FC2ブログ

木組みの家街道

今日は、両親が遊びに来ていた時の写真を、ご紹介したいと思います。
自宅からそう遠くない街を訪れた時のものです。

Dreieichenhain(ドライアイヒェンハイン)

ここから約18㎞のところにあります、Dreieichenhain(ドライアイヒェンハイン)。

1年程前に知ったのですが、ドイツには『ドイツ木組みの家街道』と呼ばれる観光街道があるそうで、この街もその街道にあります。

Dreieichenhain(ドライアイヒェンハイン) この家は、街で1番古い建物だそうで、1460年に建築。
 築558年!? 気のせいか、並んだ父が若く見える。(笑)

 Dreieichenhain(ドライアイヒェンハイン)

Dreieichenhain(ドライアイヒェンハイン)
 こんな看板を発見しました。

 大晦日に、旧市街で花火をしないようにと書かれています。

 私の住んでいる地域でも、似たような看板を見たんです。
 木組みの家の近くでの、花火を禁止するという内容でした。

 大晦日の花火、本当に危険ですからね~。過去記事→
 建物のない公園とか、川沿いとかならわかるんですけど、
 建物の密集する場所では、やめていただきたいです。

 ←写真は、11世紀に築かれたハイン城址。

Dreieichenhain(ドライアイヒェンハイン) 日曜日だったので、ひっそりとしていましたが、
 平日は商店も開いていて賑やかなんだと思います。

 Dreieichenhain(ドライアイヒェンハイン)

Dreieichenhain(ドライアイヒェンハイン) ←お昼ご飯は、このレストランでいただきました。
 ドイツで1番古い、アップルワイン酒場(レストラン)
 だそうです。
 なのにビールを注文する親子。(笑)

 Dreieichenhain(ドライアイヒェンハイン)

1553年に建てられたこの建物、地上階はレストラン、上の階はゲストハウスなんだとか。

Dreieichenhain(ドライアイヒェンハイン) お料理は、ご覧の通りボリューム満点でした。
 シュニッツェルなんて、大きいのが2枚も!

 この日の気温は、最低気温が-3℃
 手袋をしていても指先がしびれるほどでした。
 それでも、暖かい室内で飲むビールは
 とっても美味しかった~。

 ←後ろに並んでいるのは、
 アップルワイン専用の陶器のポットです。

両親が日本に帰ってから、今日でちょうど1ヶ月。
もう1ヶ月も経った実感が、全くないんですけど~。




関連記事

ドイツ木組みの家街道 Dreieichenhain(ドライアイヒェンハイン) 旧市街 花火禁止 ハイン城址 アップルワイン酒場(レストラン) アップルワイン専用ポット

Comment

tugumi365  

ご両親には親孝行をしましたね。
写真からでも 嬉しそうな雰囲気が伝わりました。
木組みで558年は凄いですが 木造建築(?)では こんなに持ちませんよね。
街並みが可愛くて 童話の世界です。
素敵なものを見せて頂きました。

2018/02/21 (Wed) 23:48 | REPLY |   

ささげくん  

日本人好みの歴史を感じる町、散歩したくなる

>1年程前に知ったのですが、ドイツには『ドイツ木組みの家街道』と呼ばれる観光街道があるそうで、この街もその街道にあります。
 この家は、街で1番古い建物だそうで、1460年に建築。

〇日本では室町時代でしょうか。
 白壁に小さなガラス窓のある三角屋根の家の街道、エキゾチックで散歩したくなる町並みですね。
 寒い季節ですが散歩の後のビールが美味しいこと、そのとおりでしょう。親孝行しましたね(笑)。
 草々

2018/02/22 (Thu) 00:38 | REPLY |   

てかと  

昼からビールとはまた豪勢ですね!
酔った勢いで隣の席の人にからんで
「あんたにひとつ教えてやろう」
とかやると人間ドラマが生まれますねw
いろんな意味で。

2018/02/22 (Thu) 01:01 | REPLY |   

mauloa  

pilさん^^
こんにちわ^^

はーい!
質問ですっ♡(((;◔ᴗ◔;)))
シュニッツェルとは?
パンの事かな?

歴史ある町並み♡
小さな街だそうですが、とっても風情があって
素敵な街ですよね^^

ご両親がとっても微笑ましく感じます^^
日本から来てくれるのは、本当に嬉しい事ですよね^^
動けるうちに会いに来てくれるなんて、
.。*゚+.*.。(最´∀`高)゚+..。*゚+です♡

2018/02/22 (Thu) 06:08 | REPLY |   

ロッド  

古い木造の建物は落ち着いた雰囲気で、木のぬくもり感が良いですね。
ヨーロッパというと石の文化かと思っていましたが、木造もなかなかのものですね。
何の木で造られているのでしょうか?ドイツトウヒ?

これと良く似た風景が、長野県内の高原のリゾート地には多いです。ドイツの真似をしたのでしょうけど、一番上の写真は飯山市の斑尾高原みたいな感じです。
家の近くにもこんな感じの場所がありますよ〜♪

しかし、よく見ると壁に柱がたくさん見えていて斜めの補強材がたくさん入っているのが見えるなんて、独特です。

2018/02/22 (Thu) 12:27 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/02/22 (Thu) 13:49 | REPLY |   

alpenkatze  

木組みの家々の眺め、いいですね~!
こちらにはないから好きなんですよ、この眺め^^
大晦日の花火、こういうところだけでなく一般の住宅地でも禁止してほしいですよねぇ。
大きな広場のみOKとかになってくれると助かるのに・・・。
アップルワインよりビール、分かります~!
ドイツ料理にはやっぱりビールが一番ですよね^^
でも”ドイツで一番古い”ってのがあるなら私はここでは話のタネにアップルワイン飲みたいかな(笑)。

2018/02/22 (Thu) 15:49 | EDIT | REPLY |   

pil  

tugumiさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

『木組みの家』、日本の木造建築とは様式が違いますよね。
柱と梁が木材で、その間に漆喰やレンガが詰まっているようです。
聞いた話では、日本のように柱で支えるのではなく、壁で支える作りになっているのだとか。
地震も少なく、高温多湿の夏がないからこそ、これだけの古い建物が残っているんでしょうね。
こういう『木組みの家』には、傾いて見えるものも沢山あるんですが、
住んでる方がいらっしゃるんですよ~(*^-^*) 

2018/02/22 (Thu) 17:47 | REPLY |   

pil  

ささげくん(レインボー)さん、コメントありがとうございます(^▽^)/

1460年、日本では室町時代になりますか。
日本だと、重要文化財ですね。
こちらでも記念物として残されています。
こういう街並みを見ながらの散歩は、とっても楽しいです♪
散歩の後のビール、これが美味しいのは万国共通ですね。(笑)

2018/02/22 (Thu) 18:41 | REPLY |   

pil  

てかとさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

運転手の夫には水を飲ませておいて、鬼嫁です。(笑)
てかとさんは、お酒が入ると絡む方ですか?(*´艸`*)
どんな人間ドラマが生まれるんだろ~。

2018/02/22 (Thu) 18:56 | REPLY |   

pil  

mauloaさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

シュニッツェルは肉料理なんですよ。
いろんな種類があるんですけど、この時はトンカツのようなのを注文しました。
凄いボリュームでしたよ~。(笑)

こういう木組みの家は、この辺だとどの街にも残っているんですけど、
沢山並んでいると、やっぱり素敵ですよね。
お散歩が楽しくなります♪
長時間飛行機に乗って、はるばる会いに来てくれた両親に感謝です。
ほんとに嬉しかった~!(*^-^*)

2018/02/22 (Thu) 19:21 | REPLY |   

pil  

ロッドさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

日本の木造建築とは、また違った魅力がありますよね。
このような建物を木骨造りと呼ぶんだそうです。
さっき調べてみたんですが、木材には主にナラやモミが使われているんだとか。
あと、柱で支えるのではなく、壁で支えているのだと聞いたこともあります。
だから斜めに木材を入れて、壁を補強しているのかもしれないですね。

日本にもあるんですね!一度見てみたいです(*^-^*)  
こういう建物は、森や林が近くにあると似合いそうなんで、
高原のリゾート地、ぴったりですね♪

2018/02/22 (Thu) 20:18 | REPLY |   

pil  

🔓コメさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

そちらはまた雪の予報ですか!
まだまだ冷えますね。
こちらも、今日は午後から風が強くて、顔がピリピリしました。
乾燥した冷たい風で、顔までひび割れそうですよ。(笑)
ばったりの出会いで、楽しいお話ができてよかったですね♪
いいな~。そんなこと言われてみたい!(#^.^#)

2018/02/22 (Thu) 20:27 | REPLY |   

pil  

アルペン猫さん、コメントありがとうございます(^▽^)/

アルペン猫さんからお聞きするまで、こういう家はドイツ全土にあるんだと
思い込んでたんですよ。
それまで『ドイツ木組みの家街道』なんて言うのがあることも知りませんでした(^_^;)
沢山並んでいると、素敵ですよね~。

大晦日の花火、いくら年に1度だからってあまりにも『野放し』ですよね。
謎の多いドイツの常識。(笑)

アップルワイン、話しのネタに飲んでみればよかった~。 
今になって悔やまれます。(笑)
今度行った時は飲んでみますね(*´艸`*)

2018/02/22 (Thu) 20:50 | REPLY |   

てかと  

>うちのポテトサラダのマヨネーズをカットしたら、
>きっと上からマヨネーズをかけられて、
>「カットした意味ないやん!」って、夫婦げんかになるんだろうな~。(笑)
恋人や夫婦の関係って、そういうものを妥協していくものなんだという
覚悟がいるんでしょうなぁ
他人なんだから好みも違って当然というか。
ただ、メタボになって医療費莫大にかかると将来面倒という本音は
旦那に聞かせてやってもいいのではw

2018/02/23 (Fri) 01:24 | REPLY |   

クウーママ  

無料の陶芸教室にきゃぁー! 楽しかった様子が伝わります♪
厚いけど、無事に焼き上がりますように^^:
すでにこね上げた土なようですね。だから空気を抜くだけかと。
陶土の菊揉みって言葉が素敵で憧れてましたが(笑)
模様付けの木製ローラー可愛い!

絵本そのままの建物が並んでるんですねえ!!
こびとさんや赤い茸が出てきても、違和感無く見ていそう♪
ご両親も楽しまれたでしょうねぇ、見所満載の旅行でしたね!

o+肩、あれは辛いですよね!
引っ越してすぐ、置いてあった柄の短い箒でアパートの階段を掃き下ろして、
その晩から右腕が上がらなくなって。
いでで・・親の葬式で役立たず><:
動く範囲でおとなしくしてたら3ヶ月後にフッと軽く動いて、普通 って凄いと感動し(笑)
大家さんに柄の長いT字型の箒を買って貰い、
それ以来大丈夫です。
道具って 大事 と痛感したことでした!

まだ寒いですから、肩だけでなく身体全体を冷やさないで大事になさって下さいねぇ。

2018/02/23 (Fri) 05:07 | REPLY |   

pil  

てかとさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

そうですね、妥協の連続なんですよね...
本音は、言うようにしてるんですよ。
ま、極力や~んわりと、ですけど。(笑) 

2018/02/23 (Fri) 09:57 | REPLY |   

pil  

クゥーママさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

陶芸体験、自宅から徒歩10分以内、しかも無料!
「肩が~。腕が~。」なんて言いながら参加しちゃいました(*´艸`*)
空気を抜くのでさえ結構大変だったんで、捏ねずにすんで助かったんですが、
そうですか、捏ねた後だったんですね。

小人さんが出てきそうでしょ(*´艸`*)
お庭に赤いキノコ🍄 夢だわぁ♡ 

〇十肩、クゥーママさんの場合は、3ヶ月で動くようになりましたか。
これも個人差があるんですね。私もそれぐらいで治ってくれたらなぁ。
それにしてもクゥーママさんは、悪いタイミングで〇十肩になっちゃったですね...
思うように腕を動かせない、このもどかしさ。

道具って大事、これすごくよくわかります!
私も腱鞘炎になって痛感しました。
少しでも負担の少ないものを使いたいですね。 

ありがとうございます。クゥーママさんも冷えにはお気を付けくださいね。

2018/02/23 (Fri) 11:08 | REPLY |   

Leave A Comment