FC2ブログ

11月の森 Ⅱ 2018 

キノコの季節は、もう終盤。
「今日はどんなキノコに逢えるかな~」ワクワクと森へ行ったのが一昨日の金曜日。

キノコ ヤマイグチ属
期待以上の素敵なキノコ達が、私を待ってくれてました ヤマイグチ属のキノコ 

キノコ Graubrauner Birkenpilz 別名Wollstieliger Raufußröhrling(ヤマイグチ属) キノコ ヤマイグチ属
㊧Graubrauner Birkenpilz 別名Wollstieliger Raufußröhrling(ヤマイグチ属) 
㊨ヤマイグチ属のキノコ  たぶん上と同種 
頭(傘)は丸く、柄が太いイグチの仲間は、どっしりと存在感があります。

11月の森
キノコに夢中になってる間にも、ハラリハラリと降ってくるシラカバやブナの黄色い葉。

キノコ Kahler Krempling(ヒダハタケ)  キノコ Kahler Krempling(ヒダハタケ)
Kahler Krempling(ヒダハタケ) 猛毒
昔は食用キノコとして、親しまれたキノコなんだそうです...

キノコ キノコ
クヌギタケ科のキノコかな?

11月の森 11月の森
曇っていた空も、時間と共に晴れ間が出て、木々の間から差し込む光が眩しかった!
秘密基地(?)に向かう子供達は、私の持つカゴの中身が気になったみたいですよ。
引率の先生も、覗き込んでました。(笑)

キノコ Steinpilz(ヤマドリタケ)
大きなSteinpilz(ヤマドリタケ) 
その場で半分に切ってみると、傘の部分には沢山の先客💦 落ち葉に埋めました。

キノコ Steinpilz(ヤマドリタケ)
こちらは、先客なし!(嬉)

キノコ Kupferroter Gelbfuß(クギタケ)  キノコ Kupferroter Gelbfuß(クギタケ) 
Kupferroter Gelbfuß(クギタケ) 

キノコ Kupferroter Gelbfuß(クギタケ) 
このキノコを見た時「図鑑で見たあれ!あのキノコ!」と、突然脳ミソが動き出し(笑)
「確か食用だったんじゃない?」そう思って、とりあえず採取。
根っことか菌糸とか、それらしきものがなくて、拍子抜けするほどスルッと抜けて、
地面から生えてるというより、誰かが落ち葉の山に刺したみたいというか...
うまく伝えられませんが、『根付いてる』感じが全くしない、不思議ちゃんでした。

キノコ Flockenstieliger Hexenröhrling(オオウラベニイロガワリ) キノコ Flockenstieliger Hexenröhrling(オオウラベニイロガワリ)
そのすぐ近くには、Flockenstieliger Hexenröhrling(オオウラベニイロガワリ) の3兄弟
キノコ Flockenstieliger Hexenröhrling(オオウラベニイロガワリ)
傘が丸くて、やっぱりかわいい~ お味もいいんですよ!
傷をつけると気持ち悪いほど青変するので、始めて食べるのには勇気がいりました。(笑)

キノコ Maronen-Röhrling(ニセイロガワリ) キノコ Maronen-Röhrling(ニセイロガワリ)
Maronen-Röhrling(ニセイロガワリ) 
このキノコも、管孔(スポンジ状の部分)は、傷付けると青変します。
何本か見つけたものの、状態のいいのはこれ1本だけでした。

キノコ クヌギタケ科 キノコ
㊧クヌギタケ科と思われるキノコと、㊨全く見当もつかないキノコ。

今年はあまり目にしなかったベニタケ科のキノコも、ちらほら姿を現しています。
中には美味しいキノコもあるそうですが、この科のキノコの同定は諦めました。(笑)

キノコ Fliegenpilz(ベニテングタケ) キノコ ベニタケ科

 ↑ベニタケ科のキノコ
 ←Fliegenpilz(ベニテングタケ)🍄 

キノコ Hallimasche(ナラタケ属) キノコ Austern-Seitling(ヒラタケ)

 ↑Austern-Seitling(ヒラタケ) 
 ←Hallimasche(ナラタケ属) 

11月の森

11月の森
この葉っぱがキノコを隠してしまう前に、もう一度会いに行こう


関連記事

キノコ狩り Graubrauner-Birkenpilz(ヤマイグチ属) Steinpilz(ヤマドリタケ) Flockenstieliger-Hexenröhrling(オオウラベニイロガ Maronen-Röhrling(ニセイロガワリ) Kahler-Krempling(ヒダハタケ) クヌギタケ科 Kupferroter-Gelbfuß(クギタケ) Fliegenpilz(ベニテングタケ) ベニタケ科

Comment

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/11 (Sun) 20:40 | REPLY |   

野付ウシ  

大漁大漁!!
たくさんありますねぇ、、、こちらは全て終わったようです。(あとはひと目につかないキノコ菌だけでしょう)
木の葉もなくなり寂しい晩秋(初冬)を迎えています。

2018/11/12 (Mon) 07:54 | REPLY |   

mee  

pilさん、こんにちは。
もうキノコ狩りも終盤なのですか。。。
大好きな季節ももう終わりかと思うと寂しくなりますね。
今年もたくさんの種類のキノコを見せていただき、またその料理も種類豊富でとっても美味しそうで、楽しませていただきました^^
紅葉も綺麗な森散策の様子は、私も一緒にその場の空気を吸っているようで癒されました♪

2018/11/12 (Mon) 08:41 | REPLY |   

pil  

🔓コメさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

例年に比べると、暖かで過ごしやすい日が続いてますけど、
耳や指先は、ちょびっと冷えます。
こちらも、今週末からぐっと冷える予報が出てるので、覚悟しないと。(笑)
頑張るキノコの姿、そろそろ見納めかと思と淋しいです。
イチョウ並木、眩しいほどに輝いていそうですね(*^-^*)

2018/11/12 (Mon) 10:08 | REPLY |   

pil  

野付ウシさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

こちらも、落ち葉の層がどんどん厚くなってますが、
今週はまだ楽しめるかな~と期待してるんです(*^-^*)
来週からは、最低気温が氷点下の予報が出ています。
いよいよ長い冬に突入です。

2018/11/12 (Mon) 10:36 | REPLY |   

pil  

meeさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

季節の移り変わりは早いですね。
特に秋は、あっという間に過ぎ去ってしまう気がします。(笑)
いつも同じような写真ばかりになってしまいましたけど、
そう言って頂けてとっても嬉しいです♪
ありがとうございます!

2018/11/12 (Mon) 10:50 | REPLY |   

ロッド  

ヒダハタケ?
日本ではほとんど見られない、知らないキノコです。
でも和名があるんですね。
これ猛毒ですか!
でも昔は食用だった??
どういう事なんでしょう?
キノコの性質が変わったとか。

形を見るとホテイシメジに似ていますが、ホテイシメジは酒とともに食べると毒になるそうです。

いろんなキノコがあって面白いですね♪
クギタケは食べてみましたか?
味噌汁、鍋物、和え物などに、と書かれています。
こちらでは8月に出るそうです。
想像以上に気候の違いがあるようですね。

ベニタケ科、紫色なら食べられます。
でも、食べる価値があるほど美味しいとは思われません。
私は煮こぼしてから食べたので、味がまったくありませんでした。
ベニタケ科で唯一ハツタケなら炊き込みご飯用に価値がありますが、「初茸」ですから初秋のキノコですし、そちらには少ないようですね。

落ち葉が積もってもキノコは見つかります。
落ち葉が持ち上がってるんですよ。
その下にはキノコが隠れています。
でもね、落ち葉も石ころも、みんなキノコに見えてしまって・・・(笑)

今日はシモフリシメジを見つけました。また新しく生えたようです。クリタケも新しく出てきたし、カラマツの下にはキヌメリガサタケも。小さいキノコですが、これは旨い!今年初めてです。
そちらにはカラマツの木はありますか?

2018/11/12 (Mon) 12:56 | EDIT | REPLY |   

ふたごパンダ  

(^▽^)/

もうすぐきのこの季節が終わっちゃいますか?
寂しくなりますね。
キラキラしている秋の風景も大好きです(*^o^*)

2018/11/12 (Mon) 13:01 | REPLY |   

ししゅうねこ  

すごいすごい!大収穫でしたねー
ヤマドリタケの先客って誰(笑)?
ベニテングダケも傘がこんなに平たくなるのね!
もしかしてキノコってそういうもの???
pilさんとalpenさんのキノコ日記、楽しいわー
キノコに関しては相変わらず全く分からないけどwww

2018/11/12 (Mon) 13:44 | EDIT | REPLY |   

pil  

ロッドさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

こちらの森では、よく見かけるキノコです。
学名で検索したら、日本名はヒダハタケと出てきました。
なんでもドイツの菌類学者が中毒死したことで 毒キノコと分かったそうです。

クギタケは食べてみました♪
茹でると、鮮やかな紫色になりましたよ~。
もしかしたら、茹ですぎたのかもしれませんが、
特別な味と香りは感じられませんでした。
ベニタケ科のキノコは、どれも似ていて、私にはさっぱりです(^_^;)
手元の図鑑によれば、紫色のキノコも、食に適さないものがあるようなので
(毒とは書かれていませんが)、食べたことがないです。
ハツタケは、日本にいる時、父に教えてもらったキノコで、
こちらに来てからも何度か食べたことがあります(*^-^*)
炊き込みご飯にするといいんですね。覚えておきます!

キヌメリガサタケ、どんなキノコか、後で検索してみます。
カラマツの木はありますよ~。

私も同じです。落ち葉も、木のコブも、なんでもキノコに見えてしまいます。(笑)

2018/11/12 (Mon) 22:32 | REPLY |   

pil  

ふたごパンダさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

金色に輝く秋の景色、私も大好きです♡
でもやっぱりキノコが一番。(笑)
次は、春のキノコかな~(*´艸`*)

2018/11/12 (Mon) 22:47 | REPLY |   

pil  

ししゅうねこさん、コメントありがとうございます(^▽^)/

うふふ、大収穫でした~♪
ヤマドリタケの先客ですか?
小さくて、うにょ~っとしたヤツです。(笑)
だいたいのキノコって、平たくなるんですよ。
中には反り返ったり、波打ったりするのもあります(*^-^*)
キノコを楽しいと言ってもらうと、一番嬉しいかも~♪

2018/11/12 (Mon) 23:16 | REPLY |   

Leave A Comment