FC2ブログ

乾燥アミガサタケ

帰省する際に、必ず持参するのが『乾燥キノコ』。
勿論、自家製です。

今回は、Steinpilz(ヤマドリタケ)とKuh-Röhrling(アミタケ)、そしてMorchel(アミガサタケ)。
4月に狂ったように探しまくった、あのアミガサタケを、私と同じくキノコ好きな父に食べてもらいたくて持ってきました。
父も、見たことも食べたことがないと、興味津々。

まず、水で戻しますが、その前に...
乾燥アミガサタケ
父、「スン、スン...なんの匂いや...?」
私、「このキノコの匂いやろ?スルメっぽいねん。」
父、「ほんまや!スルメやな。不思議なキノコやな~。」


何度も申し上げますが、私と同じ大のキノコ好き、そしてスルメ好きでもある父。
味への期待が膨らんだ様子です。(笑)

この水で戻したキノコを、今回は、ホワイトシチューにしました。真夏のシチューって...どう?(笑)

具は、アミガサタケの他に、玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモ、そして鶏肉。
戻し汁もいいダシが出てるそうなので、加えて煮込みました。

乾燥アミガサタケシチュー
で・き・た!

さあて、気になる父の感想なんですが、どうもキノコが入ってることに気付いていないような。(笑)
なので、コメントを催促してみました。

乾燥アミガサタケシチュー
父、「...スルメの味、せーへんな。」
、「は?食べてるのは、キノコやで。」
父、「キノコの味もせん...なんやこれ。」
まとめますと、『何を食べたかわからない』と。(笑)


父の名誉にかかわりますので申し上げますが、ほんとに特別なお味はありませんでした。(笑)
『バターライス』の時も、あまり味がなかったということを、今、思い出しました...




関連記事

ヤマドリタケ アミタケ アミガサタケ スルメの匂い ホワイトシチュー

Comment

Leave A Comment