FC2ブログ

自信がない

今週は、月曜日にかかりつけ医、昨日は歯医者と、2度の通院があったのですが、
歯医者に関しては半年も前からの予約だったので、朝、カレンダーをめくるまで、
全く記憶から消えていました。いやぁ~、危なかった~。(笑)

11月の景色  11月の景色 
今朝㊧7時前㊨その15分後の空。朝焼けは見られませんでした。
寒くなると、空を上下に分けるかのような雲が、たまに出現します。

この後、ほぼ1日中青空が広がって、ガラス越しの日差しはポカポカ気持ちよかった~

さて今日は、まだアップしきれてない10月の森で見たキノコを大放出!(笑)
一部に昨日撮ったばかりの『撮れたてほやほや写真』も混じっております。
勘のいい方は「それって、またキノコ写真の在庫ができたって事よね?」と
お気付きになったはず...はい、その通りでございます。(笑)
たぶんあと2週間ほどで、キノコの季節も終わりを迎えるかと思いますので、ご勘弁くだしゃい。


キノコ サルノコシカケ科 キノコ 
触るとしっとり、ちょっと柔らかだった、苔むした切り株から生えていた、
サルノコシカケ科のキノコ。たぶんLaubholzharzporling(ヤニタケ)
その間から、小さなキノコもコッソリと生えてました。(10月23日撮影)
Orangeroter Heftelnabeling(ヒナノヒガサ)かな。

キノコ  キノコ
このオレンジのキノコは、10月15日の記事で4番目に紹介したキノコと同じだと思うのですが、
やっぱりなんていうキノコなのか分からない...(10月23日撮影)

キノコ
困ったことに、同じキノコかどうかさえも自信がない💦 (11月1日撮影)
縦に割いてみると、中までオレンジ色でした。

キノコ Gefleckter Rübling(アカアザタケ)
白っぽいこのキノコは、先日教えていただいたGefleckter Rübling(アカアザタケ)かと
思ったりもしたのだけれど、シミの入り方が違うような...(11月1日撮影)
なんだかいい香りもしました。

キノコ Wurzelschleimrübling(ツエタケ)  キノコ Wurzelschleimrübling(ツエタケ)
これはWurzelschleimrübling(ツエタケ)に、間違いないでしょ~。(10月23日撮影)

カラカサタケ属のキノコも、生え始めました
キノコ Zitzen-Riesenschirmling(シロエノカラカサタケ)  キノコ Zitzen-Riesenschirmling(シロエノカラカサタケ)
Zitzen-Riesenschirmling(シロエノカラカサタケ)かな~。(10月28日撮影)

そうそう、あの日見たベニテングタケがどうなったか気になって、また見に行ったんです。
前回の撮影からちょうど5日、一番色が薄く小さかった子が、
キノコ Fliegenpilz(ベニテングタケ)  キノコ Fliegenpilz(ベニテングタケ)
こんなに立派に生長していました!(10月23日撮影)
あの時の王子様も、のけぞった状態で、左の写真の倒木の陰にこっそり写っています。 

カバノキの仲間?
ちなみにこのベニテングタケは、こういう木の足元に生えていました。
ゴツゴツとしていますけど、白い木肌...シラカバの仲間でしょうか?

キノコ Fliegenpilz(ベニテングタケ)  キノコ Fliegenpilz(ベニテングタケ)
これは、別の日に別の場所で見たベニテングタケ。(10月28日撮影)
イボがなく、つるりとしていたので、「ほんまにベニテングタケ?」と思い、掘ってみました。
結果、ベニテングタケに間違いありませんでした。

キノコって、観察すればするほど、どんどん自信がなくなっていく...なんでなんだろ~。

🍄

そうそう、ナラタケかな?と思いながらも、自信が持てなくて、今まで手を出せなかったキノコ。
写真だけ撮って帰り(先月23日)、ブログにアップしたら(29日の記事)
「おいしいキノコだよ~と教えていただいて(嬉)
昨日は収穫する気満々で出かけたのですが、
キノコ Hallimasche(ナラタケ属) キノコ Hallimasche(ナラタケ属)
あまりの生長ぶりに、ちょっとたじろいでしまいました。(笑)
あの時は小さくて美味しそうに見えたのに、柄の部分は、もうふにゃ~っとしていました。
かさの部分だけをいただくキノコのようなので、柄なんてどうでもいいのかもしれませんが、
なんか食べ頃を過ぎてしまってる気がして...どうなんでしょ?

小さくしっかりしたものだけを選ぶと、ほんの少ししか収穫できませんでしたが、
ただ今マイブームのなめたけ風にして、お味見しました
「どうして今まで採らななかったんだろ~!あぁもったいない!
来年はじゃんじゃん収穫するぞ~。(笑)  ※ 食べ過ぎには注意だそうです。
 


関連記事

キノコ サルノコシカケ科 Orangeroter-Heftelnabeling(ヒナノヒガサ) Wurzelschleimrübling(ツエタケ) Zitzen-Riesenschirmling(シロエノカラカサタケ) Fliegenpilz(ベニテングタケ) シラカバ Hallimasche(ナラタケ属)

Comment

てかと  

予約診療って俺なんか余裕で忘れるから、カレンダーアプリとかに予定放り込んでいてポップアップ通知させてる。
たいてい、みんなそうしてると思ってたな。
病院の都合でその日の診療ができない、とかになることもあって、紙に書いてあるだけだと間違うし。

一枚目あたりのサルノコシカケって紹介しているキノコは、
マグロの刺身に見えました。
これくえるやつか?とかねw
おもしろいですね。サルノコシカケ系列って薄茶色のよごれものみたいなもんだと思ってました。

2018/11/03 (Sat) 00:26 | REPLY |   

pil  

てかとさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

月の初めの予約っていうのが『うっかり』のもとだったんですよ~。←言い訳(^_^;)
いまだにカレンダーに手書きって、珍しいですか?(笑) 
カレンダーアプリ、使った方がいいかなぁ~。

サルノコシカケって、硬くて食べれるイメージじゃないですよね(*´艸`*)
でもその仲間には、食べれるのもあるみたいなんです。
(写真のキノコは食べれないと思いますが。)
マグロの刺身の味がすればなぁ...あ~ん、食べたくなってきた~!

2018/11/03 (Sat) 07:33 | REPLY |   

野付ウシ  

こんにちわ。キノコは私も採り始めて4年ほどですが、少し入り込んだ頃が迷いがでますね。
図鑑を見ても確証持てないし、キノコは生える場所、環境、成長過程で見た目が変化するので厄介ですね。
ナラタケは本来は和食向きで、味噌汁がメイン、たまに煮物、佃煮などで食べます。
私は柄も傘も食べますが、胃腸の弱い方は傘のみにした方が無難かなぁ。
成長しすぎてもボロボロに崩れなければ問題ないのですが、普通の人は見た目で諦めますね。
昔は確保してから糸を通して軒先に吊るして乾燥させていましたね。
カラカラに乾いたら容器に入れて保存し、食べる時にお湯等で戻して利用しました。
いずれにしても天然のキノコの美味しさを味わったら、市販のモノが味気なく感じますね。

2018/11/03 (Sat) 09:19 | REPLY |   

ロッド  

ナラタケ、美味しかったようですね(^O^)/
これはナメコやクリタケとは違って、松茸などと同じキシメジ科なので美味しいはずです。
やっぱりキノコは傘が開いていない小さいうちが美味しいですよね。
それにしても見事な生え方です。
ドイツのキノコ狩りの人々はヤマドリタケ狙いなので、こういうのは敬遠するのでしょうね。

私が気になるのはカラカサタケです。
ハラタケの仲間なのでバター炒めなど美味しいはず。
これは日本では夏のキノコなので9月中旬頃までです。
ドクカラカサタケとの区別が重要ですが、毒のほうは柄が短くて寸詰まり。柄が白っぽいのは毒で、柄が褐色のだんだら模様なのは食用。
これはたぶん毒のほうでしょうね。
ですが、ドイツと日本とでは違うかもしれません。

それと似たパターンなのがタマゴタケ。
このベニテングタケの傘がつるりとしたのはタマゴタケではないかと思います。
アルペン猫さんのブログ(キノコ展の記事)にあったと思いますが、ドイツのタマゴタケは柄もヒダも白いのです。
もちろん根本にツボがあるのは同じ。
これでは区別は大変難しくて危険ですね。

日本のタマゴタケはヒダが黄色で、柄は黄色に褐色のだんだら模様ですので簡単にハッキリ区別できます。
傘にイボはなく条線があります。

2018/11/03 (Sat) 10:34 | EDIT | REPLY |   

ロッド  

カラカサタケは私も2〜3回ですが見かけたことがあります。英語圏では「パラソル」と呼ばれているとか。
あまりに巨大で毒々しいので「まさか食用ではないだろう!」
そう思っていましたが、食用と知ってからは出会いがなくなりました(苦笑)
キノコも逃げてるんでしょうか(≧m≦)ぷぷ

ぜひ一度食べてみたいキノコです。
フライとか唐揚げが美味しいそうです。

ちなみに、毒カラカサタケでもテングタケのような猛毒ではないので、命にかかわる重症にはならないらしい・・・
以前中毒事故が長野県内でニュースになったことがありましたが。

2018/11/03 (Sat) 12:53 | EDIT | REPLY |   

ふたごパンダ  

(*´▽`*)

きのこって急激に成長するもんなんですね。
美味しい頃を見極めるのも
難しそうだな~(*´▽`*)
来年はジャンジャン収穫してくださいね(笑)。

2018/11/03 (Sat) 13:16 | REPLY |   

pil  

野付ウシさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

私の場合、キノコ狩りを楽しむようになってから10年程になりますが、
当初は2~3種類のキノコから始まり、今は10種ぐらいでしょうか。
あまり上達(?)していないんですよ~。(笑)
図鑑やネットで検索してはみるものの、実物とは色が違っていたりして、
いつも迷いに迷っています。(笑)
ナラタケですが↑の写真のように生長していても、問題なく食べれるんですね。
あぁぁ~。採って帰ってくればよかった~。
すでに書いたと思いますが、こちらではあまり人気がないのか、沢山生えていても
知らん顔されてるキノコなので、どうかな~と思ってたんですが、
次からはごっそり収穫したいと思います(^▽^)/
ありがとうございました~。

2018/11/03 (Sat) 14:08 | REPLY |   

pil  

ロッドさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

思った以上にしっかりした歯ごたえ、そして香りもあって、
とっても美味しいキノコでした!
来年は沢山採って、保存したいと思います(*^^)v

カラカサタケの仲間も種類が豊富で、食用は数種あるようです。
その中で一番大型なのが『パラソル』ですね。
このキノコを収穫される方は、結構いらっしゃるんですよ。
↑のキノコもZitzen-Riesenschirmlingで間違いなければ、食用のようです。
例年は、9月から11月の初めごろまで、けっこう長期にわたって目にします。

このベニテングタケは、私も「もしかしたら!」と思ったんですが、
イボのとれたベニテングタケでした~。
調べてみると、Kaiserling(ドイツのタマゴタケ)も、
柄やヒダは白ではなく黄色っぽいんだそうです。

今まで何度か目にしているのに「今度見つけたら採ってこよう!」と
思った途端に見つからない...キノコ狩りあるあるですね。(笑)
食べられたくないから、キノコも隠れちゃうんですね、きっと(*^▽^*)

2018/11/03 (Sat) 15:03 | REPLY |   

pil  

ふたごパンダさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

収穫する気満々で行ったのに、めっちゃ成長していて、
まるで別のキノコになってました~(*^_^*)
来年は、食べ頃を見逃さないように気を付けて、
ごっそり収穫したいと思います(笑)

2018/11/03 (Sat) 15:09 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/03 (Sat) 15:32 | REPLY |   

pil  

🔓コメHさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

雨上がりの森は、とってもいい匂いがしますよ~。
落ち葉もどんどん積もって、キノコも埋もれちゃってます。(笑)

頑張っていらっしゃいますね!
私も今日は、カーテンの布地を買ってきました。
窓拭きの後はちょっとした模様替えでもと思ってます。
まずは窓拭き。早くやっちゃわないと~。(汗)

お買い物に行くと、早くもクリスマスグッズが沢山並んでます。
うちは飾り付けはまだですが、夫が早速パネトーネを買ってきましたよ~(*´▽`*)

風邪は体力も消耗しちゃいますから...ムリなさらずに。

2018/11/03 (Sat) 22:21 | REPLY |   

konpas  

こんにちは。

傘がつるっとしたベニテングタケは本当に「ベニテングタケ」かなぁ?と思ってみました。
傘の縁に溝線と柄の基部の膨らんだところに、環状のツボがあったのでしょうか。
あればほぼ間違いなくベニテングタケと思いますが・・・。
かといって、画像では袋状のツボではないようなので、タマゴタケではないと思いますね。

2018/11/04 (Sun) 22:46 | EDIT | REPLY |   

konpas  

連投お許しください。
肝心なことを書き忘れました。

ナラタケの大株ですが、写真を見ると傘が胞子で白くなっています。このくらいまで成長すると、きのこは他のカビなどに侵されることがあります。目に見えなくとも傷んでいる可能性があるので、食べないほうが無難と思います。

2018/11/04 (Sun) 22:54 | EDIT | REPLY |   

pil  

konpasさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

赤いキノコですが、傘の縁に溝線はありました。
ただ、肝心の根元なんですが、『環状のツボ』これがちょっとあやふやです。
袋状のツボでなかったのは確かで、「もしかしたらこれがKindersöckchen(子供の靴下)?」と
思ったりもしたのですが...違うかな?(^_^;)

キノコは傘が開きかけぐらいが、見た目にも美味しそうですよね。
>目に見えなくとも傷んでいる可能性... 
そうなんですね!気を付けます(*^-^*)
ナラタケ、この間行った時に収穫しておけばよかったです~。

2018/11/05 (Mon) 08:15 | REPLY |   

Leave A Comment