FC2ブログ

カーニバル

世界的に超有名なのは、やっぱりブラジルの『リオのカーニバル』
テレビでもよく紹介される、あの派手なお祭りです。
色とりどりの衣装を着た人々が、サンバのリズムにのって、陽気に踊りながら街をパレードする映像を、誰でも1度は目にしているのではないでしょうか。

そのカーニバル、こちらではファッシング(Fascing)と呼ばれています。

厳密に言うと、ファッシングは、11月11日11時11分に始まり、Aschenmittwoch(灰の水曜日)今年は2月10日の水曜日に、最終日を迎えます。
そして、1番盛り上がるのが今日、Rosenmontag(バラの月曜日)。

の、はずなのですが、今日は、朝からあいにくの雨模様。
その上、強風注意報も出ているとかで...
数時間前から、まるで嵐のような雨と風。
危険を回避する為、パレードが中止になっている所もあるとか。
この日のために準備をしてこられた方々には、本当にお気の毒なことです...


このRosenmontag、祭日でも何でもないのですが、私の知る限り学校はいつも休み。
翌日火曜日も休みの学校が多いとか。(娘の学校は通常通りの授業あり)
日本人には、あまり馴染みがありませんが、かなり重要な行事のようです。

長くて寒い冬を乗り切るためにの行事ではないか?」と、私は考えています。
毎日暗くて寒くて、ヘタをすればウツにもなりかねないこの季節に、「パーッと陽気にいこうぜ!」みたいな。違うかな?

有名なのはケルンのカーニバルですが、4日(木曜日)の女性のカーニバルの日には、今年も沢山の女性が参加したそうです。
ケルンといえば、大晦日に難民申請者を含む集団が、女性を襲撃する事件が起きたばかり。
その為、昨年の2倍の約2000人の警官が警備する中で、様々な衣装を来た女性たちが街に繰り出したとか...
さすが、ドイツの女性は強い!


私自身は、パレードやパーティーに行ったことがなく、仮装経験ゼロですが、娘は幼稚園や学校のイベントで、何度も仮装してます。
勿論、女の子の人気№1は、プリンセス
小さい女の子のほとんどは、これで決まりですね。

初めての幼稚園でのファッシングパーティー。娘3歳でした。
私もどうしていいかわからなくて、着物もどきをあわてて作って着せて行きました。
が、迎えに行くと超不機嫌な娘。
「私もプリンセスがよかった~~~~~!」
と、それはもう大変でした。(笑)
「日本のお姫様は、着物を着てるでしょ?」と、なだめるのに寝るまでかかりました。
というか、最終的にふて寝でした。(笑)

それから数年は『プリンセス』、その後『テントウムシ』になったり『魔女』になったり。
(『魔女』は、ハロウィンでも使えると思って、半強制でした。ゴメンナサイ。

いまの学校に通うようになってから、学校のファッシングイベントはありませんが、3年前に、「友達とパレードに行くから、衣装が欲しい。」と、頼まれたことがあります。

その時の仮装が、こちら。
CIMG0298_convert_20160206034716.jpg



    後姿
    尻尾付き

ファッシング



耳付きです

ファッシング



   立ち姿

とにかくこの時期は寒いので、まずは暖かさ重視。(笑)
手作り衣装でございますので少しばかり???ではございますが、
大きな耳+尻尾で、動物だということはお分かりいただけたかと思います。

「一体何の動物か?」
野暮なことは、お聞きにならないで下さいね。(笑)

懐かしいな~。あの頃は、かわいかった~
「ん?今はかわいくないんかー!」←娘の声  最近怖いやん...


関連記事

カーニバル ファッシング 仮装

Comment

Leave A Comment