FC2ブログ

故郷に帰る

娘と大喧嘩した翌日(水曜日)は、3人で夫の故郷へ行って来ました。
写真の多い記事ですが、よろしかったらお付き合いください。

南フランス マルセイユ近郊 
 マルセイユから東へ50km。

 夫の希望で、行きは高速道路を
 使いませんでした。

 山間の小さな村をいくつも通りぬけ、
 広がるブドウ畑を眺めながらの
 ドライブです。

南フランス マルセイユ近郊
約1時間30分で到着。
まずは、義父のお墓参りをしました。

墓地は、町の高台にあるので、
とっても見晴らしがいいんですよ。

墓地からの景色→

バンドール
 墓地を後に、いったん坂道をを登りきり、
 丘の反対側の景色を見ると、
 山はなく、海が広がっています。

 夫の故郷 Bandol(バンドール)
 海岸リゾート地として有名な
 Côte d'Azur(コート・ダジュール)の
 西に位置する小さな町です。

カナダ生まれの夫ですが、彼にとっての故郷は幼少期を過ごしたこの町なのです。

10月半ばも過ぎたというのに日差しが強い!(日焼け止め塗っててよかったぁ~)
トレーナー姿で歩いてると汗ばむほど。推定気温25℃以上。

南フランス バンドール南フランス バンドール

↑海岸通り。夏にはリゾートを楽しむ人達で、あふれているんだとか。

南フランス バンドール南フランス バンドール

昔は小さな漁師町だったそうですが、今では人気リゾート地。
7500人程の人口がシーズンにはになるんだそうです。 

おなかがすいたのでお昼ご飯。

南フランス バンドール南フランス バンドール

海岸沿いにシーフードのレストランが並んでいるというのに、2対1でお肉の食べれるレストランに決定。 私、絶対勝たれへんやん!(笑)
その上、こんな洞穴みたいな所...外にテラスがあったのに「風が強いから」って。

南フランス バンドール南フランス バンドール

↑㊧夫と娘が注文した『ステーキ』。これは娘ので、夫のはソースがドロッとかかっていました。
 ㊨『白身魚とリゾット ヤマドリタケのソース』
「暗すぎて、料理もおいしそうに見えないし!」と、ちょっぴり不機嫌な私でしたが、
魚はおいしかったし(なんていう魚かは不明)、なんといっても『ソース』が最高で、ヤマドリタケの味が濃厚でした。満足満足
ちなみに夫と娘のステーキは、「まあまあ」だったそうです。

南フランス バンドール
さて、さらにお散歩は続きます。

こんなのも植えられてました。

以前ご紹介したウチワサボテン。
(過去記事はこちらです。)
赤く色付いておいしそうだけど、
絶対手を出しちゃダメ!

南フランス バンドール南フランス バンドール

南フランス バンドール
↑㊧クロッカス?この時期に?
 ㊨マツバギク


 町中で咲いていた色んなお花です。


 ←小型のアロエ?


 ↓㊧ストレリチア(極楽鳥花)
  ㊨プルンバーゴ

南フランス バンドール南フランス バンドール

南フランス バンドールブーゲンビレア→
↓ピンク色のカズラ?

南フランス バンドール

南フランス バンドール
路地を入ればこんな感じ。→

思い出話を聞きながら『思い出巡り』にお付き合い。

私にとっては4度目のバンドール訪問ですが、
毎度聞かされる夫のグチ。
「昔はいい町だったのに...」って、
どの町だって、年々変化してるんだから...
いい加減受け入れましょうよ。ね?
 

↓ 4?年前の夫を見た気がしました...

南フランス バンドール南フランス バンドール

南フランス バンドール↓町の西側にはこんな海岸が。

南フランス バンドール

夫に呼ばれて行ってみると、階段が。→
昔は石の階段だったそうですが、今も同じ場所にありました。

学校が終わると、ほぼ毎日友達と遊びに来てた場所なんだそうです。 

南フランス バンドール南フランス バンドール


階段を降りると、右側はビーチで、左側は岩場。
泳いでる人の姿もありました。それも、私達よりかなり年配の方々。
水を触ってみたら、冷たいじゃないの!ひえ~っ!もう慣れてらっしゃるのね...

南フランス バンドール
 帰りは高速道路を走りました。

 今度来るのは何年後かな?
 そんな事を考えながら、ふと気が付いた。
 
 いつもうるさい夫が何もしゃべらない。

 彼も、物思いにふけることがあるんだ...


 私と娘は、前日に続き冷戦状態。


最後まで見ていただいて、ありがとうございました。





関連記事

南フランス コート・ダジュール リゾート 海岸 バンドール 故郷

Comment

アルペン猫  

10月だというのに、やはり南国の雰囲気そのもの、いいですね~。
暗いドイツとは違っていいなあ(笑)。
ご主人、そうなんですね、今はドイツ住まいだし、すごくインターナショナルでいらっしゃるんですね。
故郷を訪れてまた離れる時、無口になられるの、分かるような気がします。
私も日本からこっちに戻る時は、一人だから喋ることはもちろんないんですけど、気持ちが全然違いますから・・・。

↓それにしても、そんな大喧嘩をなさったんですね!^^;
喧嘩の時はやはりドイツ語ですか?
私は喧嘩はしょっちゅうやってるんですが、相手に日本語通じないから、大喧嘩やってもなんだかいつも不完全燃焼に終わって余計イライラしちゃうんですよ・・・(汗)。

2016/10/27 (Thu) 22:21 | EDIT | REPLY |   

tugumi365  

素敵なところ

素敵なところで育ったんですね。絵葉書を見ているようでした。

2016/10/28 (Fri) 01:03 | REPLY |   

こはだ  

バンドールか・・・

大喧嘩のあとが気になって気になってのぞきにきましたが、バンドールがあまりにも素敵でそちらに心を奪われました(^^)
あぁ、空も太陽も、街も海の水もきれいですね~ 素敵・・・ ご主人の里帰りがこんなところなんてうらやましい(^^) (けっしてウチの主人の鹿児島がどうこう言うつもりはないですが)
それにしても、地図でざっくり見ましたが あの距離をよく高速も使わず行きましたね、お疲れさまでした(^o^)

2016/10/28 (Fri) 07:29 | REPLY |   

pil  

アルペン猫さん、コメントありがとうございます^^

ほんと、同じヨーロッパとは思えない。(笑)
暖かくなくてもいいから、この明るさ、ドイツの冬にも欲しいですよねー。

喧嘩をドイツ語で?ありえへん!言われっぱなしになっちゃうでしょー。(笑)
もちろん日本語ですよ。
夫と喧嘩するときは英語ですし。
以前は、夫婦間の会話は英語だったんですけど、いつの間にか夫はドイツ語で話しかけてくるようになりました。
私もドイツ語で答えるように努力はしてたんですけど、あまりのもどかしさにまた英語を使うように...だから全然上達しないんです...ハァ。
娘とは常に日本語で話してます^^

2016/10/28 (Fri) 09:27 | REPLY |   

pil  

tugumi365さん、コメントありがとうございます^^

夫はいつも「昔はもっとよかったんだ。」と、嘆いてばかりいますけど、今も素敵に見えますよね?
きっと、たくさんの思い出があって、昔の面影が少しづつ無くなっていくのが見るに堪えないんでしょうね...

2016/10/28 (Fri) 09:38 | REPLY |   

pil  

こはださん、コメントありがとうございます^^

ご心配をおかけしましたが、今は仲直りして平和な毎日です。(笑)

高速を使えば30分なんですけど、何か思うところがあったようです。
「夫が定年になったら、ここで住むのもありかなー」って考えましたが、夫に却下されました^^;
男心も難しいですね。

2016/10/28 (Fri) 09:52 | REPLY |   

Leave A Comment