FC2ブログ

4月の森 Ⅱ 2016

今朝の気温、7℃。
7:30に家を出発。娘を学校に送り届けたその足で、森へ向かいました。

森の中は思った以上に冷えました。息も白い。

まだ早い時間なので、人の姿もありません。
その静かな森の中を、まずはBärlauch(ベアラオホ)を目指して進みます。

たっぷり採取した後は、いつものようにのんびりお散歩を続けました。

森
 以前ここを通りかかったとき、
 幼稚園児が15名ほど遊んでいました。
 もちろん、引率の先生方も一緒に。

 小屋やブランコまで作られてました。

 こうして自然の中で遊ぶって、
 大事なことのように思います。

3月にお花をご紹介したHuflattich(フキタンポポ)、葉っぱを見るのは初めてです。
お花が終わらないと、葉っぱは出てこないんですね。
本当にフキに似たかわいい形をしていました。

フキタンポポフキタンポポ

傘の直径1cm程のちっちゃいキノコ。そしてそのすぐそばには3cm以上の巨大カタツムリ。
キノコちゃんピンチ!

カタツムリキノコ

Wald-Schaumkraut(タネツケバナ)Wald-Schaumkraut(タネツケバナ)
それともクレソン?
どっちにしても食べれるから、とりあえず採取。(笑)

Wald-Schaumkraut(タネツケバナ)

もうちょっとで忘れるところでしたー。ワラビちゃん。少しは生えているのかな?

よーく見ると生えていましたが、まだ早いみたいです。
シーズン中はボーボーに生えてますから、探しながらの採取は考えられません。(笑)
目についた数本だけ採取しました。

ワラビワラビ

ワラビ


別の場所に行くと、
日当りがいいからか、
まとまって生えていました。

こちらも採取!


今日は色々持ち帰りましたよー。ちなみに家に到着したのは、11時を過ぎてました。(笑)

Bärlauch ベアラオホ 蕾いつものように、レジ袋いっぱいのベアラオホと、
蕾もいただいてきました。→
これは、ピクルスのように漬けます。

Bärlauch ベアラオホ

Wald-Schaumkraut(タネツケバナ)


 タネツケバナは、よーく洗って早速味見。

 「うーん、クレソンっぽい味。(笑)」

 カイワレ大根的な辛味があります。
 これってクレソンかな~?
 最後にクレソンを食べたのはいつだったかな?

 たぶん誰も食べないから、独り占めですね。(笑)

ワラビは重曹と熱湯をかけて、一晩放置。明日には、アク抜き完了です。

ワラビワラビ

明日は、ワラビご飯かな~






関連記事

Bärlauch(ベアラオホ) Wald-Schaumkraut(タネツケバナ) クレソン Huflattich(フキタンポポ) ワラビ

Comment

Leave A Comment