FC2ブログ

8月の森 Ⅴ テングタケ属

窓を少し開けたままにして寝たら、朝方に寒くて目が覚めました。
最低気温は12℃、最高気温も23℃。
昨日に比べると、少し気温は上がりましたが、Tシャツの季節は終わったようです。


昨日の朝のことですが、バスで登校する娘を送り出し、森へキノコパトロールに出かけようと、車に乗り込みエンジンを...あらら?かからない!

8月の空
 そして今朝、こんな空を見ながら
 テクテクと、修理工場へ。

 修理と言っても、部品を一つ交換する
 だけだったので、1日ですみました。
 ラッキー♪
 さあ、今日はへ行くのだ~!

8月の森
9時前。朝の森はフレッシュでいい気持ち

今日も元気な子供達の声が聞こえました。

犬を連れて、散歩を楽しむ人も。
手にはテニスラケット...あっ!あのおじさん!
そしてあの犬たち!

「ハロー」おじさんとは挨拶をかわしましたが...
黒い犬は、私のことを覚えているでしょうか?
私は、ラケットを見て記憶がよみがえりました。(笑)

 
 さて、今日の一番手はこのキノコ。
 Rotbrauner Streifling(カバイロツルタケ)
 絶対とは言えませんが、ほぼ間違いないと思います。

 テングタケ属のキノコで、私の憧れともいえる
 タマゴタケの親戚か兄弟のようなキノコ。
 足元に、白いタマゴの殻のようなのが見えます。
 そして傘をご覧ください。
 ツルッツルピッカピカ
 美しいでしょ~

Rotbrauner Streifling(カバイロツルタケ)

Rotbrauner Streifling(カバイロツルタケ)今日は、こんなかわいい写真↑も撮れました。(嬉)
ご紹介している写真には、前回と今日撮ったものが混じってます。

これの赤い色をしたのがタマゴタケなんですね。
そう考えただけで、ワクワクしちゃいます。
ああ、見てみたい!!!

このキノコは食用菌だそうですが、よく似た猛毒菌が
あるそうなので、注意が必要だとか。 
小心者の私は、まだお味見をしたことがありません。

傘が開くと、こうなります。→
放射線状の模様がくっきり出てますね。

Grüner Knollenblätterpilz(タマゴテングタケ) 
 こちらのキノコもテングタケ属。
 Grüner Knollenblätterpilz(タマゴテングタケ)
 猛毒菌で、20gも食べればお陀仏だとか...

 先ほどのカバイロツルタケに比べると大きめで、
 傘はオリーブというか、緑がかった色をしています。
 光沢はほとんどありません。
 足元のタマゴの殻、このキノコにもありました。

 猛毒があっても、ナメクジには関係ないんですね。
 かじられて、丸い穴が開いてました。
 傘が開くと、こういう感じです。↓

Grüner Knollenblätterpilz(タマゴテングタケ) Grüner Knollenblätterpilz(タマゴテングタケ) 

Grüner Knollenblätterpilz(タマゴテングタケ)
この写真、素敵だと思いませんか~。
Wikipediaからお借りしたのですが、
タマゴテングタケのタマゴから、
成菌になるまでが、ずら~り 

危ないキノコでも、
こうして見るとなんかかわいいですよね。

Weißer Knollenblätterpilz(日本名不明)
 こちらも猛毒のあるテングタケ属のキノコ。
 Weißer Knollenblätterpilz(日本名不明)ではないかと
 思われます。

 Kegelhütiger Knollenblätterpilz(ドクツルタケ)
 にも似ているようなのですが...
 どちらにしても猛毒菌!先ほどのタマゴテングタケ
 同様に、少量で死に至るそうです。

 幼菌の傘には、ツボの破片が付いていますが、
 成菌には、付いてませんでした。↓

Weißer Knollenblätterpilz(日本名不明)Weißer Knollenblätterpilz(日本名不明)

他にもよく目にする白いテングタケ属のキノコに、Gelber Knollenblätterpilz(コタマゴテングタケ)がありますが、これも毒キノコ。
白いキノコ、怖いです~!


関連記事

テングタケ属のキノコ Rotbrauner-Streifling(カバイロツルタケ) Grüner-Knollenblätterpilz(タマゴテングタケ) Weißer-Knollenblätterpilz 猛毒菌

Comment

ロッド  

車エンジンかからない!
突然だったのですか?出先でなくて良かったですね。
昔の車はそういうのはバッテリー上がりが90%でしたが、今の車は電子部品が多いのでわかりません。
本当にイヤですね。pilさんの場合は簡単に直ったようで良かったですね。

テングタケ属は怖いですね(°◇°;)
そういうのに限ってやたら多いです。
カバイロツルタケはこちらにも多いですが、食べたことはありません。重要な見分けのポイントは傘の条線ですね。
タマゴタケにも条線があります。
タマゴタケに比べると貧弱ですし、美味しいという話もあまり聞きません。
私の図鑑には「食べないほうが無難」と書かれています。

タマゴテングタケは日本にはほとんどないらしいですが、ポーランドでは給食に混入していて大変な事になった、と本に書かれていました。
ドクツルタケは怖いです。白いのでハラタケと間違えたら大変! 似たようなのにシロタマゴテングタケ、タマシロオニタケがあって、どれも猛毒です。
ナメクジだけでなく他の虫たちにとっても、毒キノコは関係ないようですね(^_^;)

2017/08/23 (Wed) 03:18 | EDIT | REPLY |   

pil  

ロッドさん、コメントありがとうございます^^

私も、バッテリーが切れたのかと思ってたんですけど、スターターが故障していたようです。
これが出先でだったら...特に森の駐車場で起きてたら...と考えると、冷や汗が出ます。
午後から出勤の夫が家にいてくれたのもラッキーでした^^

テングタケ属のキノコが、今1番目立ってます。
紛らわしい猛毒キノコが多いと思うと、ある程度自信があっても、食べるまでには至らないです^^;
タマゴタケに出会ったら、迷わず味見なんですけどね~。(笑)

8月というと帰省してることが多く、頻繁に森に行きだすのは9月からなので、
毎年私のいない間に沢山生えていたのかもしれないんですけど、
今年はタマゴテングタケの多さに、驚いています。
給食に混入だなんて~!怖すぎます!

以前、北欧の(どの国だったか忘れてしまいましたが)サイトで、
白いキノコは採らないよう警告が出てたのを見ました。
なので、白いキノコは撮影を楽しむのみにしています^^
ナメクジや虫たちはいいですねぇ。(笑)

2017/08/23 (Wed) 09:02 | REPLY |   

konpas  

こんにちは。
テングタケなのでまた出てきてしまいました。

テングタケの玉子(幼菌)を縦切断して、断面を見たことあるかなぁと思って、書き込みさせていただきました。
カッターナイフなどで切断すると、こんな姿を見ることができるかもしれません。
http://birdfungi.blog.fc2.com/blog-entry-297.html

2017/08/23 (Wed) 12:58 | EDIT | REPLY |   

pil  

花鳥きのこ好き(konpas)さん、コメントありがとうございます^^

早速拝見しました。
まず、1枚目の写真にときめいてしまいました^^
この質感に色の美しさ。
作りものじゃないですよね。(笑)
タマゴの中には、しっかりキノコが入ってて、かわいいですね~。
実物が見てみたいです!


2017/08/23 (Wed) 15:40 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/08/23 (Wed) 19:42 | REPLY |   

pil  

🔓コメさん、コメントありがとうございます^^

おいしそうな顔をしてるキノコが、一番怖いですね。
『不思議の国のアリス』、そういえば、『マリオのキノコ』もそこからヒントを得たとか何とか...前にどこかで読んだ気がします。
スーパーPILになれるキノコ、その辺に生えてないかしら?(笑)

京都は超人気観光地として長い歴史があって、奈良はどちらかと言うとその陰に隠れちゃった感じがしますね。
私の場合は友人も奈良に多かったですし、今でも京都より身近というか親しみを感じます。

2017/08/24 (Thu) 07:26 | REPLY |   

Leave A Comment