FC2ブログ

白いエノキタケって?

タイトル通り、またエノキタケの話です。(笑)

エノキタケに限らずですが、市販されているキノコは、
『菌床』を使って栽培されているものが多いですね。

7年前、帰省した際に、キノコの栽培施設を見学させていただいたことがあるのですが、
ズラリと並んだプラスチック(ポリプロピレン製)の瓶から、
キノコちゃん達がニョッキニョキで、
「このかわいこちゃんたちをずっと愛でていたい💛」
「ひとつひとつヨシヨシしてあげたい💛」
と、テンション上がりっぱなしだったことは言うまでもありません。

ナメコ栽培
ナメコちゃん🍄

今ではすっかり定着している、この『瓶を使った菌床での栽培法』は、
フランス・アメリカでマッシュルームの栽培を学んだ森本彦三郎 氏が、
おがくず等を入れたガラス瓶でのシイタケ栽培(1927年)と、
エノキタケの栽培(1928年)を発表したことに始まったようです。

同じ頃、長野県では、中学校の生物学教諭が瓶を利用したエノキタケの栽培を試み、
学校で生徒に教えていたのだとか。
熱心というか、ユニークと言うか、私もそんな先生に教わりたかった~!

その生物学教諭、長谷川五作 氏によって、長野県に広まったエノキタケの瓶栽培は、
1931年には、山寺信 氏によってさらなる発展を遂げます。

ナメコ栽培
ナメコちゃん🍄

現在のエノキタケ栽培における重要な工程『紙巻き』は、
山寺信 氏によって考案されました。

キノコが発芽し、瓶の口から数センチ伸びた時に、紙(今はプラスチック製)を巻くことで、
紙の内側で良い湿度が保たれるとともに、
生長を阻害するCO₂濃度が高くなり、傘が大きく育たず柄が伸びるので、
あの細くて長いキノコに生長し、整った束状になるんですね。

エリンギ栽培
エリンギちゃん🍄

そしてエノキタケの白い色、
これは光に当てずに育てているからだと思っていたのですが、
それは間違いで、キノコを製造する企業によって研究開発されたものでした。

瓶を使った人工栽培のエノキタケが、一般に普及するようになったのは、
戦争の影響や特許の関係で、1960年代になってから。

その頃は、光を当てずに栽培することで、
白いキノコ(実際にはクリーム色)を生産していたようですが、
栽培管理が容易ではない上に、店頭で光に当ったエノキタケは黄褐色に色付いてしまう。

シメジ栽培
ブナシメジちゃん🍄

「どうして白いエノキタケに人気があったのか?」その辺のところはわかりませんが、
光に当てても色が付かない白いエノキタケを開発することは、
キノコを製造する業界にとっては大きな課題だったそうです。

エノキタケの栽培を続ける中で、色の薄い白っぽい株を交配し、
その中からまた白い株を選び出して交配する...
この作業を繰り返すことで開発されたのが、
現在スーパーに並んでいる白いエノキタケなのです。

シメジ栽培
ブナシメジちゃん🍄

その白いエノキタケの開発に成功した企業は、
その後も研究を重ね、数多くの美味しいキノコを開発されています。
新品種の開発だけでなく、薬理効果の解明にも力を注いでいるそうですよ。
素晴らしいですね~

関連記事

キノコ栽培 エノキタケ 瓶を使った菌床栽培

Comment

ピオの父ちゃん  

一昨年の暮れに切り倒したコナラに椎茸菌を植えて薮の中に放り込んでおきました。この冬にやぶを刈っていたらできすぎでクラゲ状態になった椎茸を多数発見! そうだ! オレ! 椎茸作ってたんだ! と思い出したのでした・・・v-390

2021/02/22 (Mon) 21:48 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/02/23 (Tue) 01:38 | REPLY |   

ロッド  

興味深いお話でした。
私の地元ではエノキなどの栽培がとても盛んですが、こんな詳しいことは知りませんでした。
昔は農家が個人でやっていましたが、今は大規模な工場で作られています。
pilさんもそういう所に見学に行ったのですね。
エノキは割と簡単らしいですが、最近の新種キノコは温度や湿度を厳密にコンピュータ管理する必要があるそうです。
他の菌が侵入しないように滅菌技術もとても重要だそうです。
それにしても大正末期から昭和初期にすでに栽培技術が確立していたという話は初めて知って驚きました。

ホームセンターに栽培キットが売られているので、pilさんもチャレンジしてみたらいかがでしょう?

2021/02/23 (Tue) 03:51 | EDIT | REPLY |   

pil  

ピオの父ちゃんさん、おはようございます(*^-^*)

シイタケがクラゲ状態www
藪の中からお宝発見でしたね(*´艸`*)

2021/02/23 (Tue) 08:52 | REPLY |   

野付ウシ  

こんにちわ。エノキを始めとした栽培キノコは、貴重な栄養とともに手軽に食べられることで普及したのでしょう。
天然のキノコをたくさん食べる身にしてみると、一部のキノコを除き、風味がイマイチ感じられないんですよね。
種類も増えてスーパーではたくさん見られるようになりましたよね、数年に1-2種程度かもしれませんが。
エノキはそのまま鍋や煮物に入れると、葉に挟まったり、飲み込む時に危険だったりで個人的には嫌いな栽培キノコです。
簡単に噛み切れないままで飲み込もうとすると、一部は口内に残り一部は喉の奥へ・・・むせちゃったり、誤嚥が起きそうに感じるんですよ。
まぁ個人的なことですけどね。栽培と言えば椎茸は凄く進化していて、刺し身でも食べられるような高級なものも出ていますね。
私の住む地域の隣町でも栽培しています。

2021/02/23 (Tue) 08:56 | REPLY |   

pil  

🔓コメさん、おはようございます(*^-^*)

キノコの壁が迫って来るようで、迫力ありました~(*´艸`*)
食用キノコの研究開発と栽培技術、
今では日本が世界のトップだと思うんですよ。
日本人のキノコ愛が、この業界を世界トップに押し上げた、
そう考えると感動です(*^-^*)
さらなる発展が期待できますね!!!

2021/02/23 (Tue) 09:32 | REPLY |   

pil  

ロッドさん、おはようございます(*^-^*)

日本で栽培されているエノキタケの60%は、
長野県で生産されているそうですよ。凄いですね!
見学させていただいた施設は、たぶんキノコを栽培する施設としては、
大きくはなかったと思うんですけど、
菌床の滅菌をするための機械は大きかったです。
そこではエノキの栽培はされていませんでしたが、
『紙巻き』が必要なエノキ栽培は、他のキノコの栽培に比べ、
手間がかかるからなのでしょうね。
それなのに、スーパーのエノキタケってお安いですよね?
こちらでも大きなスーパーやアジアンショップで買えるようになりましたけど、
日本のより小さな束が150~200円する高級品です。

栽培キット、ホームセンターでも販売されているんですね。いいなぁ~。 
キノコの栽培は、何年も前に独自にチャレンジしたことがあるんですけど、
失敗に終わってしまいました。
でも再挑戦しようかと考えていたところなんですよ~(*^-^*)

2021/02/23 (Tue) 10:18 | REPLY |   

pil  

野付ウシさん、おはようございます(*^-^*)

日本のスーパーでは、種類豊富なキノコが並んでいて、
日本人の食卓には欠かせない食材になってますね。
エノキタケですが、うちの娘もむせて大騒ぎになったことがあります。
歯の矯正のために、特殊な金属を上顎部分に取り付けていた頃のことなんですけど、
そこにエノキがひっかかって、むせて...
それ以来、長いことエノキを嫌がってたのを思い出しました。
こちらでエノキを買うことは、めったにありませんでしたけど(^_^;)

新鮮なシイタケは美味しいですよね~♪
随分前に、マルクトで生シイタケを買ったことがあるのですが、
全然美味しくなくて(高かったのに!)、それ以来一度も買っていません。
ホイル焼きのシイタケが食べたくなってきました。

2021/02/23 (Tue) 10:43 | REPLY |   

alpenkatze  

すごい、こういう施設の見学までされてたんですね!
キノコ好きが徹底されてて感心しました!
スーパーに並んでるキノコも、私が小さい時はしめじかえのきくらいと種類もあまりなかったように記憶してますが、エリンギやらブナピーやらはそれ以降ずいぶん経ってからですよね??
こうやっていろいろと研究されて、そして市場に美味しいキノコが出回るようになるんですね!
ありがたや~~♪

2021/02/23 (Tue) 15:18 | EDIT | REPLY |   

pil  

アルペン猫さん、こんばんは(*^-^*)

両親と一緒に旅行した先で、近くにこの施設があることを知り、
新鮮なキノコを買うのが目的で行ったら、施設まで見学させていただけたんです♪
キノコのお導きでした(*´艸`*)
そうですよね。いつの間にかスーパーに並ぶキノコの種類が増えていますよね。
美味しいキノコが年中食べられるって、ほんとありがたいですよね(*^-^*)
ドイツでもキノコ栽培がもっと盛んになってくれればいいのに~。

2021/02/23 (Tue) 20:54 | REPLY |   

いとこいさん  

すごい
写真を見てビックリしました
良く研究 実験された先生 素晴らしい 大発見ですね。
スーパーで並ぶキノコちゃん達を想像して ニッコリです。
ありがとうございます。
自然とは大違いの環境 間違いなく大切に育った お坊ちゃま お嬢ちゃまたちなんですね。

2021/02/24 (Wed) 06:09 | REPLY |   

あっきょ  

キノコ博士

さすがはpilさん。
大変勉強になりました。
本当にキノコって奥が深過ぎですね。
私的にはpilさんは、もはや「さかなクン」と同レベル。
キノコの被り物をして「ギョギョ~ッ!」ならぬ・・・
何がいいですかね。。。
ところで、以前の粘菌の記事も凄かったですね。
粘菌の被り物は・・・ちょっと怖いな(-_-;)

2021/02/24 (Wed) 13:02 | REPLY |   

pil  

いとこいさん、こんばんは(*^-^*)

キノコの壁を見た時は、私も『凄ーい!』の連発でした(*´艸`*)
『お坊ちゃま お嬢ちゃまたち』
そんな風に考えたことがなかったけれど、その通りですね!
これからスーパーでキノコを見るたび、この言葉が頭に浮かぶと思います(*´▽`*)

2021/02/24 (Wed) 17:57 | REPLY |   

pil  

あっきょさん、こんばんは(*^-^*)

キノコ博士なんて呼んでもらえるレベルでは全くないです。
でも、志は高く!ですね(*^-^*)
さかなクンのことは、よく知らないのですが、
キノコの被り物? 被りたーい!(笑)
「ギョギョ~ッ!」の代わりに「ピルピルピルー」とか?
いや、これじゃカルンジャーの悪役にされてしまいそうな。(笑)(笑)

2021/02/24 (Wed) 18:12 | REPLY |   

tugumi365  

とってもお勉強になりました。
これからはスーパーで見る「きのこちゃん」に熱い視線を送ります。

エリンギやブナシメジは食感が好きで良く買いますが
薬効の研究にも期待します。

2021/02/24 (Wed) 22:47 | REPLY |   

pil  

tugumiさん、おはようございます(*^-^*)

エリンギは特に食感が良くて、美味しいですよね♪
美味しいだけでなく、健康食品としての効能がさらに解明されれば、
さらにキノコファンが増えそうですね(*´艸`*)
キノコちゃんに熱い視線💛 嬉しいです~!

2021/02/25 (Thu) 08:16 | REPLY |   

クーママ  

キノコの壁!!
凄すぎて舞い上がっちゃいますね!

企業のご努力もたいへんなものでしょうし、
いつでも安価に食べられて、有難いですよね!
こんな勉強させて貰えるとは!
ありがとうございます!

2021/02/26 (Fri) 09:28 | REPLY |   

pil  

クゥーママさん、こんにちは(*^-^*)

はい~♪
迫ってくるキノコの壁に圧倒されました~(*´▽`*)
これを見た影響で、キノコの栽培をしたいと思って、
試したんですけどね、失敗に終わってしまいました(^_^;)
こちらでもスーパーに並ぶキノコの種類が増えつつありますが、
日本に比べると全然で、日本の企業はやっぱりすごいです~。

2021/02/26 (Fri) 15:27 | REPLY |   

Leave A Comment