FC2ブログ

10月の森 Ⅵ 2016 

今朝(7:30)の気温、6℃、例年のこの時期に比べると暖かです。
最高気温は13℃でした。

Ginkgo(イチョウ)
 2週間の秋休みも終わり、学校も始まったので、
 いつものように娘を送って学校へ。
 その後、学校のすぐそばの『娘のかかりつけ医』
 に行きましたが、まだ8時15分前。
 医療機関に限ったことではありませんけど、
 1秒たりとも早く開くことがないのがドイツ。
 8時を過ぎて、やっとドアが開きました。

 書類を渡し、別の書類をもらい、次のアポを取る
 だけだったので、5分もあれば事は済むだろうと。

 ←学校横のイチョウ。

Ginkgo(イチョウ)
それなのに...
待たされること1時間!

もらうはずの書類はもらえず、
次のアポも取れず「先生はお休みです。
明日お電話ください。」だって。

ギンナンもなってました。
 
ふざけるな~!私の1時間を返せ!←心の声。

この後、気を静めるために森へ行きました。

今日ご紹介するキノコは、土曜日に見つけたものと今日見つけたもの、混ざっております。
まずは食べれそうなキノコ達から、どうぞ。(笑)

Goldfell-Schüppling(ヌメリスギタケモドキ)Goldfell-Schüppling(ヌメリスギタケモドキ)

↑Goldfell-Schüppling(ヌメリスギタケモドキ)
このキノコは食用菌らしいのですが、まだ食べたことがありません。
採って帰ったら、「また変なキノコ採って来た!」って、娘に叱られそう。(笑)

Beringter Schleimrübling(ヌメリツバタケ)Beringter Schleimrübling(ヌメリツバタケ)

これも見るからにヌメヌメ。↑→
Beringter Schleimrübling(ヌメリツバタケ)
食用菌だそうです。おいしそう

Gemeiner Hallimasch(ナラタケ属)Dickblättriger Schwarztäubling(クロハツ)

↑Dickblättriger Schwarztäubling(クロハツ)
手元の本によると、食用菌だそうですが、
日本では、毒キノコなんですか?

Maronen-Röhrling(イグチ科)
 Gemeiner Hallimasch(ナラタケ属)↑ 
 食用菌ということですが、
 『一度湯でこぼしてから』と、注意書き付き。
 こちらもまだ食べたことありません。



 ←イグチ科のMaronen-Röhrling
 傘が開ききってないこれぐらいのが
 1番かわいくて、しかもおいしい

Maronen-Röhrling(イグチ科)これもMaronen-Röhrling→
↓大きくなるとこんな感じ。

Maronen-Röhrling(イグチ科)

RotfußröhrlingK640_CIMG6416.jpg

↑ こちらもイグチ科のキノコ、Rotfußröhrling
食用菌と紹介されているので以前試しに食べてみました。
たしか、バター炒めにしたと思うんですけど、ドロドロになって、おいしくなかったです。

Flaschen-Stäubling(ホコリタケ)
 Flaschen-Stäubling(ホコリタケ)

 切ってみて、中の白い幼菌は、
 食べれると書いてあったので、
 これは、数年前にパスタの具にして
 食べてみました。
 お味は悪くなかったです。
 調理前に、外側に付着している粉っぽいものを
 綺麗に取り除くのが面倒でしたけど。


Birnen-Stäubling(タヌキノチャブクロ) ←Birnen-Stäubling(タヌキノチャブクロ) ↓
  これも幼菌は、食べれるそうです。

 Birnen-Stäubling(タヌキノチャブクロ)

Erdstern(ヒメツチグリ科)↑手前のキノコは不明。

ホコリが出るつながりで、
Erdstern(ヒメツチグリ科)→ 
食用菌ではありません。 

これも色々種類があるそうですが、
残念ながら、名前はわかりません。
どなたか、ご存知だったら教えてください!

まだ続きます。ちょっと変わった形のキノコ。

Eselsohr(ウスベニミミタケ)Gemeine Hundsrute(スッポンタケ科)

↑㊧Gemeine Hundsrute(スッポンタケ科) クサイので食用には向かないようです。(笑)
 ㊨Eselsohr(ウスベニミミタケ) Eselsohr=ロバの耳 食用菌ではないようです。

Herbst-Lorchel(ノボリリュウ)
Herbst-Lorchel(ノボリリュウ)
初めて見るキノコです。

日本では食用菌として紹介されているので、
お味が気になるところですが、 
あの、危ないヤツを思い出させるんですよね...
シャグマアミガサタケを!

毒キノコでないといわれても、
ちょっと勇気がいるなぁ~。(笑)

Binsenkeule(ホソヤリタケ)キノコ

↑㊧ヒョロヨロのノッポキノコ。(15cmを超えていました) 名前はわかりません。
 ㊨この傘のないヒョロヨロしたのも立派(?)なキノコ。Binsenkeule(ホソヤリタケ)

いろんな形のキノコがあるものですね。

写真はまだまだ沢山あるんですけど、今日はこのへんで~。






関連記事

イチョウ キノコ狩り ヌメリスギタケモドキ ヌメリツバタケ クロハツ ホコリタケ ノボリリュウ

Comment

アルペン猫  

病院のこと、分かりますー!
私も似たような経験、何度もありますから!
人(患者)を待たせることをなんとも思ってないですよね。
私、以前は医療関係の仕事だったんですけど、待たせてる患者さんへの気遣いもけっこうストレスでした。
こっちでは中で働いてる人たちはそういうストレスはないんだろうなあと思うことが多いです。

それにしてもたくさん美味しそうなのを見つけられてますね!
今回のMaronen-Röhrlingというのと、前回のSteinpilz、形がどっちもかわいくて見るからに美味しそう♪
最後のひょろひょろしたのもおもしろいですねぇ。

うちもせっかく横が森だから、主人に、”誰かキノコに詳しい人はいないか!?”と聞いたんですけど、知ってる人にはいないらしく・・・。
残念です(>_<)

2016/10/31 (Mon) 21:45 | EDIT | REPLY |   

薬屋の嫁  

私のイメージのドイツって堅苦しい感じがしますが、時間はそうでもないのですね!
私、1時間も待てないかも…(^^;)

このように私は気が短いので、親子喧嘩はヒートアップしてしまいます。
pilさんの娘さんと仲直りできたことを「良かったね♪」と思っております。

2016/11/01 (Tue) 02:43 | REPLY |   

こはだ  

新潟には毒きのこ警報

おじゃましま~す(^^)

きのこの種類の多さがすご~い! それにかわいらしいのありますね~
ずんぐりむっくりしたのが好きでしたが、15センチのやつもかわいいわぁ~

昨日だったか テレビのニュースで、5年ぶりに新潟県に「毒きのこ警報」が出た、というのをやっていたので見ていたら
食べられる「ヒラタケ」と毒きのこの「ツキヨダケ」ってのを間違って15人が食中毒になったらしい。
pilさんみたいに怪しきは取らなければすんだかもしれないけど、例年なら生える時期がずれるのに今年は夏が長かったせいか生える時期が重なってしまって、混ざっちゃったみたい。

うちの主人もきのこ見つけると「絶対おいしいよ、これ絶対おいしいよ、持って帰りてー」って叫ぶのね。諦めさせるのに難儀する。
名人からひとこと言ってやってくださいm(_ _)m

2016/11/01 (Tue) 07:48 | REPLY |   

pil  

アルペン猫さん、コメントありがとうございます^^

『人に対する気遣い』を感じることって、あんまりないですよねー。
買い物に行っても、客より店員の方が偉そうだし^^;
アルペン猫さんの爪のアカでも飲ましてやりたいゎ!←この言葉、直訳して言ったら大問題になりそう。(笑)
ん?爪のアカって、何ていうんだろ?

キノコちゃん、今年は今がピークみたいですよ。
(Steinpilzのピークは過ぎたような気もしますが...)
カゴを持って、森の中を徘徊してるおじいちゃん、いませんか?
私も『キノ友』もしくは『師匠』を募集してるんですけど、なかなか見つかりません...

2016/11/01 (Tue) 10:53 | REPLY |   

pil  

薬屋の嫁さん、コメントありがとうございます^^

確かに『堅苦しい』です。(笑)
でも、医療機関の予約時間に関していえば、かなりルーズかと思います。
少しづつ時間がずれていくのもわからないではないですけど、予約したのにもかかわらず1時間近く待たされることも度々で、うんざりしますよー。

一時はどうなるかと思った親子喧嘩ですが、なんとか仲直りできました。ありがとうございます^^
薬屋の嫁さんが短気???これはイメージと違いますねー。

2016/11/01 (Tue) 11:11 | REPLY |   

pil  

こはださん、コメントありがとうございます^^

毒キノコでの中毒、この時期必ず話題になりますよね。
それにしても「毒きのこ警報」とやら、怖すぎる~!
「ツキヨダケ」は、見たことがないんですけど、きっとすごく似てるんですね「ヒラタケ」に。
ドイツにも生えてるのかな...?

私の愛用している『キノコバイブル』に、『似ているキノコに猛毒キノコ有り。注意してね~。』と書かれてる場合、よっぽどの自信がない限り口にしないようにしています。
特徴が、ビミョーに違ったりする場合は、泣く泣く諦めます。

「これ絶対おいしいよ、持って帰りてー。」この気持ち、わかりすぎて爆笑!
私も、何度となく娘に止められてますからね。(笑)

というわけで、名人になりたい女から一言。
「天然キノコを食べるのは、ある意味命がけ。奥さんの言う事、聞いときましょーね。」

2016/11/01 (Tue) 11:50 | REPLY |   

薬屋の嫁  

あら?そうかしら…?
先日よくブログにきてくださる方は、私が学生の時の部活がバドミントンだった事が
意外だと伝えてくれました。私は気が短く体育会系みたいな育児(大きいのは育児とは
言えませんが)をしているのですが、ブログからだとそうは見えないようです。

友人や家族に話たら、驚きそうです(^^)後でやってみよう!

2016/11/04 (Fri) 10:10 | REPLY |   

pil  

薬屋の嫁さん、コメントありがとうございます^^

体育会系みたいな育児ですか!? え?ビシバシ系?

どんどんイメージから遠ざかっていく~!(笑)

2016/11/04 (Fri) 14:00 | REPLY |   

Leave A Comment