FC2ブログ

どちらさん?

今日もまたもやキノコネタ🍄
pilだけに、この時期は頭の中にまで『Pilz(ドイツ語でキノコ)』が発生中なのです。
よろしかったらお付き合いください。


森で美しいキノコとの出会いがあると、心が躍ります
駆け寄って写真を撮り、それが美味しいキノコの場合は手早く収穫!
帰宅後は、図鑑やネットを使って、写真に撮ったのがなんというキノコなのか調べるのですが、どこのどちらさんなのか判明することは非常に少ないです。

「名前なんかわからなくったっていいか~。」と思ったりするのですが、中にはどうしてもどちらさんなのか知りたいキノコがあります。

ニガイグチ属? 例えばこれ。立派なイグチ科のキノコ。
 菅孔の色から、ニガイグチだとは思うんですけど

 ニガイグチ属?

いつも見るのとは、↓柄の感じが違ったんですよね...色とか、網目とか。
かなり時間をかけて調べましたが、わからずじまいに終わってしまいました...

Bitterröhrling(ニガイグチ)Bitterröhrling(ニガイグチ)

とにかく、見た目が美味しそうだと、モチベーションが上がります。(笑)
↓このキノコもかなりおいしそうに見えたので、調べにもが入りました。

Beringter Schleimrübling(ヌメリツバタケ)Beringter Schleimrübling(ヌメリツバタケ) 

Beringter Schleimrübling(ヌメリツバタケ)
食用キノコでした。収穫すればよかった!

さっき気が付いたのですが、このキノコの名前は、去年も調べていたみたいなんです。(過去記事はこちらから→)
見たことあるキノコだとは思っていたけど、よく覚えていませんでした。

一度でも食べれば、絶対に忘れない自信があるんですけどね~。(笑)
ちなみに、この過去記事に出てますHundsrute(スッポンタケ科)は、記事にまでしておいて全く記憶になく、軽いショックを受けているところです...

さあ、嫌なことは忘れて、次に進みましょう。今年何度か目にしてるこのキノコ。↓

Brandiger Ritterling(カキシメジ)美味しそうだという理由から、かなり真剣に
調べていたのですが、よくわからず困っていました。

Brandiger Ritterling(カキシメジ) 

それがですね、昨日やっとわかったんです。このキノコが何者なのか
きっかけは、一昨日の記事にいただいたコメントでした。
知らないキノコの名前が出てくると、必ずググって画像を確かめるので、昨日も同じことをしたんです。
すると、「あれっ?」と思う画像が出てきて、それをもとに調べを進め、たぶんこれに間違いないかと...Brandiger Ritterling(カキシメジ) 

Brandiger Ritterling(カキシメジ)Brandiger Ritterling(カキシメジ)

残念なことに毒キノコではありましたが、食べれないと分かったことで諦めが付きました。
ロッドさん、ありがとうございました~。おかげでスッキリです!(笑)

Wikipediaによりますとカキシメジは、ツキヨタケやクサウラベニタケと並び、日本においてもっとも中毒例の多いキノコのひとつなんだそうです。
このキノコを見て、おいしそうだと思うのは、私だけではなかったということですね。


関連記事

9月の森 キノコ Bitterröhrling(ニガイグチ) Beringter-Schleimrübling(ヌメリツバタケ) Brandiger-Ritterling(カキシメジ) 毒キノコ

Comment

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/27 (Wed) 00:12 | REPLY |   

クウーママ  

のぼりりゅう と教えてもらって検索したら 食べる人もいるらしい!

幼菌から完成形まで、全部をいっぺんに見られて、ワクワクドキドキの
火星人との遭遇でした(笑)

おかげさまでしたの すっきり〜 ありがとうございました♪

ダメダメ・この世界に足を突っ込んじゃダメ・検索三昧のPC前で
寝る暇が無くなる・ と 悶えるこの頃・pil さんの勢いに飲み込まれまい
と、自制心を引っ張り出してます〜.

検査結果がオーケーでますように!

2017/09/27 (Wed) 04:45 | REPLY |   

てかと  

ドイツ語ってなんでも格好よく聞こえるもんですが、
きのこは普通な印象でしたw
森に入ってきのこを写真におさめてネットでチェックする作業も
繰り返すと忘れちゃいますよね。
俺はえのきだけとしめじ、しいたけがわかればもう十分です。
ただ、類似したやばいきのこがあったらアウトかもしれませんけどw

2017/09/27 (Wed) 06:38 | REPLY |   

ロッド  

うっひゃ〜 (@_@;)
立派なカキシメジですねぇ(汗)本当に旨そうだ!!(;゜ロ゜)エェ??(爆)
これ、本当にカキシメジでしょうか?
もしかして、食べられる美味しいキノコかも??
これとそっくりのキノコ、私は食べてますけど。(オオツガタケ、クリフウセンタケ、チャナメツムタケ)
今日も素晴らしい収穫でした(*^▽^)ノ彡☆

見分けがとても難しいですね。
私が食べてるのはヒダが白ではなく薄茶色です。
傘の表面にこんなヌメリはなく、乾いています(オオツガタケ)

カキシメジとの区別の方法、保健所でしつこく質問しました。
そしたら「カキシメジは嫌な匂いがあるからすぐわかる」
との事でしたが、私は本当のカキシメジの匂いを知らないので、わからないのでした。
当地にはカキシメジはほとんど発生しないらしいです。

これから晩秋に出るチャナメツムタケはカキシメジそっくりですが、とても美味しいです。
傘にはヌメリがあって、ナメコより風味が良く、和食には良く合います。雪が積もる頃になっても出ます。
この写真のカキシメジと比べると軸が細くて短く、全体が小さくて貧弱です。
しかし、カキシメジの毒は致死性のものではないらしいですね。

まあ一般論から言うと、赤とか紫の毒々しいキノコのほうが安全です。地味なキノコほど危ない!!
一番危ないのはエノキタケによく似たコレラタケです。
私の故郷の隣町では昔、一家全員死亡しました。

2017/09/27 (Wed) 07:33 | EDIT | REPLY |   

pil  

🔓コメさん、コメントありがとうございます^^

見た目がかなり美味しそうだっにもかかわらず、毒キノコと判明。
おいしいキノコだったらよかったのに~ (つд⊂)エーン 

最近、こちらのスーパーでも、ヒラタケやエリンギ、シイタケなんかも見かけるようになりましたけど、日本に比べればまだまだです。
シャンピニオン以外は、お値段も高いんで、もう自力でGETするしかない!
採ってきたキノコの代金としてヘソクリしたら、結構貯まるかもしれませんね。(笑)

2017/09/27 (Wed) 08:59 | REPLY |   

pil  

クゥーママさん、コメントありがとうございます^^

ノボリリュウ、私が見たことあるのは、もう大きく育ったので、
イモムシ状態のは、クゥーママさんとこで初めて見せてもらいました^^
私もワクワクしちゃいましたよ~♪

そうそう、検索始めると時間を忘れちゃって、危険なんですよ^^;
それだけ頑張って翌年にはすっかり忘れてるって、どういうこと~!?...なのです。(笑)

2017/09/27 (Wed) 09:23 | REPLY |   

pil  

てかとさん、コメントありがとうございます^^

ピルツ、なかなか可愛い響きだと思いませんか?
どうでもいいことですが、水虫のことをFußpilz(Fuß=足)と言います^^

いろんな事を記録しておくために始めたブログなのに、記録したことを忘れているという...
買い物リストを書いたのに、それを忘れて買い物に行く...これもたまにやるんですよね。(汗)

「エノキとシイタケが好きな時に食べれたら、こんなにキノコにはまってたかな?」
ふと、そう考える時があります。(笑)

2017/09/27 (Wed) 09:50 | REPLY |   

pil  

ロッドさん、コメントありがとうございます^^

このおいしそうな見かけに騙されるところでした。(笑)
ヨーロッパの人は、たぶんぬめりが苦手なので、こういうキノコを見ても、
あまりおいしそうとは思わないんでしょうね~。

オオツガタケ、クリフウセンタケ、チャナメツムタ、どれもよく似た感じのキノコですね。
このキノコ達が籠に入ってたら、どれがどれだか絶対にわからないと思います、私。

コレラタケによく似たキノコでGifthäubling(ヒメアジロガサ)というのが、こちらにもあります。
このキノコも、猛毒菌なんだそうです。
毒キノコ、コワイ!

2017/09/27 (Wed) 10:15 | REPLY |   

ふたごパンダ  

(*^^)v

pilさんのキノコ愛がすごすぎて
もう本出しちゃえばいいんじゃないかな?
と思っています(´∀`*)ウフフ

キノコの愛さえあれば大丈夫(๑•̀ㅂ•́)و✧

2017/09/27 (Wed) 11:21 | REPLY |   

alpenkatze  

新しい高山植物を見つけたら徹底的に調べて、それはそれ以降は忘れない自信がある・・・と以前は思ってたので、キノコに対するその情熱、分かります!
一度見ると、”この花は〇〇の山を歩いてる時に見た”って感じで覚えてました。
それが最近は忘れてるんです・・・(汗)。
あれこれ調べてて、なんとか”これかな?”と思える名前が分かってググって自分のブログがヒットしてショックだったことあります(汗)。

ヌメリツバタケの右の写真、なんだかクラゲみたいですね!
見た目が海の生物っぽいキノコを今年はあれこれと学べて楽しいです^^

2017/09/27 (Wed) 13:00 | EDIT | REPLY |   

pil  

ふたごパンダさん、コメントありがとうございます^^

うふふふ♡
私のキノコ愛、ふたごパンダさんにも届いてますか。(笑)

キノコ愛のぎゅっと詰まった本、
ふたごパンダさんなら...買う?(爆)

2017/09/27 (Wed) 17:36 | REPLY |   

pil  

アルペン猫さん、コメントありがとうございます^^

ごめんなさ~い!
『ググって自分のブログがヒット』これに爆笑してしまいました。
なぜなら、私にも似たような経験が~。(爆)
あれは、ショックです。すっごくよくわかります。
でも、アルペン猫さんは、ブログ歴が長いですから、忘れていても仕方がないこともあると思うんですけど、私なんかまだ2年たってないのに、もう忘れてる...
あ゛~、いやになります。

フフフ、そういわれればクラゲっぽいですね^^
イカキノコと違って、これは食べれるそうです。(笑)

2017/09/27 (Wed) 17:52 | REPLY |   

konpas  

ヌメリツバタケ?

pilさん、

今更ながらの書き込みです。

最後の4枚の画像は赤褐色のシミが見えるのでカキシメジのようですね。柄が長いようですが腐植土などの発生環境で、柄が長くなったりしますので・・・。食べなくて良かったですね。

ヌメリツバタケとしたきのこですが、柄がずいぶんと細長いなぁと感じています。ひだが疎に見えない(やや密に見える)のですが、撮影の角度のせいでしょうか。ひだの幅は広かったでしょうか。
マニアックな質問で恐縮です。ちょっと気になったので。
今度採集されても食べない方がいいかもと思いました。

2017/10/02 (Mon) 11:53 | EDIT | REPLY |   

pil  

konpasさん、コメントありがとうございます^^

今更なんてとんでもない!嬉しいです♪

やっぱりカキシメジでしたか!
良かったぁ~、食べないで^^
こちらで見るキノコは、柄の長いのが多いような気がします。

ヌメリツバタケと書いたキノコ、ご指摘のヒダですが、それほど密ではなかったかと記憶しています。
でも写真で見ると、確かにちょっと密に見えますね^^;
昨年の写真もご覧いただけましたでしょうか?
同じキノコとは限りませんが、ヒダの間隔が広く写っているような...
とにかく、今度見つけても、お味見は見合わせたいと思います^^
色々勉強になります。ありがとうございます! 

2017/10/02 (Mon) 18:23 | REPLY |   

konpas  

pilさん

昨年のヌメリツバタケ拝見しました。傘の裏側を下から撮影され、とても印象的ですね。素敵です。
確かにひだはやや疎のように見えました。ヌメリツバタケなのかもしれません。でも、私にはちょっと自信がありません。これほど長い柄の華奢な感じのヌメリツバタケは、今まで見たことがありませんでした。

ヌメリスギタケモドキも群生するなど、本当にうらやましいほどの環境だなぁと思いました。ぬめりが嫌いでなければ、とてもおいしいキノコですよ~。幼菌は味噌汁の具に最高です。でもでも、ときどき、ほこり臭いのがあります。「なんでかなぁ」といつも思っています。

2017/10/04 (Wed) 01:17 | EDIT | REPLY |   

pil  

konpasさん、コメントありがとうございます^^

ヌメリツバタケなのか...私も自信はありませ~ん。(笑)
もしよろしかったら、こちらもご覧ください。
ヌメリツバタケの画像が沢山出てきます^^↓
https://www.123pilze.de/DreamHC/Download/BeringterSchleimruebling.htm

ヌメリスギタケモドキ、今年はまだ見ていません。
おみそ汁の具、考えただけでも美味しそうです♪ 
幼菌を見つけたら、頂きたいと思います^^

アンズタケなんですが、以前発生していた場所が、倒木の撤去作業で荒らされて以来、生えなくなってしまいました。(涙)
こういうことはよく起こるので慣れっこですが、やっぱり淋しいです。

2017/10/04 (Wed) 10:52 | REPLY |   

Leave A Comment