FC2ブログ

10月の森 キノコ色々

昨日、17時過ぎの西の空。
10月の景色


さらに数分後。
10月の景色
こんな色の空を見るのは久しぶりです。



10月の終わりも近付いて、やっと『探さなくてもキノコが目に付く』ようになりました。(嬉)
・ ・ ・ 21日撮影のキノコたちです ・ ・ ・

10月の森 キノコ カワラタケ属 10月の森 キノコ カワラタケ属
まだ生長途中のカワラタケの仲間。

10月の森 キノコ Stockschwämmchen(センボンイチメガサ)10月の森 キノコ Stockschwämmchen(センボンイチメガサ)
苔むした切り株から生えていたのはセンボンイチメガサ。
傘の中央部分と柄の上の部分の色が薄くて、柄にはササクレ...けっこう自信はあるんですよ。
一度お味見したこともあり、なかなかおいしいキノコでした。
でも、猛毒菌のコレラタケにそっくりだそうで...もしものことがあるといけないので観察のみ。
同じ切り株に、いくつか別の種類のキノコが発生することはよくありますからね。
上の写真のどちらの切り株にも、ニガクリタケ(毒)らしいキノコが生えていました。

10月の森 キノコ Hallimasche(ナラタケ属) 10月の森 キノコ Hallimasche(ナラタケ属)
㊧と㊨、どちらもナラタケ属には違いないはずですが、同じ種類なのかしら?
う~ん、よくわからない...と思いながらも、右は収穫。(笑)

10月の森 キノコ Sparriger Schüppling(スギタケ) 10月の森 キノコ Goldfell-Schüppling(ヌメリスギタケモドキ)
㊧去年と同じブナの木から生えていたスギタケ(毒)
㊨奥のオレンジ色のは、ヌメリスギタケモドキ(食)か、それともコヌメリスギタケ(毒)か。
この倒木が朽ちていて正体不明なのが、同定に自信が持てない原因です。
図鑑によると、広葉樹ならヌメリスギタケモドキですが、針葉樹ならコヌメリスギタケ。
コヌメリスギタケは、スギタケと同じく胃腸障害を引き起こす危険があるそうです。

10月の森 キノコ Beringter Schleimrübling(ヌメリツバタケ) 10月の森 キノコ Beringter Schleimrübling(ヌメリツバタケ)
ヌメリツバタケは、プルルンとしてかわいらしいんですよね~ 
毎年見るのを楽しみにしているキノコです。
一度だけ食べてみましたが、それ以来は食べていません。

10月の森 10月の森 キノコ Gold-Röhrling(ハナイグチ)
針葉樹の林は、苔の絨毯でふっかふかです。
そんな中から姿を現していたのがハナイグチ。
ヌメリがあって美味しいので、もちろん収穫しました。

10月の森 キノコ 10月の森 キノコ Falscher Pfifferling(ヒロハアンズタケ)
㊧不明菌 ㊨ヒロハアンズタケ

10月の森 キノコ 不明菌  10月の森 キノコ 不明菌 
㊧㊨ともに不明菌

10月の森 キノコ Schopftintling(ササクレヒトヨタケ) 10月の森 キノコ Schopftintling(ササクレヒトヨタケ)
林道脇に並んで生えていたササクレヒトヨタケ。
最後は㊨のように解けて、墨のようになってしまうキノコですが、
傘が開く前は食べられるようです。おいしいのかな?

10月の森 キノコ Rosa Rettichhelmling(サクライロタケ)  10月の森 キノコ Rosa Rettichhelmling(サクライロタケ) 
かわいらしい色のサクライロタケ

10月の森 キノコ Grünblauer Anistrichterling(アオイヌシメジ)10月の森 キノコ Grünblauer Anistrichterling(アオイヌシメジ)
アオイヌシメジ、こんな色のキノコは珍しいですよね。
ドイツではアニスの香り、日本では桜餅の匂いがすると言われているようですが、
匂いを確認しなかったんですよね~。あ゛~残念!

キノコの写真はまだまだありますが、今日はこの辺で。
最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました!


関連記事

キノコ Stockschwämmchen(センボンイチメガサ) Hallimasche(ナラタケ属) Goldfell-Schüppling(ヌメリスギタケモドキ) Hochthronender-Schüppling(コヌメリスギタケ) Rosa-Rettichhelmling(サクライロタケ) Grünblauer-Anistrichterling(アオイヌシメジ) Beringter-Schleimrübling(ヌメリツバタケ) Gold-Röhrling(ハナイグチ) Falscher-Pfiff

Comment

ピオの父ちゃん  

わたしもキノコを見つけては裏返して甲虫を探してますが、今年は少ないです・・・v-393

2020/10/27 (Tue) 22:32 | REPLY |   

ロッド  

ハナイグチがとれましたか。
こちらではもうイグチ類のシーズン終了でシメジ類の季節になりました。
今年はキノコが多いので、知らない種類もたくさん出ています。クリタケの巨大なやつ。クリタケと外観は同じなんですが、怖いです。
やっぱりクリタケ似で、もっと綺麗でとても美味しそうなんですが、これもダメ。
食用のエセオリミキかもしれませんが。

センボンイチメガサは、もし見つけたら私も敬遠です。
慣れ親しんだクリタケならわかりますが、他のはスルーです。
コレラタケは裏のヒダが茶色っぽいですよね。それならよく見かけます。
普通ならこんなのを食べる人はいないと思うんですが、
これを誤食した中野市の家族はエノキ栽培用のおがくずから生えたのでエノキと思い込んでしまったのです。

スギタケは私の図鑑には載っていません。ツチスギタケとムジナスギタケなら食用になっていますが「よく煮ること」と注意書きが。消化に悪いのでしょう。
コヌメリスギタケも載っていませんが、写真で見た感じこれは食用にはなりません。形が違います。
ヌメリスギタケなら丸っこい形をしていてもっと大きいし、ヌメリスギタケモドキならもっとずっと大きいです。

2020/10/28 (Wed) 02:35 | EDIT | REPLY |   

pil  

ピオの父ちゃんさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

雨が多いからか、甲虫よりもナメクジがどっさりですよ~。(笑)

2020/10/28 (Wed) 07:56 | REPLY |   

pil  

ロッドさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

今年はイグチが少ないです。
もうムラサキシメジのような晩秋のキノコも出てきましたし、
このまま終わっちゃうのかもしれません(´-∀-`;)
センボンイチメガサ、コレラタケにとても似ているそうですが、
他にもヒメアジロガサという猛毒菌のそっくりさんがいるとか。
恐ろしいそっくりさんがいる場合は、避けるが無難ですね。

スギタケに似たキノコも多いみたいですね。
ヌメリスギタケに似たものも色々あるみたいで、ネットで検索してもよくわからない💦
特にヌメリスギタケとヌメリスギタケモドキの違いが謎です。(笑)
でも、どちらも食用菌なんですよね?
昨夜も、ネットで色々調べていたら、学名の違う似たキノコがわんさか出てきて、
さらに謎が深まってしまいました(;´Д`) 

2020/10/28 (Wed) 08:46 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/10/28 (Wed) 08:57 | REPLY |   

野付ウシ  

こんにちわ。一気に出てきたようですね。こちらはほぼ終わってますが..。
「コヌメリスギタケ」は初耳です。北海道のキノコ辞典には名前ありませんね。ヌメリスギタケモドキは今年二度採ったのみですが、好きなキノコです。ナラタケは本州だと「ナラタケ」と「ナラタケモドキ」で大雑把に分けていますが、北海道では6種類に分類されています。画像はなんだろう..左は「コバリナラタケ」かな?右は「ホテイナラタケ?」イマイチ柄が見えないので判断難しいです。
ちょっとの散歩でこれだけ見られたら楽しいでしょうね。

2020/10/28 (Wed) 08:58 | REPLY |   

ロッド  

ヌメリスギタケなら今食べてるところです。
ナメコとほとんど同じで、和食向けでとても美味しいですよ。
これに似た毒キノコはないので安心です。最初見たときは外観が不気味なのでスルーしましたが。
モドキとの違いは大きさです。モドキのほうはかなり大きく(10cmぐらいに)なりますが、モドキじゃないほうは5cm程度です。小さくても肉厚です。貧弱なのは別種です。
あまり小さい3cm以下のは別種の毒キノコかもしれないので要注意です。

2020/10/28 (Wed) 09:27 | EDIT | REPLY |   

mee  

pilさん、こんにちは。
すごーい!!!pilさん、キノコのお祭りみたいですよ^^♪
トゲトゲしていたり、ヌメヌメしていたり、大きさも形も色もこんなにたくさんの種類を一気に見られて興奮してます^^
溶けて墨のように真っ黒になるキノコもあるんですね~。
ほんとの豊かな森で、こんなにたくさんのキノコに出会えて羨ましいです^^/

2020/10/28 (Wed) 10:23 | REPLY |   

pil  

🔓コメさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

随分日が短くなりましたね。
暗くて長い冬の訪れを感じています。
娘の引っ越しのことがあって、ちょっとバタバタしてますが、
森のお散歩だけは何が何でも行きたいので(笑)、家事は超手抜きになっております~(^▽^;)
マツタケに黒トリュフ💛いいですね~(*´▽`*)
マツタケは無くてもトリュフは森のどこかに隠れていないかしら。
いつもありがとうございます(*^-^*)

2020/10/28 (Wed) 12:56 | REPLY |   

あっきょ  

おぉ~本領発揮ですね🎵
壮観です。
最後のは桜餅と言うよりも草餅みたいな・・・見た目。
こちらの方も徐々にキノコ類が目に付くようになってきました。
今年はキノコ図鑑を買って勉強してみようと思っています🎵

2020/10/28 (Wed) 13:03 | REPLY |   

pil  

野付ウシさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

色々出てきましたけど、毎年沢山採れるイグチの仲間が見当たらないんですよ。
ネットで調べたところ、学名 Pholiota limonella の和名が『コヌメリスギタケ』のようです。
調べていると他にも色々そっくりさんが出てきて、頭が混乱しています。(笑)
ナラタケも、いくつかの種類があるようですが、私には判別が難しいです。
ただ、ナラタケの仲間だというのだけはわかるので収穫していますが(*´艸`*)
収穫したキノコは少しでしたけど、元気なキノコの姿にワクワクが止まりません(*^-^*)

2020/10/28 (Wed) 13:10 | REPLY |   

pil  

ロッドさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

私も何年か前までは、ヌメリスギタケ(もしくはモドキ)を見ても、スルーしてました。
すっごく目立っているのに、誰にも見向きもされないなんて怪し過ぎる~!って、思ってたんです。(笑)
でもある日、ブロ友さんにおいしいと教えていただいて、食べてみたら本当に美味しくて、
今ではすっかりファンです(*´艸`*)
なんといっても食感がいいですよね!
ただ、こちらには似た毒キノコがあるようなので、原木が広葉樹と判別できる時のみ収穫しています。
数日前は、ブナの倒木から沢山生えているのをいただいて帰ってきました(*´▽`*)
モドキの方が大きいのですね。教えていただきありがとうございます。
ということは、収穫できたのはヌメリスギタケだと思います(*^-^*)

2020/10/28 (Wed) 13:22 | REPLY |   

pil  

meeさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

色んな姿や色のキノコがあって、本当に楽しいんですよ~♪
次々とキノコが目に入るんで、なかなか森の奥へと進めないんです。(笑)
今年は美味しいキノコの収穫は少ないですが、
沢山の元気なキノコの姿を見ることができて喜んでいます(*^-^*)

2020/10/28 (Wed) 13:31 | REPLY |   

pil  

あっきょさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

10月の終わりも近くなって、一気に姿を現しました~(*´▽`*)
草餅...確かに。(笑)
その上のキノコの方が、色的には桜餅ですよね。
キノコは楽しいですよ~。
ワンちゃんたちに、トリュフ犬として頑張ってもらうというのはいかがでしょう。

2020/10/28 (Wed) 13:37 | REPLY |   

いとこいさん  

キノコさんのオンパレードですね
まぁこれだけたくさんのキノコの種類があるもんですね。
楽しくなられるのがわかりますが 毒もあるので 怖いですね。

2020/10/28 (Wed) 14:32 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/10/28 (Wed) 16:16 | REPLY |   

pil  

いとこいさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

いろんな色や形のキノコがあって、見ているだけでも楽しいんですが、
美味しいキノコを見つけた時は、嬉しさ倍増です(*´艸`*) 
毒キノコは怖いですよ~。

2020/10/28 (Wed) 22:09 | REPLY |   

pil  

🔓コメYさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

図鑑とにらめっこしたり、キノコ好きで詳しいブロ友さんから色々教えていただいたりして、
少しづつですが、見分けられるキノコが増えてきました(*^-^*)
見るのも食べるのも、キノコが大好きなので、今の季節の森の散策が一番楽しいです♪

2020/10/28 (Wed) 22:22 | REPLY |   

アンジュまま  

桜餅のかほりのきのこ🍄気になりますね〜(ʘᴗʘ✿)緑色がまた不思議な感じで(◕ᴗ◕✿)
サクラ色のようなきのこやぷるんとしたきのこなど愛らしい姿が印象的です( ꈍᴗꈍ)
我が家は毎日と言うほど椎茸、エノキ、エリンギと代わる代わる食べてます〜(。•̀ᴗ-)✧

ハロウィン前にウマウマほとんどないです(笑)どうしましょ(≧▽≦)

2020/10/29 (Thu) 14:15 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/10/29 (Thu) 14:16 | REPLY |   

pil  

アンジュままさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

森のお散歩では、いろんなキノコに出会えてすごく楽しいです(*´▽`*)
シイタケ、エノキ、エリンギ、どれも食べた~い!
日本はキノコが豊富でいいですよね~。

美味しそうすぎて待ちきれない気持ち、わかります(*´艸`*)

2020/10/29 (Thu) 23:36 | REPLY |   

pil  

🔓コメYさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

いろんなキノコがありますよ~♪
その中で私が見分けられる食べられるキノコは、ほんの数種類だけです。
詳しい方から、実物を見ながら教わりたいんですけどね、
身近にそういう人がいらっしゃらないのが残念です。
こちらでは、日本のようにいろんな種類のキノコがスーパーにないので、
今の時期の森のキノコは貴重です(*^-^*)

2020/10/29 (Thu) 23:43 | REPLY |   

かぐや姫  

そちらの森はさながらキノコの博物館になってるんですね。👀
白っぽいものやピンクのものはきれいだな~で見ると思いますが
アオイヌシメジは「シメ」でなく「ジメジメ」(笑)
まさにフランスのTVアニメだったと言う「ピトゥーフォ」(宇宙人)にぴったりです。

2020/10/31 (Sat) 22:45 | REPLY |   

pil  

かぐや姫さん、コメントありがとうございます(^▽^)/

いろんな色や形のキノコが生えていて、森の散策が楽しいです♪
青や緑って珍しいですよね。
ピトゥーフォ、きっとスマーフのことですね。
こちらではシュルンペという名前で親しまれています。
そうそう、確かキノコの家に住んでいるんですよ🍄
全身青の不思議なキャラクターですね。(笑)

2020/11/01 (Sun) 07:58 | REPLY |   

Leave A Comment