肩に溜まったリンデンの総苞葉と花がら。

6月 セイヨウシナノキ(もしくはフユボダイジュ)の実
リンデンの種。
結実したものは、しっかり枝にしがみついたまま時を待っているようです。

6月の景色 Rhodotypos scandens(シロヤマブキ)
貸農園の垣根のシロヤマブキ。

6月 野の花 Wilde Möhre(ノラニンジン)
咲き始めたばかりのノラニンジンの花には、早くもお客さんが来てました。

6月 野の花 Gewöhnliche-Schafgarbe(セイヨウノコギリソウ)
痩せたカチカチの地面でも、元気よく育っているセイヨウノコギリソウ。

抗炎症効果があることが広く知られ、花や葉をハーブティーとして飲んだり、
傷口の消毒などにも使うことができます。
腹部膨満感や、食欲不振にも効果があるそうです。
私に必要なのは、食欲を抑えるハーブなんですけどー。(笑)

ネアンデルタール人の骨が発見された、イラク北部の遺跡の土壌から、 
数種の植物の花粉が発見され、その中にセイヨウノコギリソウの花粉が含まれていたのだとか。
その頃から植物の薬効を利用していた可能性があるのだそうですよ。

6月 野の花 セリ科の植物
チャービルかと思ったけれど、どことなく違うような...
セリっぽい爽やかな香りは、なんとなくしたような気がするんですけどね。

6月の9景色 6月の9景色
いつの間にかコーンも大きく育ってました。(たぶん飼料用)

最近スーパーで目にするコーンは、皮が剥かれて実だけになっているんです🌽 
皮を剥くのも、楽しみの一つなんだけどな~。
関連記事
ページトップ