FC2ブログ

ハナイグチとヤマドリタケ

さあて、昨日ご紹介したキノコの内、2種類を採取したわけですが、

Gold-Röhrling(ハナイグチ) Gold-Röhrling(ハナイグチ)
 今まで採取したキノコの中で、
 ヌメヌメ度№1です!

 過去記事でも書きましたが、我が家で
 『ヌルヌル』を好むのは私だけ。
 したがって、このキノコは、
 完全に私の独り占め! ヤッタ~

ハナイグチとネギGold-Röhrling(ハナイグチ)

↑流水でよく洗い、塩水に30分ほど浸けてから、まず茹でます。㊧の写真 
一度茹でこぼしても、まだヌメヌメしています。
今回は、カツオだしと醤油で味付けして、ネギと一緒に煮ました。㊨の写真
父から教わったこの調理法、ぬめりのあるキノコと相性ばっちりです!
プリプリヌルヌルして、私好みのとってもおいしいキノコでした
Kuh-Röhrling(アミタケ)もおいしいですが、それを超えるおいしさでした~

ヤマドリタケのペンネSteinpilz(ヤマドリタケ)

↑そしてこちら、ヨーロッパキノコ界の王様、
Steinpilz(ヤマドリタケ)。
日本ではポルチーニというイタリア名で
知られていると思います。
高級食材なので、市場では高値で取引されていますが、『秋の味覚№1』ということで、購入される方も多いみたいですよ。

このキノコは歯切れのいい食感で、お味もとてもいいので、夫と娘も喜んで食べます。
ガーリック・オリーブオイルで炒めて、ペンネと和えてみました。 
こちらもおいしかったですよ~!

ついでに...

クルミクルミ

滞在したホテルの駐車場内に、クルミが沢山落ちてたので、いただいてきました。(笑)
娘、「また何か拾ってきた~。色々見つけてくるよね~。」 褒められた~そうなのか...?
とってもかわいらしい実で、市販の物と比べると、大きさ、中身の色も違いました。

クルミパンクルミパン

もちろん、そのまま食べてもおいしいのですが、
小麦にライ麦とひまわりの種、クルミも混ぜて
パンを焼いてみました。
しっとりとして、クルミの香ばしいパンが焼けました~。おいしい!

実は、昨日(水曜日)にも、近所の森に行ってきたんです。
そこでも数本のヤマドリタケを採取することができました。
その時の写真は、また後日...
明日は栗拾いに、行ってきま~す!いっぱい落ちてたらいいな~。



関連記事

Gold-Röhrling(ハナイグチ) Steinpilz(ヤマドリタケ) ポルチーニ ヨーロッパキノコ界の王様 秋の味覚№1 クルミ

Comment

Leave A Comment