FC2ブログ

トウモロコシ畑

数日前、娘を誘って夕食後の散歩に出かけました。
夏至からもう1ヶ月が経ちましたけど、日はまだ長く、日没は21時20分頃です。

20時を過ぎてから家を出て、1時間ほどぶらぶら。
外で夕陽を見るのは何ヵ月ぶりかな。

7月の景色 
トウモロコシ畑が金色に輝いて見えたんですけどね、
なんか暗い写真だなぁ~。(スマホで撮影)

7月の景色 
娘のスマホ写真を拝借。

7月の景色 
別の場所で...逆光でなければ、そこそこいい感じに撮れました。

7月の景色 
さらに別の場所で...やっぱり暗いわぁ~。

7月の景色 
またもや娘の写真を拝借。(笑)

逆光でも、設定を変えれば明るい写真が撮れるってこと、後で知りました。
お嬢さ~ん、もっとはやく教えてよ~。(笑)

🌽         🌽

1週間ほど前のことですが、トウモロコシ畑に不思議なものを発見しました。

7月 トウモロコシ 黒穂病

かぐや姫さんが運営されているブログ『メキシコの南の小さな家から』で拝見した、
例のヤツではあるまいか?

7月 トウモロコシ 黒穂病

コブだらけの、グロテスクなトウモロコシ。
メキシコでは、ウイトラコチェ(Huitlacoche)、もしくはクイトラコチェ(Cuitlacoche)と呼ばれ、
古くから食用とされているそうなんですよ。
最近まで知らなかった不思議な食材を目の前にして大興奮!
写真を撮りまくってしまいました。

7月 トウモロコシ 黒穂病
トウモロコシが黒穂(クロボ)菌に感染することで、
大きなこぶのようなものができるんですね。
ドイツではMaisbrand(トウモロコシ黒穂病)と呼ばれていて、
土壌の黒穂菌胞子から、トウモロコシだけが感染するのだそうです。

7月 トウモロコシ 黒穂病
沢山できたコブは、初めは艶のある銀色をしているのですが、
生長の過程で中に黒い粉(胞子)を沢山作り、最終的には裂けて胞子を飛び散らせます。
ホコリタケを連想させないでもないですが、
ここまで生長したのを見ると、さすがに食べたい気持ちは失せるなぁ。

7月 トウモロコシ 黒穂病
びっくりするぐらい大きいのもありました。
ここまでくると、もう食べ物とは思えない。(笑)  

遅い時期の霜、そして乾燥した天候と高い気温等、気象条件が揃うと、
感染が促進され、大量に発生する場合があるとか。
今年は当たり年なの?
道に面したトウモロコシを見て歩いただけでも、かなりの数を見つけました。

トウモロコシ 黒穂病
まだそれほど大きくないものを2粒持ち帰り、切ってみました。
左は黒い粉が沢山出てきましたが、右は黒いながらも中はしっとり。
ホコリタケの場合、食用になるのは胞子ができる前ですから、
これも食べ頃は右の状態かな?

これまでに、トウモロコシ黒穂病による中毒と疑われる報告があったようなのですが、
黒穂菌自体に毒があるのではなく、感染したトウモロコシにカビが発生し、
そのカビが二次代謝産物であるマイコトキシン(有毒)を生産したのではないかということです。
ドイツ国内の農業研究センターにおいても、この黒穂菌自体は無毒との研究結果が出たとか。
食するなら若くて新鮮なものを選ぶべし!ということでしょうね。

黒穂病の胞子は、土壌中で何年も生存すると言われ、
同じ畑に毎年発生する可能性が高いみたいです。

来年のお味見を、ひそかに狙っているのでありました。

関連記事

夕陽 トウモロコシ畑 ウイトラコチェ(Huitlacoche) クイトラコチェ(Cuitlacoche) Maisbrand(トウモロコシ黒穂病) 黒い粉 胞子

Comment

アンジュまま  

夕陽と金色に染まるトウモロコシ畑は☆圧巻な景色だったでしょうね(灬º‿º灬)♡
うわわ、グロテスクとうもろこし(笑)初めて拝見しました(〃゚3゚〃)
ホコリタケなるものも初めて(•ө•)♡

トウモロコシの季節(灬º‿º灬)♡
子供の頃、山の畑で作っていて、収穫したてのものをすぐ湯がいて食べさせてもらたってたのを思い出します(〃゚3゚〃)
歯抜けの赤ちゃんのような歯並びのようなトウモロコシが柔らかくて好きでした(笑)

2020/07/25 (Sat) 07:43 | REPLY |   

野付ウシ  

こんにちわ。グロテスクなトウモロコシは、子供の頃に何度か見てます。(我が家は農家だったので)
それが何かは調べてもいないし親に聞いてもいませんでした。何かの病気だな..と思っただけです。
その頃は「トウモロコシ」という言い方もなくて「トウキビ」と言ってましたね。農家で育ったことが大人になって多くの場面で役立ってますよ。
街でそだったら絶対に経験できないことが多いですからね。高校を卒業してからは地方都市ながらも「街」で暮らしました。
今は何でもWebで調べられるし、凄い世の中になりましたね。

2020/07/25 (Sat) 08:57 | REPLY |   

ロッド  

病変のトウモロコシを食べるとは!
食通とはそういうものなんでしょうね。
気味が悪くて私には無理ですが、たぶん美味しいのでしょう。
日本では見たことがない病変です。

逆光では写真はダメですね。
私のカメラは逆光を自動補正するプログラムになっているはずですが、ほとんど効果なしです。
だから、写真を撮ったらその場で必ず確認します。
もし暗かったら+0.5とか+1.0に変更して撮り直します。場合によっては+2.0ということもあります。
納得いく出来になるまで何コマでも徹底的に撮り直します。
同じ被写体を1コマで終了という事は絶対にありません。
完全主義というか、執着性気質なんですよ(汗)
私のカメラには明るさを3段階に変えて自動的に3コマ撮る機能もあります。いつも手動で変えてるので使ったことないですけど、今度使ってみようかな。
アナログ人間なのでデジカメは苦手で、今のカメラは10年以上使ってるのに、まだわかりません。

2020/07/25 (Sat) 12:49 | EDIT | REPLY |   

alpenkatze  

ということは、これは意図的にそういうのが植えられてるのではなくて、
偶然に育ってしまうものなんでしょうか?
それにしてもどれもグロテスクで…、食べるのは…う~ん…な気持ちになりました(-∀-;)
恐ろし気な人の顔にも見えるなあ(・∀・;)

2020/07/25 (Sat) 14:46 | EDIT | REPLY |   

いとこいさん  

金色に輝くトウモロコシ畑 しかし 思わぬものが潜んでいて・・・・
かぐや姫さんのブログでも拝見してきましたが ちょっと食べる気にはなりません。
初めて食べる時は かなり勇気がいりそうですね。

2020/07/25 (Sat) 15:02 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/07/25 (Sat) 19:45 | REPLY |   

pil  

アンジュままさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

時間が違うと、景色も違って見えますね。
この時間のお散歩、クセになりそうです(*´艸`*)
見た目はグロテスクなんですけど、美味しいんだそうですよ(*^-^*)
歯抜けトウモロコシ(笑)、実家のトウモロコシにもたまにそういうのがありました。
スーパーではお目にかかれないトウモロコシですね(*´艸`*) 

2020/07/25 (Sat) 22:48 | REPLY |   

pil  

野付ウシさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

こんなトウモロコシをご覧になったことがあるんですね。
私の実家(兼業農家)でも昔はトウモロコシを栽培していましたけど、
見た覚えが全くなくて、今回衝撃を受けました。(笑)
畑仕事の手伝いをすることは、ほとんどなかったので、
もっと色々教わっておけばよかったな~と思ってます。
Webで調べられるのは便利ですよね。
あと、ブロ友さんから教えていただくことも多いです(*^-^*)

2020/07/25 (Sat) 23:06 | REPLY |   

pil  

ロッドさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

見た目はちょっと...ですが、美味しいみたいですよ。
日本でも発生するみたいなんですが、胞子が飛んでからでは厄介なようで、
見つけたら即焼却処分だとか。
だから目にする機会は少ないのかもしれないですね。

デジカメは、たまに設定を変えて撮影することもありますが、
いつまでたっても慣れなくて、シャッターを押すだけの時が多いです。
スマホでの撮影は、さらによくわからない。(笑)
今回少しだけ娘に教えてもらいましたが、1週間も使わなければきっと忘れてしまうでしょう(^_^;)
被写体がキノコの場合は、何コマもしつこく撮るんですけど(笑)、
景色の時はかなり適当だったりします(*´艸`*)

2020/07/25 (Sat) 23:22 | REPLY |   

pil  

アルペン猫さん、コメントありがとうございます(^▽^)/

黒穂菌に感染することで、こんな風に変形しちゃうそうなんです。
トウモロコシだと思うと、う~ん...なのですが、
キノコだと思うと心惹かれます(*´艸`*)
なんといっても『メキシコのトリュフ』ですから。
裂けて胞子が出てるのを見ると、食べ物とは思えないですけどね(^_^;)

2020/07/25 (Sat) 23:33 | REPLY |   

pil  

いとこいさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

そうですね、食べられるということを知ったから、
食べてみようかという気になりますが、
何も知らなかったら、食べようとは思わないかも...(^_^;)
初めて食べた人は、すごーーーく勇気のある人だったのでしょうね。

2020/07/25 (Sat) 23:39 | REPLY |   

pil  

🔓コメさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

見た目はグロテスクですけど、美味しい食材なんだとか。
メキシコのトリュフと呼ばれているそうですよ。
ドライクランベリーなら、アメリカ産のを見たことがあります。
確かジュースもあったと思います(*^-^*)

随分良くなったみたいですね。よかった~♪ 
悪いものをうまく排出できて、体が整ってきたのでしょうね(*^-^*)

2020/07/25 (Sat) 23:56 | REPLY |   

てかと  

さすが菌類のブログを書くだけあって造詣が深い。
見た感じこれ食えるの?って思いましたよ。
黒いっていうか、グロいっていうか。
味とかどうなんだろ。
あとアフリカ、南西アジア、中国、南米にバッタ被害とか
でてるって報道をみたけど、欧州はまだ平気なんですね。

2020/07/26 (Sun) 03:18 | REPLY |   

pil  

てかとさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

私も数か月前まで知らなかったんですよ。
かぐや姫さんのブログで写真を拝見した時は、
『なんじゃこれ~!?』と思いました。(笑)
お味、気になりますよね(*´艸`*)
ドイツでのバッタ被害は耳にしてないんですよ。
バッタが長距離移動することに驚いてます。

2020/07/26 (Sun) 07:54 | REPLY |   

かぐや姫  

本物、クイトラコチェはグロいですねぇ~(笑)
メキシコで食べられているものはシイタケ栽培のように
生産されたものでその辺のとうもろこしに生えたものとは違います。
食べられるおつもりですか。

昔の人は自然の中で食べられるものを見つけるしかなかったわけですけど
有毒なものも多く多分何人もの方がお亡くなりになったと予想しています。
(よく王様が食べる前に「毒味」係がいますよね)
こちらで有名なものとしてはユカ芋(キャッサバ)があります。
生状態では食べられません。煮る事で無害になります。

クイトラコチェのカビ云々の事は知りませんでしたけど
出来たらメルカード(スーパーでなく市場)、なければネットででも
売り物用に作られたものをお勧めします。
売り物でも中国製餃子で中毒。。とかもありましたし
韓国で?マッシュルームを生で食べてどうのこうのもありましたね。
ドイツやフランスでは知られているとあるので探せばきっとあると思います。

2020/07/26 (Sun) 10:10 | REPLY |   

なっつばー  

不思議~。
そしてちょっと見た目が・・・。(^▽^;)
コレが食用になるんですか?
う~~~ん、食レポは楽しみにしております。(笑)

2020/07/26 (Sun) 13:43 | REPLY |   

pil  

かぐや姫さん、コメントありがとうございます(^▽^)/

爆発するほどに育ったものは、かなりのグロさでした。(笑)
えええっ!菌を植え付けてクイトラコチェを栽培しているんですか!
だからあんなにギュウギュウに育っているんですね。
それほどまでに人気のある食材、ますます興味がわいてきました。

ただ、クイトラコチェに限らずですが、自然界には様々な毒がありますし、
安易な気持ちで食べるのは危険なことですね。
特にキノコには、致命的な毒をもつものも多いですから...
さらに調べてみたんですが、ドイツではトウモロコシ黒穂病は体に無害という見方が強いにもかかわらず、
食用キノコ(市場のキノコ)としては認められていないようなんです。
変異などがおきやすいのかも...と勝手な推察をしてみました。
クイトラコチェのお味見は、いつかまたメキシコに行った時のお楽しみにしようと思います。
チャンスあるかな~。あればいいな~(*^-^*)
色々ありがとうございました(^▽^)/

2020/07/26 (Sun) 15:46 | REPLY |   

pil  

なっつばーさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

見た目は、ちょっとどころか、かなり...ですよね(*´艸`*)
でも美味しいと聞くと、お味が気になっちゃって。(笑)
食レポ、いつかお届けしたいなぁ~。

2020/07/26 (Sun) 15:57 | REPLY |   

Leave A Comment