FC2ブログ

チリソース

私は、俗に言うスパイシーな食べ物、唐辛子が大好きです。
寒い冬には体を芯から温めてくれ、暑い夏には食欲をそそって、夏ばてから守ってくれる。
オールシーズン大活躍!
今思い返せば、辛いものを食べ過ぎてお腹を下してしまった事が一度だけありました。(笑)

逆に夫は、熱い物・辛い物(HOTな食べ物)が苦手で、結婚して間もない頃、確か私の作ったマーボー豆腐を食べて涙したことがあります。(笑)
もちろんカレーも甘口。
私にとって、甘口のカレーはカレーじゃないのよ~

共通点の少ない私達ですが、旅好きという点では話が一致。
特に暑い国を旅するのが好きなんです。寒がりですから。

熱帯気候の国といえば、スパイシーな食べ物...ですよね?
ホテルのレストランで食事するなら、観光客向けに辛さ控えめかもしれませんが、私達に共通する旅のスタイルは、“安宿に泊り、現地の人たちが集う食堂や屋台で食事”が、基本。
私の場合、かなりが鍛えられました。(笑)

結婚して数年後、夫の友人、夫、私の3人でタイに行った時の事です。
夫の友人もフランス人ですが、彼はレユニオン島出身。
スパイスにはめっぽう強く、どんなに辛い物でも美味しそうにガッツガッツ食べていました。
それに比べて私の夫、「鶏肉にかかっていたソースが辛すぎる」とか、予想通り「辛い」を連発。
確かタイは初めてではないはずなのに、「この人(夫)、今まで何を食べていたんだろ?」

レユニオン島 : アフリカ、マダガスカル島の東800kmに位置する小さな島。フランスの海外県。

聞いてみると、誰かに毒味をしてもらったり、周りの人が食べている物を見て、辛くなさそうな物を色で判断するんだとか。 ちなみに赤は危険な色だそうです...
なるほど、分かりやすい...(笑)

それからは、毎日の食事に少しづつスパイスを加えていきました。
気付かれないように...まるで毒でも盛るかのように...フフフ...

そのかいあってか、今では辛い物大好き。
娘も同様で、「ピリピリして美味しいから好き。」なんて言うようになりました。
いつの間にか、大人の仲間入り...

こんな我が家では、様々なチリソースが常備されています。

CIMG2698.jpg

後ろ左から サンバルオレック(インドネシア) 春巻きソース(ベトナム) スイートチリソース(タイ) サルサソース(メキシコ) タバスコソース(アメリカ)
中央 コチュジャン(韓国)

最も使う頻度が高いのが、サンバルオレック。
中華料理や、色んなアジア飯の味付けに使用する他、キムチ風漬物もこれで作ります。
ちょっと塩分が多い気がしますが、くせが無いので使いやすい。

コチュジャンも炒め物、焼き物に大活躍です。

春巻きソースは、ナンプラーをベースにした甘辛いソースです。
我が家では、生春巻きのソースとしての他、レモン汁と混ぜてドレッシングとしても使っています。

スイートチリソースは、すごく甘いので、エビチリ以外は隠し味として使うようにしていますが、夫と娘は春巻きを、このソースで食べるのが大好き。

サルサソースは、タコス、チリコンカルネには、欠かせません。
このソースを塗ってチーズをのせて焼いたピザトーストは、簡単で美味しいですよ!

タバスコは、お馴染みのマキレニー社の物より、ドロッとして酸味が少ないタイプ。
つい色んな料理にパッパッとかけてしまいます。

これ以外にも、冷凍庫には生唐辛子、ドライチリを使った自家製チリオイル等、色々あります。

食べすぎには要注意だと思いますが、適量は体に良さそうですよ...? 


関連記事

スパイシー チリソース タイ ベトナム インドネシア

Comment

Leave A Comment