FC2ブログ

9月の雛鳥

確か先週の土曜日だったか、隣町へ行った時、川沿いを自転車で走っていたら、エジプトガンの親子がいました。

9月に雛鳥を見たのは初めてだったので、ちょっと気になって、また様子を見に行きました。

私の知る限り、雛を連れたエジプトガンは、雛が成長するまで同じ場所にいることが多いのです。

Sturmmöwe(カモメ)
 ところが、
 同じ場所には、船が停泊していて、
 鳥達の姿はなくなっていました。
 「どこにいってしまったんだろう?」
 そう思いながら、川沿いを捜索しました。

 ←カモメはのんびり休憩中。

Nilgans(エジプトガン)の雛
200mほど進んだところで、雛発見!
やっぱり遠くへは行ってませんでした。
近くに寄ると逃げるので、めーいっぱいの望遠で撮影。

しばらくすると、親鳥の声を合図に
水の中に、飛び込みました。 ポチャン!

私に警戒心を抱いたようです。

Nilgans(エジプトガン)の雛Nilgans(エジプトガン)の雛

泳ぎは驚くほど上手でした。
親鳥に負けない速さで、スイ~スイ。
力強く水を蹴っているのが見えました。→

Nilgans(エジプトガン)の雛
 こうして見てると、和やかですが...

 実は、先日通りかかった時に見た雛鳥は3羽...

 そして、もう1つ気になるのは、
 親鳥の首に何かが巻かれていること。
 黄色いテープのようなものが...

 一体何が起こったんでしょう...

これからどんどん寒くなります。
この雛が、元気に成長してくれることを祈るばかりです。






関連記事

カモメ エジプトガン 雛鳥

Comment

アルペン猫  

雛鳥、一羽だけになってしまってたんですね・・・。
やはり自然界の中で生きていく厳しさを感じますね。
親鳥のためにも、この一羽だけは無事に成長して欲しいものです。
それにしても、首の黄色いもの、なんなんでしょうね。
識別のために番号が付いたようなものが足首に巻かれてるのはたまに見ますが、そういうのをまさか首の周りにはしないでしょうし・・・。
変なものでないことを祈るばかりです。これがなんだか目立っちゃって、他の鳥からの攻撃の対象とかにならなければいいのですが・・・。

2016/09/22 (Thu) 21:31 | EDIT | REPLY |   

pil  

アルペン猫さん、コメントありがとうございます。

水辺にはいつも沢山の鳥がいて、パンを目当てに寄ってくる鳥もいますから『野鳥』のイメージが薄かったんですよね。
でも実際は、厳しい自然の中で生きているんだと、思い知りました...
この残った1羽には、なんとしても元気に育ってほしいです。ガンバレー!

首に巻かれた物、すごく気になったんですけど、何なのかわかりませんでした。
何か印が付けられてるのかとも思ったんですけど、首にって、やっぱりおかしいですよね。
考えたくないけれど、誰かのいたずら...? 悲しいですね。

2016/09/23 (Fri) 09:08 | REPLY |   

Leave A Comment