FC2ブログ

12月の森 Ⅰ 2015

雨の日が続いていましたが、昨日と今日は曇り空。
気温は10℃前後と、かなり暖かめです。

今日、行くはずだった定期健診が、キャンセルになったので、久しぶりに森へ行ってきました。

暖冬とはいえ12月、目につくのは、切り株か倒木に生えるキノコ。

CIMG1957.jpg

↓クリタケモドキでしょうか?だったら食用キノコ
よく似た毒キノコがあるそうなので、採取したことがありません。
ヒダの色を見る限りでは、大丈夫だと思うのですが...冒険はやめておきましょう。

CIMG1959.jpg

地面にも目立たないように生えてますね。
↓卵のようなものを見つけました。(ピント合ってません...)

CIMG1973.jpg

そこから2mほど離れた所に、これが。
学名 Clathrus archeri ドイツ名 Tintenfischpilz 先ほどの卵の正体です。
以前にも紹介しましたが、キノコとは思えない姿。(過去記事
12月に姿を見せるなんて、暖冬のせいですね。

CIMG1972.jpg

倒木の横に、またゼリーを発見。(過去記事

この前とは、違う場所です。

CIMG1962.jpg

キノコの一種かと思ったのですが、違うのででしょうか???
キノコの本にも載ってません。

CIMG1970.jpg

この1本の倒木に、いったい何種類のキノコ達が、お世話になっているのでしょう?

CIMG1961.jpg

キクラゲや、

CIMG1968.jpg

紫色のプニプニしたもの(ムラサキゴムタケ)や、カワラタケ。
あっちからもこっちからも、色々生えています。

CIMG1963.jpg

↓こちら食用キノコ。(日本名 ムササビタケ)
おいしいキノコではないようなので(本によると)、採取したことはありません。

CIMG1969.jpg

12月になっても、沢山のキノコ達を、見ることができました。




関連記事

キノコ狩り 食用キノコ 毒キノコ 謎のゼリー

Comment

Leave A Comment