FC2ブログ

カルトエッセン

雑炊 昨日の晩御飯。
 調子の悪かった娘には雑炊。

 悪天候で、気分もどんより...
 なんにもやる気のでなかったこんな日は
 ドイツ流にカルトエッセンにしようかと。
 kalt = 冷たい essen = 食事

 すなわち
 調理しないで冷蔵庫にあるものを食べる
 究極の手抜きメニュー!(笑)
 ドイツ人の皆様、決して悪意はございません。

K640_DSC00618.jpg
用意したのは、
トマトとモッツァレラチーズ
極小キュウリと玉ねぎのピクルス
ソシソン(フランス産のサラミ)
豚のテリーヌ(ヤマドリタケ入り!)
バゲット

十分十分 私だけならね... 

罪悪感からか、「専業主婦が食事作りを放棄していいのか!」という声が、どこからともなく聞こえてくる気がして...空耳?気のせい?(笑)

ナス

 このジャンボナスを使って、
 熱々の1品を作ることにしました。

 それにしても大きいでしょ、ドイツのナス。
 アボカドと比べてみてください。

 このナスを縦にスライスして、
 塩水にさらしてアクを抜き、
 薄く油を塗って、しんなりするまで
 オーブンで焼きます。

ナスのカネロニ 

ここで登場するのが魔法のソース。
Pesto rosso(赤いペースト)
イタリアのトマトソースです。

ドライトマトをベースに作られた
旨味たっぷりのソース。

ナスのカネロニ

 パスタに和えればパスタソース、
 そのままパンに塗ってもなかなかおいしい
 すぐれものでございます。

 これを、先ほどのナスに薄く塗り、
 クリームチーズを中心になる様にのせ、
 クルクル巻きます。

 これを耐熱容器に並べ、
 上からトマトの水煮を潰したものを
 流し込み、チーズをパラパラ~。

ナスのカネロニ
味付けは、このPesto rosso任せ。
ナスとの相性は抜群ですよ~。
チーズの塩分もあるので、程よい塩加減になります。

後は、180℃のオーブンで、約30分、
こんがり焼けるのを待つだけです。

ナスのカネロニ焼き上がり~

肉が入っていないのに、
夫が大喜びした1品です。(笑)

ちなみに娘はナスが嫌い...
お鍋にいっぱい作った雑炊を、軽く1杯食べてから、ソシソンをむしゃむしゃ食べていました...







関連記事

カルトエッセン Pesto rosso(赤いペースト) ナスのカネロニ

Comment

Leave A Comment