fc2ブログ

5月の森 ヒメマイヅルソウ

先週は25℃を超える日が続き、木曜日の最高気温は30℃でした。
今日の最高気温は25℃、雲の多いお天気で、通り雨もあり、
その後に太陽が姿を現すと、ムシムシと気温以上に暑く感じました。
お隣の国フランス中部では、巨大なひょうが降ったとか...
ゴルフボールよりも大きな氷の塊が、空から降って来るなんて怖すぎる💦

 

15日(日曜日)、今シーズン最後のワラビの収穫に行ってきました。

5月の森
この日の最高気温は22℃、歩くにはちょうどいい感じ。

5月の森 Gallapfel(タマバチの一種の虫こぶ)
大きくて綺麗なヨーロッパナラの葉っぱを物色していたら、虫こぶを見つけました。
前に見たもの(→)に比べると小さめだけど、形は同じでコロンと球状。

5月の森 ワラビ 5月の森 ワラビ
いつもの場所のワラビは、葉っぱを大きく広げ、腰の高さまで生長していて、
こうなるとマダニが怖くて中に分け入ることができないので、別の場所に移動。
もしかしたら収穫はムリかも...と諦めかけたのですが、
両手でつかめるほどの量を収穫でき大満足でした

足取りも軽く、次はマイヅルソウの群落のある場所へ。

5月の森  5月の森 スミレ
㊧沢山落ちていたこれは、ブナの雄花かな?
㊨スミレ なんという名前なのか調べてみたのですが...諦めてしまった。(笑)

5月の森 Zweiblättrige-Schattenblümchen(ヒメマイヅルソウ) 5月の森 Zweiblättrige-Schattenblümchen(ヒメマイヅルソウ)
ちょっと遅いかなと思ったのですが、ヒメマイヅルソウ、咲いてました~

5月の森 Zweiblättrige-Schattenblümchen(ヒメマイヅルソウ)
今年はワラビの収穫期もお花の見頃も、例年より早いです。

5月の森 Maiglöckchen(スズラン) 5月の森 Goldnessel(キバナオドリコソウ)
㊧スズラン ㊨キバナオドリコソウ
1週間早く来ていたら、もっと沢山咲いているのを見られたのだと思います。

5月の森 5月の森 Wald-Erdbeere(ワイルドストロベリー)
㊨ワイルドストロベリーの白い花

5月の森
歩いているうちに汗ばみましたが、
小川の側でじっとしていると、すーっと汗がひいていく感じがしました。

5月の森 Gammaridea(ヨコエビ)
今年もヨコエビ君が大繁殖だわぁ~。

5月の森 Kriechender-Hahnenfuß(ハイキンポウゲ) 5月の森 Kriechender-Hahnenfuß(ハイキンポウゲ)
キンポウゲ(たぶんハイキンポウゲだと思う)の群生地。
奥に茂っているのはイワミツバです。

以前はここに沢山のタネツケバナが生えていたんですけど(もう少し早い時期に)、
数年前から全く姿が見えなくなりました。
イワミツバとキンポウゲの繁殖力には勝てなかったのかな。

関連記事

Gallapfel(タマバチの一種の虫こぶ)Zweiblättrige-Schattenblümchen(ヒメマイヅルソウ)Maiglöckchen(スズラン)Goldnessel(キバナオドリコソウ)Wald-Erdbeere(ワイルドストロベリー)Gammaridea(ヨコエビ)Kriechender-Hahnenfuß(ハイキンポウゲ)

Comment

いとこいさん  

お散歩日和の気温 気持ちいいですね
わらびも収穫できよかったですね。
マダニだけは お断りですね。
たくさんの可愛い花 スズラン ワイルドストロベリーも普通に自然に
咲いているとは とてもビックリです。

2022/05/24 (Tue) 03:32 | REPLY |   

野付ウシ  

こんにちわ。「ヒメマイヅルソウ」と特定できるものは見ていません。
普通のマイヅルソウばかりですね。もしかしたら混在していたかもしれませんが。
見てすぐわかる違いでないと、果たして別物はという疑いはあっても確信は持てないですね。
ずいぶんと気温が高めのようですが、そのまま夏へ突入でしょうか。
こちらも平均して気温は高めで、花たちがずいぶん早めの開花をしています。
週末からの予報では雨がちの日々が続きそうですが、今度こそ本当に降るかな?

2022/05/24 (Tue) 08:23 | REPLY |   

凸凹ダック  

マイヅルソウ

ヒメマイヅルソウ、日本のマイヅルソウよりずっと花付きが良いのですね。
ちょうど一昨日、山中湖近くの三国峠でマイヅルソウを見てきたばかりでした。
ひっそりとヒメイチゲに混じって咲いていました。

2022/05/24 (Tue) 12:33 | REPLY |   

ロッド  

ヒメマイズルソウ、和名があるということは日本にもあるのでしょうか?
魅力いっぱいの花ですね。
スズランも野生の物は見たことありません。きわめて稀らしいです。
庭などに植えられている物はドイツスズランですね。

清らかな小川があるって本当に恵まれた環境だと思います。
この水はどこから来るのでしょうね。

一番下の黄色いキンポウゲ科の花、葉っぱを見るとなるほどキンポウゲですね。
こちらにあるニリンソウそっくりです。花の色を白くすればニリンソウとほとんど同じです。

前回の記事の水鳥の雛たち、可愛いですね。
うちの庭でもコガラ(大福餅のような色の可愛い小鳥、数が少ない)の雛が生まれました。もうすぐ(明日かな?)巣立ちです。3羽います。もう親と同じ大きさで、すごい食欲で親鳥は大忙しです。
雛がいるのは3日前に初めて気づいたんですよ。
そしたら、もう下で蛇が狙ってました。偶然ですが運良く事前に見つけたので駆除できました。しかしまた次の蛇が来るかもしれません。どうやって巣の場所を知るのか?? すごい能力です。
良い写真がたくさん撮れました。まだ古いほうのカメラを使っています。

2022/05/24 (Tue) 15:06 | EDIT | REPLY |   

pil  

いとこいさん、こんにちは(*^-^*)

スズランの花を見るには、ちょっと遅かったのですが、
他のお花やお目当ての収穫もあって、楽しく散策できました(*^-^*)
これからの季節、マダニがさらに活発になるので、
対策だけはしっかりせねばと思ってます。

2022/05/24 (Tue) 18:02 | REPLY |   

pil  

野付ウシさん、こんばんは(*^-^*)

ヨーロッパにマイヅルソウは自生していないようなので、
これまでは『マイヅルソウの近縁種』と書いていましたが、
ドイツ名から学名、そして学名から和名の『ヒメマイヅルソウ』にたどり着きました。
日本のマイヅルソウを見たことがないので、見た目での違いは正直全くわかりません(^_^;)
もうこのまま夏に突入かと覚悟したのですが、
週間天気予報を見ると、週末は寒くなるみたいで最高気温が15℃...
暑くなったり寒くなったりが続くのかもしれません(-_-;)

2022/05/24 (Tue) 18:36 | REPLY |   

pil  

凸凹ダックさん、こんばんは(*^-^*)

日本のマイヅルソウより花付きが良い感じですか?
実は私、日本のマイヅルソウの実物を見たことがないので、違いが判らないんです(^_^;)
こちらで呼ばれている名前から、学名、和名と辿ったら『ヒメマイヅルソウ』だったのでそう書きましたが、
違っていたらごめんなさい💦
ヒメイチゲも見たことがないのですが、マイヅルソウと同じ時期に咲くのですね。

2022/05/24 (Tue) 19:04 | REPLY |   

pil  

ロッドさん、こんばんは(*^-^*)

マイヅルソウとヒメマイヅルソウ、とてもよく似ているみたいですが、
日本でヒメマイヅルソウは、本州中北部と北海道に分布しているようですよ。
葉っぱも可愛らしく、小さく目立たないお花ですがとても魅力的ですよね♪
スズランは森に沢山自生しているので、こちらではベアラオホと間違えないようにと、
注意喚起されています。
この小川の水源、きっと湧き水なんでしょうね。
もの森の中にも水の湧き出ている場所が数ヶ所あるんですよ。

コガラのヒナ、かわいらしいでしょうね♪
お写真楽しみにしています(*^-^*)
巣立ちの日まであともう少し、それまで無事でいてくれますように。
ヘビも生きていくため...とわかっていても、
小鳥の卵やヒナを狙っているのを黙って見過ごせませんね。
ほんとにヘビだけはダメなんです💦

2022/05/24 (Tue) 20:13 | REPLY |   

かぐや姫  

最近ヒトリシズカの群落を紹介している方がいましたが
ヒメマイズルソウの群落も爽やかな感じで良いですね。
花姿はヤブミョウガを小型にした感じだけど何か関係は?(ないでしょう。笑)
キンポウゲはこんなに群れになる事に驚きです。
道東には同じ科のウマノアシガタとかしかないけど
背が低くて花が大型、他のキンポウゲの可能性がありそうですね。
たくさん野草が咲いていて楽しい散策が出来る時期ですね。

2022/05/24 (Tue) 23:31 | REPLY |   

aoikesi  

ヒメマイズルソウが見られるんですね。
こちら、宮城県では一ヶ所だけ確認されている地がありますが、昨日も行ってみたけど葉だけで花がついていませんでした。
普通のマイズルソウは普通にみられます。

2022/05/25 (Wed) 01:02 | REPLY |   

pil  

かぐや姫さん、おはようございます(*^-^*)

ヒトリシズカ、私も訪問先のブログで拝見して素敵なお花だなって思ってました。
名前も良いですよね(*^-^*)
最後の黄色いお花の咲いている場所は森の入口の小川の側で、
以前は他の植物も生えていたのですが、
今ではイワミツバとキンポウゲのせめぎ合いになっているみたいです(^_^;)
キンポウゲは種類が多いし、どれも似ているので難しいですね。

2022/05/25 (Wed) 06:47 | REPLY |   

pil  

aoikesiさん、おはようございます(*^-^*)

マイヅルソウなのかヒメマイヅルソウなのか...
ごめんなさい自信がないです💦
こちらに自生しているこのこの種の花の学名が『Maianthemum bifolium』なので、
ヒメマイヅルソウだと思うのですが...

2022/05/25 (Wed) 07:26 | REPLY |   

なっつばー  

森の中はひんやりした感じに見えます。
気持ち良さそうだけど、マダニも気を付けなくてはいけないんですね。
わんこにはマダニの予防薬があるのに、なぜ人のは無いんだろう~~。
刺されたくないですよね。(◞‸◟)
ワイルドストロベリーも自生しているんだ~。
小さいけれど熟した実は甘いですね。
家には少ししかないので、もっぱらわんこのおやつです。

2022/05/25 (Wed) 18:07 | REPLY |   

pil  

なっつばーさん、こんばんは(*^-^*)

特に小川の側は、ヒンヤリ気持ちがいいですよ♪
でもマダニが...(-_-;)
マダニ除けのスプレーを念入りにシュッシュッして行くんですけど、
それでも付いてくることがあるんですよ。
そうなんです。ワイルドストロベリーも自生しているんですよ。
柚子ちゃん杏子ちゃん、森のお散歩で食べ放題ですよ~(*´艸`*)

2022/05/26 (Thu) 00:30 | REPLY |   

クーママ  

わぁ! マイズルソウの群落ですか♪
自然の中だと、こんなに増えるんですねぇ。
私の林(勝手にそう言ってる^^;)のも、こうなると
いいな!

キンポ-ゲもこんなに密集してるなんて、なんかもう
そちらの花達は幸せですね。

昔むかしに見たアメリカ?の「キンポーゲ」という映画、
浜辺一面に、風に揺れるキンポーゲが素敵だった・・
あ、青春の乱れた風紀のやつだったような。
友人に誘われて見て、冷や汗かいたっけ。
キンポーゲだけ覚えてます~~~
それも青春(笑)

2022/05/26 (Thu) 16:28 | REPLY |   

pil  

クーママさん、こんばんは(*^-^*)

マイヅルソウはスズランほどではないんですけど、
小さな群落は森のあちこちで見られるんですよ。
大好きなお花なんです♪

『キンポウゲ』という映画があるんですね。
乱れた風紀とこのお花のイメージが、なんか繋がらないのだけど、
そんなことを考えていたら、その映画のことが気になってきました(*´艸`*)
キンポウゲは青春の思い出なんですね(#^.^#)

2022/05/26 (Thu) 23:07 | REPLY |   

Leave A Comment