FC2ブログ

Eisenach(アイゼナハ)

一昨日の続きになるのですが、ゲーテの家の後、併設されてる博物館も見学しました。
よろしかったら、もう少しお付き合いください。

Weimar(ヴァイマール) ゲーテ博物館 

 ウィキペディアによるとゲーテは
 『ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者
 (色彩論、形態学、生物学、地質学、自然哲学、
 汎神論)、政治家、法律家』と紹介されています。

 彼が『自然科学者、政治家、法律家』であったとは、
 ここに来るまで知りませんでした。

 ←子供の頃のゲーテと家族
  中央右がゲーテです。

Weimar(ヴァイマール) ゲーテ博物館
写真はありませんが動物の骨や岩石等の
自然科学者らしい収集物も展示されていました。

若き日の肖像画→

彼が熱心に美術品の収集をしていたのは、
住居内を見学してよくわかりましたが、
それらに彼が求めていたのは『芸術的刺激』
だけではなかったんだとか...
素晴らしい美術品に囲まれて暮らすことが
彼にとっては『安らぎ』だったそうです。 

展示品の中に、不思議な物を見つけました。
 
Weimar(ヴァイマール) ゲーテ博物館
 Die Leiden des jungen Werthers
 若きウェルテルの悩み

 と、思いきや、
 Freuden des jungen Werthers
 若きウェルテルの喜び
!?
 1774年に刊行されて以来、ウェルテルを真似て
 自殺者が出る等、社会に大きな影響を与えた
 『若きウェルテルの悩み』。 これは翌年
 1775年に刊行されたパロディーのようです。


K640_DSC01261.jpgK640_DSC01255.jpg

↑㊧彼が使っていた筆記用具。手軽に使える鉛筆を好んだそうです。
 (小箱には替え芯が入っています。)
 ㊨旅行に携帯した筆記用具。わかりにくいですが閉じると本の形をしています。

Weimar(ヴァイマール) ゲーテ博物館Weimar(ヴァイマール) ゲーテ博物館

Weimar(ヴァイマール) ゲーテ博物館全てゲーテの胸像です。↑→
 
上は若い頃の物のようですが、
同一人物には見えない...

↓ゲーテの家の庭
ドアが閉まっていたのでガラス越しに撮影。
係員によれば『今は閉まっている』んだとか。
夏には庭に出ることもできるのかな?

 
Weimar(ヴァイマール) ゲーテ博物館Weimar(ヴァイマール) ゲーテの家

肖像画→
晩年の物でしょうか。優しい顔に描かれています。

だらだらとご紹介したゲーテの家と博物館。
最後までお付き合いいただいてありがとうございました。

ついでと言っては何ですが、もうちょっとだけ...いいですか?

K640_DSC01311.jpg
 ヴァイマールから約75㎞の所にある町
 Eisenach(アイゼナハ)。
 全く予定にはなかったのですが、途中アウトバーン
 (高速道路)をおり、立ち寄りました。

 どこにお出かけの際も、地図を見るのは私の役目。
 カーナビ(古いです)もありますけど、あれだと
 どの辺りを走行中なのか全く分からないんで
 (もしかしたら最新のは分かるんですか?)
 地図は必ずチェックします。そして決まって車酔い。(汗)

K640_DSC01316.jpg
到着した時は、もう夕暮間近。
暗くなる前に足早に散策しました。

素敵な建物があっちにもこっちにも。

何世帯かが暮らす普通の住居のようです。
お家賃は高いんでしょうけど... 
こんな家に住んでみたいな~。

K640_DSC01308.jpgK640_DSC01307.jpg

↑Schmales Haus その名も『幅の狭い家』 そのまんまやん(笑) 
両脇を建物に挟まれたわずか2mの空間に、2階建てのこの家が建っていました。
通りに面している部分を見た限りでは木造に見えましたけど、どうなんでしょう?
写真を撮っていると、2階に人の気配があり、おじさんの姿が見えました!
どんな風に生活されてるんでしょう。できることなら中も拝見したかったです。(笑)
ここで、夫が一言、「こんなの日本じゃ珍しくないでしょ?」 いやいや、珍しいでしょ!

K640_DSC01310.jpg
 これは後で知ったんですけど...

 この町は先に訪れたエアフルト同様に
 マルティン・ルターゆかりの地。

 ←何も知らずに撮影したこの家(手前)は、 
 ルターハウスと呼ばれているルターが下宿した
 家でした。

K640_DSC01303.jpg
そして、バッハが生まれたのも
この町だと、これもまた後で知り、
(バッハハウスもあるそうです。)

すぐ近くには、ヴァルトブルク城という
世界遺産にも登録されている
素晴らしいお城もあったそうです。

今度はちゃんと下調べしようかな...

毎度のことではありますが、夫婦喧嘩を繰り返しつつも旅は無事終了。(笑)
手作りチリコンカルネ(チリコンカン)を用意して、娘は私達の帰宅を待ってくれてました。

私、「寂しかったでしょ~?」
娘、「いや...別に...」
夫、「パパは、○○がいなくて寂しかったよ~!ママと2人だと退屈で。」
私、「なにぃ~っ!退屈!?次から私も留守番させて頂きまっす!」
夫、「いや...違う...あれ~?」
娘、「あ~あ...」

毎日がこんな感じ。夫婦げんかの種は絶えることなし!(笑)
たぶん今年も変わらないんでしょうね~。




関連記事

Weimar(ヴァイマール) ゲーテ博物館 若きウェルテルの喜び Eisenach(アイゼナハ) 幅の狭い家 ルターハウス バッハハウス

Comment

hippopon  

ドイツの独特な感じがよく出てて、お菓子のおうちみたい。
禿げないように、、顔落ちないように、、
こういうの見ると、、文豪を思うより
そっちに気が向いてしまう昨今です。

2017/01/07 (Sat) 04:37 | REPLY |   

pil  

hippoponさん、コメントありがとうございます^^

>禿げないように、、顔落ちないように、、
>こういうの見ると、、文豪を思うより
>そっちに気が向いてしまう昨今です。

hippoponさんでもそっちに気が向きますか。私もです。(笑)
正直なところ彼の作品をよく知らない私は、文豪を思うというより「相当几帳面な人だったんだ~」とか「物欲も人並み以上よね~」とか...そんなことばっかり考えてました。
今さらですが伝記を読んでみようかな~と思ってます^^;

『お菓子のおうち』その言葉ぴったりですね!

2017/01/07 (Sat) 09:32 | REPLY |   

Leave A Comment