FC2ブログ

ドイツ流アスパラガス調理法

昨日のアスパラガスの続きです。

私の場合、大きな勘違いから、購入した専用ナベですが、
「そもそもアスパラを茹でるのに、どうしてこのナベが必要なのか?」という疑問がわいてきた。
確かに、縦にすっぽり入り、茹で上がればネットごとさっと出すこともできるし、折れてしまう危険も少ないし。
だからって、このナベでなければだめなのか?

グリーンアスパラを買ったので、茹でてみましょう。
もちろん、ドイツ流に長いまま。でも専用ナベを使わずに。

グリーンアスパラガス

 太さ、12~16mm 長さ約25cmと、
 日本の物に比べるとかなり大きいですよね?

 実家で栽培していたアスパラは、
 若いうちに収穫するので、
 皮をむいたことなどなかったのですが、
 ドイツのアスパラは 
 ちゃんと皮むきをしないと固くて食べられません。

グリーンアスパラガス
ピーラーで皮むきします。
まな板の上に置いたままで、シュルシュルーっと。
でもこの作業、結構面倒、苦手です。

食べるのは大好きなんだけど。

サッと茹でて、まだ歯ごたえの残るものをそのまま、
もしくはマヨネーズをちょっとつけて

22本、全部むけた~。疲れた~。
端っこも1cm程切り落としました。  

グリーンアスパラガス

 茹でます!

 いつもは、半分に切って茹でますが(普通のナベで)

 今回は、フライパンにお湯を沸かし、塩を加え、
 そこに長いままのアスパラを投入!

 我が家の1番大きなフライパンは直径28cm
 ちょうど入りましたよ~。

グリーンアスパラガス

投入後、2~3分。かな?

ジャーッと一気にざるに上げたかったのですが、
フライパンに並々と熱湯が入っているので、
危険と判断いたしました。(笑)  

仕方なく、先がシリコン製のトングで、
数本づつザルにあげました。
そして冷水で冷やす。

1本も折れることなく綺麗な茹で上がり。

白アスパラの方が折れやすいかも知れませんが、フライパンで何とかいけそうです。

もし私が、調理器具メーカーの商品開発部で仕事をしているのであれば、今のような深型ではなく、フライパン+取っ手付きネットのセットを提案するんだけどな~。
その方が、使いまわしきくでしょ?
Fissler(フィスラー)さん、 WMF(ヴェーエムエフ)さん、どないですか~。(笑)

そしてこの茹でアスパラ、せっかくなので切らずに盛り付けしてみました。

グリーンアスパラのサラダ じゃ~ん
 グリーンアスパラのサラダ(笑)

 自家製ひまわりとカボチャの種入りパン
 ライ麦と小麦のMixです。

 お魚は、ニシンの塩漬け。
 しょっぱいけど、結構いける。
 ポテトサラダと一緒に。

グリーンアスパラのサラダ
ほれ、こんどはアップで、もーいっちょ! いらんいらん(笑)  
通の食べ方がいまひとつ理解できない...勉強不足ですんません...



昨日の記事を読んでくださった、ドイツ在住の日本人女性から、コメントをいただきました。
その方も、大きいフライパンで茹でていらっしゃるようです。 
やっぱり日本人、考えることは同じです。(笑)
そして、『一人で食べる時は、もう最初から細かく切って小さい鍋で茹でてます。』とも書かれていました。
そうですよねー。どうせ切って食べるんだから。(笑)






関連記事

ドイツ流アスパラ調理法 グリーンアスパラガス

Comment

クーママ  

おおっ! まつげ華やかちゃんの緑の大口はなに食べる? あ、食べられるのか(笑)
この まつ毛、あれ! シメサバ?
ジー、シメサバにしか見えないですが、シメサバ? シメサバ好きです♪
えっ・・ニシンの塩ずけ・・酢締めじゃないんだねえ!

アスパラガスの茹で鍋にクスッ。フライパンでいいやねんってツッコミ入れました^^
ラベルの読み違いも、これじゃスパゲッティ用だって、思いますよねー^^

気温の差が激しいんですね。体調崩さないようお気をつけ下さいね。

2017/04/27 (Thu) 17:24 | REPLY |   

pil  

クーママさん、コメントありがとうございます^^

しめ鯖のようで、違うんですよ~。塩漬けニシンなんです。
北欧や東欧の寒い国ではポピュラーな食べ物のようです。
かなり塩っ辛いので沢山は食べれませんが、結構いけますよ♪
もちろんしめ鯖があれば、そっちのほうがいいんですけど~^^

アスパラ鍋、かなり紛らわしいでしょ~?読み間違えそうでしょ~。(笑)
この罠にはまった人、他にもいるかもと思いましたが、いまだに見つかっておりません。(笑)

こんな古い記事まで読んでくださって~。
とっても嬉しいです♪ありがとうございます!
クーママさんも、ご自愛ください^^

2017/04/27 (Thu) 18:59 | REPLY |   

Leave A Comment